メインメニューを開く

七代目 瀬川 菊之丞(しちだいめ せがわ きくのじょう、1957年昭和32年)2月15日 - )は、前進座歌舞伎役者。屋号濱村屋定紋丸に結綿。歌舞伎名跡瀬川菊之丞」の当代。前進座付属養成所9期生。大阪府出身。本名は外村 実(そとむら みのる)。

サラリーマンから劇団前進座の俳優に転じ、はじめ山村 邦次郎(やまむら くにじろう)、屋号は岡村屋を名乗る。2001年5月『菅原伝授手習鑑(寺子屋)』の千代で七代目菊之丞を襲名した。2009年、前進座を退団。

五代目河原崎國太郎に学び、女形立役の両方を兼ねる。女形では女房役などに古風な味わいがある。立役では『三人吉三』のお坊吉三などが当たり役。

1985年『巷談小夜きぬた』の新吉役で文化庁芸術祭賞を受賞した。

目次

出演編集

テレビドラマ出演編集

映画編集

舞台編集

  • お登勢」(2007年9月8日-10月5日、前進座) - 佐伯織部 役
  • 氷川きよし特別公演「銭形平次 −きよしの平次 青春編−」(2011年6月21日-30日、明治座) - 長谷部弥一郎 役

外部リンク編集