メインメニューを開く

火の雨がふる」(ひのあめがふる)は1988年9月15日に公開された、日本の長編アニメーション映画である。80分スタンダードサイズ。

概要編集

虫プロダクションが制作した、九州を舞台に戦争を題材にした長編アニメ映画で、原作は福岡大空襲の記録を綴った証言集「火の雨が降った」を元に製作された反戦アニメである。

700年余り続いた博多祇園山笠空襲により途絶えた時期を主人公の目を通して描く。

スタッフ編集

声の出演編集

関連項目編集

外部リンク編集