瀬戸朝香

日本の女優、タレント (1976-)

瀬戸 朝香せと あさか1976年12月12日 - )は、日本の女優タレント。本名は、井ノ原 恵美(旧姓:家田)[1]

せと あさか
瀬戸 朝香
本名 井ノ原 恵美(旧姓:家田)[1]
生年月日 (1976-12-12) 1976年12月12日(47歳)
出身地 日本の旗 日本・愛知県瀬戸市[1]
身長 169 cm[2]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1992年 -
配偶者 井ノ原快彦(2007年 - )
事務所 フォスター( - 2022年5月)
フリーランス(2022年6月 - )
主な作品
テレビドラマ
君といた夏
東京大学物語
Age,35 恋しくて
成田離婚
晴れ着、ここ一番
大奥 第一章
離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜
となりの芝生
映画
とらばいゆ
着信アリ2
デスノート
 
受賞
ヨコハマ映画祭
主演女優賞
2002年とらばいゆ
テンプレートを表示


愛知県瀬戸市出身[1]所属事務所はフリーランス。業務提携をフォスターとしている。夫は元V6で俳優、タレント、実業家の井ノ原快彦

来歴  編集

瀬戸市立幡山中学校在学時に自宅でスカウトされる。中学卒業と同時に東京都に移り、芸能界入りした。デビュー以来、コンスタントにテレビドラマや映画の出演を続けている。

1993年に出演したコーセー化粧品『ルシェリ』のCFで注目を集め、翌1994年、フジテレビ月9枠で放送された『君といた夏』でヒロインに抜擢され、ブレイクを果たす。

2007年9月28日、V6(当時)の井ノ原快彦との結婚を発表[3]、翌29日に婚姻届を提出した[4]。2008年5月3日、挙式・披露宴を行った[4]。2009年9月11日、第一子の妊娠を発表[5]。2010年3月2日、長男を出産[6]

2011年12月スタートのテレビドラマ、『悪女たちのメス』では仲間由紀恵と共に悪女を演じ産後復帰を果たし[7]、2012年10月期『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』で連続ドラマ復帰を果たした。

2013年7月13日、第二子の妊娠を報告[8]。11月22日、女児を出産した[9]

2022年2月6日、所属事務所フォスターを同年5月末で退所し、以後はフリーの立場で同社と業務提携という形になることを発表した[10]

人物 編集

  • 芸名は出身地の愛知県瀬戸市からきている。
  • スカウターが、瀬戸市で『可愛い子はいないか』と聞き込みをしていたところ、どの人も口にする名前があって、それが今の「瀬戸朝香」だった。
  • 10代の頃はアイドルとしての扱いだったが、1996年のTVドラマ『Age,35 恋しくて』では、当時19歳の瀬戸が26歳~33歳の、男に依存しない女性役を演じて以来、一本筋の通った芯の強い女性の役柄で女優として独自の境地を開いた。その後、さまざまな役に挑戦するが、2005年の『離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜』以来、再び芯の強い女性の役柄も演じている。
  • 嫌いな食べ物は醤油ラーメン。

出演 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

情報番組 編集

バラエティ 編集

他多数

ラジオ 編集

吹き替え 編集

劇場アニメ 編集

日本語版吹替え

広告 編集

ディスコグラフィー 編集

シングル 編集

品名 発売日 製品番号 曲名 作曲者 作詞者 備考
夏色の「永遠」 1995年07月21日 PCDA-742 夏色の「永遠」 西脇唯 西脇唯 日本テレビ系ドラマ『終わらない夏』エンディングテーマ
いつか出逢う、きっと出逢う 山口美央子 及川眠子 他に及川眠子が書いたポエムの朗読有。
この情熱はダイヤモンド 1995年11月01日 PCDA-783 この情熱はダイヤモンド 宇徳敬子 宇徳敬子 テレビ朝日系ドラマ『Missダイヤモンド』主題歌、三菱自動車工業ミニカ」広告曲。
内緒でドライブ、一人でライブ 上田知華 大森祥子 自ら宇徳敬子のファンである事を公言していた瀬戸朝香本人からの楽曲製作の依頼により、「この情熱はダイヤモンド」及び「Eternity」(アルバム『Eternal Moment』1曲目として収録)が製作され、宇徳敬子自身も作詞・作曲の他にバックコーラスとしても参加している。
離さない 離せない 1996年04月19日 PCDA-840 離さない 離せない 西脇唯 西脇唯 日本コダック「スナップキッズEX」広告曲
生まれ変るとしても
(スプリングバージョン)
清岡千穂 神埼カオル
White 1996年10月02日 PCDA-896 White 高橋研 大本友子 明治製菓(現・明治)「リミット」広告曲
出逢えてよかった 西脇唯 西脇唯

アルバム 編集

品名 発売日 製品番号
Eternal Moment 1995年12月06日 PCCA-843
To Love 1996年12月04日 PCCA-1045
Myこれ!クション 瀬戸朝香ベスト 2002年09月04日 PCCA-1738

ビデオ 編集

  • A・S・N・YASNY(1995年8月19日 PCVP-51704)

書籍 編集

写真集 編集

受賞 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d 瀬戸朝香 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. 2023年3月5日閲覧。
  2. ^ 瀬戸朝香の画像・写真・ニュース記事一覧”. モデルプレス. ネットネイティブ. 2022年9月3日閲覧。
  3. ^ 瀬戸朝香さんとV6井ノ原快彦さん結婚へ 昨年から同居”. 朝日新聞 (2007年9月28日). 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  4. ^ a b “イノッチ号泣挙式!朝香の作詞歌に感動”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2008年5月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/05/04/kiji/K20080504Z00000980.html 2016年12月8日閲覧。 
  5. ^ “瀬戸朝香が妊娠!イノッチ「V6」初のパパに”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年9月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/09/12/kiji/K20090912Z00001790.html 2016年12月8日閲覧。 
  6. ^ V6井ノ原快彦と瀬戸朝香夫妻に長男誕生、双方のファンも祝福の声”. サーチナ (2010年3月4日). 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  7. ^ 仲間由紀恵と瀬戸朝香 ドラマさながら“女の戦い””. スポーツニッポン (2011年12月6日). 2012年7月10日閲覧。
  8. ^ “瀬戸朝香 第2子妊娠を報告「家族が増える喜びを感じております」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年7月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/13/kiji/K20130713006209130.html 2016年12月8日閲覧。 
  9. ^ “瀬戸朝香 ブログでも長女出産報告「これからの成長が楽しみ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年11月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/25/kiji/K20131125007083570.html 2016年12月8日閲覧。 
  10. ^ “瀬戸朝香、30年所属の事務所から5月末での退社を報告「私にとりましては新たなる挑戦」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年2月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2223673/full/ 2022年2月6日閲覧。 
  11. ^ 番組エピソード ハラハラドキドキ!先が見えない【サスペンスドラマ特集】-NHKアーカイブス
  12. ^ “ドラマ「きみが心に棲みついた」追加キャストに石橋杏奈、ムロツヨシら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年11月28日). https://natalie.mu/comic/news/258497 2017年11月28日閲覧。 
  13. ^ 瀬戸朝香、3年ぶり令和初演技で『ドクターX』メインゲストに 同世代の米倉涼子&内田有紀と美の共演”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  14. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
  15. ^ 津川雅彦、75歳で初カンヌへ!アニメ映画版「星の王子さま」声優が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  16. ^ 47NEWS (2014年5月15日). “瀬戸朝香「キウ育ママ」に満足げ キウイの新CM発表会”. 2014年5月17日閲覧。
  17. ^ 元美少女がヘソピアスに「痛かった」と…|テレビ朝日,テレビ朝日(2004年3月29日),2017年11月22日閲覧。

外部リンク 編集