瀬田 貞二(せた ていじ、1916年4月26日 - 1979年8月21日)は、日本児童文学作家翻訳家児童文学研究者

来歴・人物編集

東京市本郷区(現:東京都文京区湯島切通坂町に生まれる。1939年、俳人中村草田男に師事。開成中学校東京高等学校を経て、1941年東京帝国大学国文科卒業。同1941年、東京府立第三中学校(のちの、都立両国高校)の夜間部の教諭となる[1]

1942年、千葉県立国府台陸軍病院の衛生兵となる[2]。1945年の終戦後、東京府立第三中学校に復職し、同年の秋、結婚[2]

戦後、東京府立第三中学校夜間部教師のかたわら、余寧金之助の筆名で児童文学作品を雑誌に寄稿。1947年、東京府立第三中学校を退職[2]1949年平凡社に入社し『児童百科事典』全24巻の企画編集に携わり、1956年完成。

1957年に平凡社を退職し[1]、以降、児童文学の分野で翻訳・評論・創作などを手がけ、業績を残した。

J・R・R・トールキン指輪物語』の翻訳が有名である。その他、日本の民話の再話もあり、『かさじぞう』『ふるやのもり』などはロングセラーである。

1957年、「なんきょくへいったしろ」(こどものとも1956年8月号 福音館書店)で産経児童出版文化賞を受賞、ついで1963年「あふりかのたいこ」で、1966年ホビットの冒険」の訳で、1967年ナルニア国ものがたり」の訳で同賞受賞[3]1975年、『指輪物語』の翻訳等で日本翻訳文化賞1977年、児童福祉文化賞奨励賞受賞、1979年、『きょうはなんのひ?』で絵本にっぽん賞1982年、『落穂ひろい』で日本児童文学学会賞日本児童文学者協会賞特別賞、毎日出版文化賞特別賞受賞。

1946年から[2]中村草田男主宰「萬緑」の初代編集長となり、俳句も作った[4]。児童文学やファンタジーに題をとった句も多い。

1958年に家庭文庫「かつら文庫」をはじめた石井桃子の声掛けで、かつら文庫の翌年の1959年に自宅に瀬田文庫を開き、10年以上、死の直前まで毎週土曜日の午後に自宅を開放していた[5]

1979年8月21日午前2時、肝硬変により大宮日赤病院にて急逝。63歳没。通夜・葬儀は浦和の自宅で行われた。

作品編集

  • 『あふりかのたいこ』(福音館書店) 1962
  • かさじぞう』(福音館書店) 1966
  • 『ねずみじょうど』(福音館書店) 1967
  • 三びきのこぶた』(福音館書店) 1967
  • 『ふるやのもり』(福音館書店) 1969
  • 『おんちょろちょろ』(福音館書店) 1970
  • わらしべ長者』(岩波書店) 1972
  • 『お父さんのラッパばなし』(堀内誠一画、福音館書店) 1977
  • 『きょうはなんのひ?』(福音館書店) 1979

評論・講演録編集

訳書編集

  • 『オタバリの少年探偵たち』(セシル・デイ・ルイス岩波少年文庫) 1957
  • 『夜来たる者』(エリック・アンブラー早川書房、世界探偵小説全集) 1958
  • 『ウル』(ウーリー大塚勇三共訳、みすず書房、人間と文明の発見シリーズ) 1958
  • 『白いタカ』(エリオット・アーノルド、岩波少年文庫) 1958
  • 『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ福音館書店) 1963
  • 『かぎのない箱』(ジェイムズ・C・ボウマン,マージェリイ・ビアンコ、岩波書店) 1963
  • 『ポルコさまちえばなし スペインのたのしいお話』(R・ディヴィス、岩波書店) 1964
  • 『児童文学論』(リリアン・H・スミス、石井桃子渡辺茂男共訳、岩波書店) 1964
  • 『あおい目のこねこ』(エゴン・マチーセン、福音館書店) 1965
  • 三びきのやぎのがらがらどん』(マーシャ・ブラウン、福音館書店)1965
  • ナルニア国ものがたり』全7巻(C・S・ルイス、岩波書店) 1966、のち改版 2005、他に岩波少年文庫
  • 『おだんごぱん - ロシア民話』(福音館書店) 1966  ISBN 4-8340-0057-5
  • 『人形の家』(ルーマー・ゴッデン、岩波書店) 1967、のち岩波少年文庫
  • おおかみと七ひきのこやぎ』(福音館書店) 1967
  • 『まぼろしの子どもたち』(ルーシー・M・ボストン、学習研究社) 1968
  • ダーウィンの世界一周』(ミリセント・E・セルサム、福音館書店) 1968
  • 『白いシカ』(ケート・セレディ、岩波書店) 1968
  • 『町にきたヘラジカ』(フィル・ストング、学習研究社) 1969 
  • 『名馬キャリコ』(バージニア・リー・バートン、岩波書店) 1969
  • 神々のたそがれ』(ロジャ=L・グリーン、学習研究社) 1971
  • 『となりのうまとおとこのこ』(チャールズ・キーピング、らくだ出版デザイン) 1971
  • 『バラライカねずみのトラブロフ』(ジョン・バーニンガムほるぷ出版) 1976
  • 『よあけ』(ユリー・シュルヴィッツ、福音館書店) 1977
  • 『へいわなへらじか』(マイケル・フォアマン、評論社) 1977
  • 『そりぬすみ大さくせん』(マイケル・フォアマン、評論社) 1977
  • 『ひよこのかずはかぞえるな』(イングリとエドガー・パーリン・ドーレア、福音館書店) 1978
  • 『チムともだちをたすける』(エドワード・アーディゾーニ、福音館書店) 1979
  • 『ちび三郎と魔女 トルコむかしばなし』(バーバラ・ウォーカー、評論社) 1979
  • 『あおいやまいぬ』(マーシャ・ブラウン、佑学社) 1979
  • 『おやすみなさいおつきさま』(マーガレット・ワイズ・ブラウン、評論社) 1979
  • 『どうぶつえんをぬけだしたラクダ』(パスカル・アラモン、評論社) 1980

J・R・R・トールキン作品編集

ルドウィッヒ・ベーメルマンス作品編集

  • 『げんきなマドレーヌ』(ルドウィッヒ・ベーメルマンス、福音館書店、マドレーヌシリーズ) 1972  ISBN 4-8340-0362-0
  • 『マドレーヌといたずらっこ』(ベーメルマンス、福音館書店、マドレーヌシリーズ) 1973
  • 『マドレーヌといぬ』(ベーメルマンス、福音館書店、マドレーヌシリーズ) 1973
  • 『マドレーヌとジプシー』(ベーメルマンス、福音館書店、マドレーヌシリーズ) 1973

マージョリー・フラック作品編集

  • 『アンガスとあひる』(マージョリー・フラック、福音館書店) 1974
  • 『アンガスとねこ』(マージョリー・フラック、福音館書店) 1974
  • 『まいごのアンガス』(マージョリー・フラック、福音館書店) 1974

ウィリアム・スタイグ作品編集

  • 『ロバのシルベスターとまほうのこいし』(ウィリアム・スタイグ、評論社) 1975
  • 『ぶたのめいかしゅローランド』(ウィリアム・スタイグ、評論社) 1975
  • 『ばしゃでおつかいに』(ウィリアム・スタイグ、評論社) 1976
  • 『ねずみとくじら』(ウィリアム・スタイグ、評論社) 1976
  • 『ものいうほね』(ウィリアム・スタイグ、評論社) 1978

参考文献編集

  • 『子どもと子どもの本に捧げた生涯 - 講演録 瀬田貞二先生について』(斎藤惇夫、キッズメイト) 2002 ISBN 4-9078-2202-2
  • 『子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝』 (荒木田隆子、福音館書店) 2017 ISBN 978-4-8340-8315-6

脚注編集

  1. ^ a b 荒木田隆子『子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝』 (福音館)収録の年譜
  2. ^ a b c d 荒木田隆子『子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝』 (福音館)収録の年譜
  3. ^ 産経児童出版文化賞過去の受賞作品
  4. ^ 文人俳句特集・瀬田貞二・・
  5. ^ 瀬田貞二『幼い子の文学』中公新書、1980年、4頁