メインメニューを開く

瀬高町(せたかまち)は、かつて福岡県の南部、山門郡にあった町。福岡市より南に約50km、博多駅からは鹿児島本線特急にて40分ほどの距離である。2007年1月29日に同郡の山川町および三池郡高田町との合併により消滅し、みやま市となった。なお、旧町役場が、そのままみやま市の市役所本庁となっている。

せたかまち
瀬高町
廃止日 2007年1月29日
廃止理由 新設合併
瀬高町山川町高田町みやま市
現在の自治体 みやま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
山門郡
団体コード 40561-2
面積 37.73km2
総人口 23,762
国勢調査、2005年)
隣接自治体 柳川市筑後市八女市、高田町、山川町、八女郡立花町
町の木 クスモクセイ
町の花 アヤメサザンカ
瀬高町役場
所在地 835-8601
福岡県山門郡瀬高町大字小川5番地
外部リンク 瀬高町
座標 (町役場)東経130度29分
北緯33度09分
福岡県瀬高町県内位置図.svg
拡大表示(SVGファイル対応ブラウザのみ)
特記事項
旧・瀬高町役場(合併後は、みやま市役所本庁舎)
 表示 ウィキプロジェクト

3町は当初、2005年3月22日を合併期日とし、新市名を「みやま市」(合併後の人口は約4万5000人)として、2004年6月27日に合併協定書に調印したが、高田町議会が合併関連議案を2度にわたって否決し、合併協議会は同年9月30日に一旦解散した。しかしその後、住民のリコールを受けて行われた高田町議会議員選挙で合併推進派が反対派を上回ったことから、2005年10月1日に再び合併協議会が設置された。そして2006年3月11日に合併協定書に調印し、各町議会と福岡県議会の議決を経て、同年7月13日に総務大臣が官報に告示した。

目次

地理編集

福岡市の南約55km、福岡県の南部に位置する。筑後市、柳川市との境を矢部川が流れ、町域の多くは筑紫平野に含まれる平地であるが、町の東部を南北に貫く九州自動車道の東側の地域は山地となっている。

歴史編集

近代以前編集

町東部の女山(昔は女王山と呼んだ)周辺に数多くの遺跡や古墳群がある。

  • 石器時代
    • 東山連山で狩猟の生活(清水小谷遺跡)
  • 縄文時代
    • 東山連山麓で竪穴式住居の生活(坂田中園遺跡ほか)
  • 弥生時代
    • 渡来人が鉄の精錬技術や稲作を持ち込み矢部川流域に環濠住居を建てる(朝日遺跡)
    • 女山に神籠石の土木作業を行い山城を建てる。
    • 邪馬台国が九州にあったとする説においては、邪馬台国の領域であったとされている。

中世編集

中世は蒲池氏の領地で、山下城に拠る蒲池氏分家の蒲池親広(上蒲池)の所領。

現在も瀬高に伝わる幸若舞は、柳川城主の蒲池鎮漣や、従兄弟の山下城主の蒲池鎮運が、幸若舞の舞手を京都から呼び、家臣に習わせたため残ったとされる。

近世編集

江戸時代は柳河藩領であり、年貢を貯蔵する蔵が置かれた。また、瀬高御茶屋も建設された。

近現代編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、現在の町域にあたる以下の町村が発足。
    • 山門郡上瀬高町・下瀬高町・本郷村・小川村・川沿村・緑村・清水村・水上村
  • 1901年(明治34年)1月1日 - 上瀬高町下瀬高町が対等合併し、瀬高町が発足。
  • 1907年(明治40年)1月1日
    • 瀬高町・本郷村小川村川沿村緑村(一部)が対等合併し、新町制による瀬高町が発足。
    • 清水村・水上村が対等合併し、東山村が発足。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 東山村を瀬高町に編入。
  • 2007年(平成19年)1月29日 - 山川町・三池郡高田町と合併し、みやま市として市制施行

行政編集

公共・公営施設編集

国と県の公共施設
町の公共施設
  • 瀬高町役場(現・みやま市役所本庁)
  • 瀬高町中央公民館
  • 瀬高町立図書館・歴史資料館
  • 下庄校区公民館(下庄小学校内)
  • 上庄公民館
  • まつばら館
  • 舞ハウス
  • 農村環境改善センター
  • 清水公民館
  • くすのき館
  • 清水山荘
  • 瀬高ドットコム
  • 長田鉱泉場
  • 瀬高中央公園夢広場
  • 町立テニスコート

その他公共施設編集

駅、バス、高速道路
金融機関
郵便局
  • 瀬高郵便局(集配局)
  • 瀬高上庄郵便局
  • 南瀬高郵便局
  • 東町簡易郵便局
  • 東山簡易郵便局
JAみなみ筑後
  • 本所(町役場隣)
  • 南瀬高支所
  • 大江支所
  • 本郷支所
  • 東山支所
その他
  • 山門三池郡自治会館
  • 瀬高町商工会
  • B&G財団瀬高海洋センター

公営企業編集

  • 上水道
  • 公共下水道

一部事業組合編集

  • 瀬高町外二ヶ町衛生組合
  • 瀬高町外二ヶ町消防組合
  • 瀬高広域葬祭施設組合
  • 東山老人ホーム組合
  • 柳川市瀬高町土木組合

産業編集

名産特産編集

ナス、セルリ、漬物、清酒、きじ車、いちご、マーガリン、植木鉢、蒲池焼

主要農産物編集

ナス、米、セルリ、小麦、みかん(昇順)

伝統工芸編集

きじ車(玩具)、八女手漉和紙、八女矢(いずれも県知事指定)

瀬高町に本社を置く企業編集

姉妹都市編集

国内編集

幸若舞発祥の地である福井県朝日町(現越前町)と継承の地である瀬高町は姉妹都市提携を結んでおり、小学生同士の交流などが行われている。

地域編集

教育編集

小学校編集

  • 瀬高町立上庄小学校
  • 瀬高町立下庄小学校
  • 瀬高町立本郷小学校
  • 瀬高町立南小学校
  • 瀬高町立大江小学校
  • 瀬高町立清水小学校
  • 瀬高町立水上小学校

中学校編集

  • 瀬高町立瀬高中学校
  • 瀬高町立東山中学校

高等学校編集

大学編集

交通編集

  • 最寄り空港は佐賀空港。アクセスが悪いため利用者は少なかったが、近年は増加傾向である。

鉄道編集

 
鉄道における瀬高の玄関口、瀬高駅

バス編集

道路編集

高速道路編集

一般国道編集

主要地方道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

観光編集

文化財編集

  • 天然記念物(国指定)
    • カササギ生息地(町域)
    • 新船小屋のクスノキ林(中の島公園
    • 船小屋のゲンジボタル発生地
  • 史跡(国指定)
    • 女山(ぞやま)神籠石

主な行事編集

著名な出身者編集

その他編集

  • 市外局番:0944(単位料金区域名:瀬高MA)
    長田の一部0942(単位料金区域名:久留米MA)

関連項目編集