メインメニューを開く

瀬川 裕司(せがわ ゆうじ、1957年6月 - )は、ドイツ文学者、映画研究者、映画批評家、明治大学教授。

広島県出身。広島大学附属中学校・高等学校卒業、1982年東京大学文学部卒業、1985年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、1987-1988年ベルリン自由大学留学、1989年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。同年横浜国立大学教育学部専任講師、1992年助教授、1997年明治大学理工学部助教授、1999年教授、2008年国際日本学部教授。2003-2005年ベルリン自由大学演劇研究所客員研究員。

目次

人物編集

中学1年生のころから熱烈な映画ファンとなり、東京大学教養学部時代に蓮實重彦の映画ゼミに参加して強い影響を受ける。その後、文学部独語独文学科に進学し、大学院修士課程および博士課程ではギュンター・グラスペーター・ハントケといったドイツ現代作家について論文を執筆した。1987年から奨学生としてベルリン自由大学に留学し、オフ・キーノ(日本での名画座)文化が最後の花を咲かせていた西ベルリン市で精力的に映画を視聴し、一年半の滞在期間のうちに千本以上のドイツ映画に接した。

1989年ころから映画批評家として活動をはじめ、『海燕』『流行通信Homme』等に映画評を連載した。ヴィム・ヴェンダース、ゼーンケ・ヴォルトマン、オスカー・レーラー、ハンス・ツィシュラーをはじめとする多くのドイツ人の映画人にインタヴューしているが、1999年にはレニ・リーフェンシュタールと長時間の対話をおこない、その成果に基づいて『美の魔力 レーニ・リーフェンシュタールの真実』(2001)を発表した。同書は2002年の芸術選奨・文部科学大臣賞を受けている。1991年から批評家としてベルリン国際映画祭に参加し、ドイツ映画の最新状況についての情報を発信し続けている。2005~2008年に東京で開催されたドイツ映画祭では、総合監修をつとめた。

受賞歴編集

著書編集

共編編集

  • 『ドイツ・ニューシネマを読む』(奥山賢松山文子共編、フィルムアート社、1992)

翻訳編集

  • レナーテ・ザイデル編『ロミー・シュナイダー 恋ひとすじに』(平凡社、1991)
  • ヴィム・ヴェンダース『映像(イメージ)の論理』(三宅晶子共訳、河出書房新社、1992)
  • ラインホルト・ラオ『ヴィム・ヴェンダース』(新野守広共訳、平凡社、1992)
  • ヴィム・ヴェンダース『夢の視線』(河出書房新社、1994)
  • ミヒャエル・ハーニッシュ『ドイツ映画の誕生』(飯田道子、平井正共訳、高科書店、1995)
  • ヘルムート・カラゼク『ビリー・ワイルダー自作自伝』(文藝春秋、1996)
  • ハンス・ツィシュラー『カフカ、映画に行く』(みすず書房、1998)
  • ライナー・ローター『レーニ・リーフェンシュタール-美の誘惑者』(青土社、2002)
  • フレート・ブライナースドルファー『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』(渡辺徳美共訳、未來社、2006)
  • ダニエル・ケールマン『世界の測量 ガウスとフンボルトの物語』(三修社、2008)
  • ダニエル・ケールマン『僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅』(三修社、2009)
  • フェーリクス・メラー『映画大臣 ゲッベルスとナチ時代のドイツ映画』(水野光二、渡辺徳美、山下眞緒共訳、白水社、2009)
  • ダニエル・ケールマン『名声』(三修社、2010)
  • ペーター=アンドレ・アルト『カフカと映画』(白水社、2013)

論文編集

外部リンク編集