化学組成による火山岩の分類

火山岩(かざんがん、: volcanic rock)は、マグマ由来の岩石火成岩)のうち、火口近くで急激にマグマが冷えて固まったもの。多くは火山から噴出されてできるため、噴出岩(ふんしゅつがん、effusive rock)ということもある。対応する火成岩深成岩に比べ、岩石中の鉱物の粒が小さいことと、石基を持つ点が異なる。

火山岩という名称は火成岩とまぎらわしいが、火成岩は火山岩や深成岩を含む、マグマからできた岩石の総称である。

斑状組織編集

火山岩には、斑晶英語版(はんしょう、phenocryst)と石基(せっき、groundmass)が含まれることが多い[1]。斑晶や石基から構成される組織を斑状組織(はんじょうそしき、porphyritic texture)という[1]

斑晶は、粗粒の結晶で、噴出前にマグマだまり内で結晶化されたものである[2]石基は、細粒の鉱物やガラスにより構成されている部分のことで[1]、火山噴出時に急冷されることで形成された[2]

主な火山岩編集

火山岩の産状編集

利用編集

加熱すると冷めにくいことから、余剰電力で火山岩を750程度に熱し、必要な時に取り出した熱で蒸気タービンを回して発電する「岩石蓄電」に使われる[3]

参考文献編集

  • 久城育夫荒牧重雄青木謙一郎編『日本の火成岩』岩波書店、1989年。ISBN 4-00-005766-9
  • 豊遙秋青木正博『検索入門 鉱物・岩石』保育社、1996年。ISBN 4-586-31040-5
  • 周藤賢治、小山内康人『記載岩石学 : 岩石学のための情報収集マニュアル』共立出版〈岩石学概論〉、2002年。ISBN 4-320-04639-0
  • 榎並正樹『岩石学』共立出版〈現代地球科学入門シリーズ〉、2013年。ISBN 978-4-320-04724-2

脚注編集

  1. ^ a b c 周藤・小山内 2002, p. 8.
  2. ^ a b 榎並 2013, p. 56.
  3. ^ 「岩石蓄電 22年にも実用化 シーメンス、10社以上と覚書」日本経済新聞』朝刊2020年1月30日(企業3面)2020年2月23日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集