メインメニューを開く

火星人ゴーホーム!』(かせいじんゴーホーム、原題:Martians Go Home)は、1989年に製作されたアメリカ映画フレドリック・ブラウンによる長編小説『火星人ゴーホーム』が原作となっている。

火星人ゴーホーム!
Martians Go Home
監督 デヴィッド・オデル
脚本 チャーリー・ハース
原作 フレドリック・ブラウン
製作 マイケル・D・パリサー
製作総指揮 エドワード・R・プレスマン
出演者 ランディ・クエイド
音楽 アラン・ザヴォッド
撮影 ピーター・デミング
編集 キャスリン・キャンベル
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年4月20日[1]
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $129,778[2]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

テレビ番組のBGMを作曲しているマーク・デヴェローは、22歳でヒットメーカーの映画監督ジョー・フレダマウスから「どんな異星人相手にも通じる挨拶」の映画音楽の作曲を頼まれる。マークは、完成した音楽を恋人のセーラに聞かせるため、彼女の勤めるラジオ局に電話をかけるが、手違いで音楽が全世界、そして宇宙に流れてしまう。

翌日、その音楽を聞いた緑色の火星人たちが世界中に現れた。

火星人はうるさくうざったくうっとうしい連中で、覗きと嫌がらせが大好きな上に、口喧嘩ならマシンガントークで応戦、本物の喧嘩なら瞬間移動で攻撃をかわし、地球人にまったく勝ち目はなかった。セーラとの夜の生活まで覗きの対象にされたマークは、火星人の侵略というより「侵害」に対抗すべく、音楽をふたたび全世界に流そうとするが…。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
マーク・デヴェロー ランディ・クエイド 江原正士
セーラ・ブロディ マーガレット・コリン
火星人 バリー・ソベル 松尾貴史
ヴィック・ダンロップ
ハリー・バジル
ボビー・スレイトン
ロブ・シュナイダー
ウォレス・ランガム
ジェーン・ブキャナン アニタ・モリス 高島雅羅
ドニー ジョン・フィルビン 島田敏
大統領 ロニー・コックス 石森達幸
シーグラムズ ティモシー・スタック 小島敏彦
エルギンズ ブルース・フレンチ 塚田正昭
スタン・ギャレット ゲリット・グレアム 金尾哲夫
ジョー・フレダマウス監督 ディーン・デヴリン 松本保典
コーハイザー ロイ・ブロックスミス 峰恵研
デニス デニス・ボーウェン 小室正幸

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ Release dates for Martians Go Home”. IMDb. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ Box office/business for Martians Go Home”. IMDb. 2012年9月24日閲覧。

外部リンク編集