メインメニューを開く

火星探査機

ウィキメディアの一覧記事

火星探査機(かせいたんさき)は、火星を調査するために打ち上げられた宇宙探査機で、火星近傍を通過したり、火星周回軌道に投入される。また火星に着陸して探査を行うものもある。火星表面で自走して探査するものはマーズ・ローバーと呼ばれる。

目次

火星探査のためのローンチウィンドウ編集

地球と火星の軌道位置の関係から、火星探査のために打上げエネルギーが少なくてすむローンチウィンドウは、約2.135年(780日)間隔となる。このウィンドウは約1ヶ月の期間となる。火星探査ミッションが2年おきに実施されているのはこの理由から来ている。2011年11月の次のウィンドウは、2014年1月になる。

火星に着陸した探査機編集

初めて火星に着陸した探査機は、1973年に当時のソビエト連邦が打ち上げたマルス3号。しかし着陸後、20秒で信号が途絶えた。これに続くマルス6号も着陸1秒後に信号が途絶えた。

本格的な探査に成功したのは、1976年にアメリカが打ち上げたバイキング1号。その後同種のバイキング2号も着陸に成功し、火星表面の映像を地球に電送した。

1997年にはマーズ・パスファインダーが着陸し、ソジャーナと名づけられたローバー(自走ロボット)が岩石などを採取した。

2004年1月に、火星探査車スピリットとオポチュニティが着陸に成功した。

2008年5月にフェニックスが着陸した。

2012年8月6日にキュリオシティが着陸した。

2018年11月26日にインサイトが着陸した。

火星探査機の一覧編集

ソビエト連邦 / ロシア編集

アメリカ合衆国編集

計画中

計画中止

日本編集

計画中

  • PLANET-X:次期火星探査計画 MELOS(2機のオービタとランダによる気象、大気散逸、固体についての火星総合探査)
  • MMX (Martian Moons eXploration)

欧州宇宙機関編集

計画中

  • エクソマーズ (ExoMars)- 2016年にオービタとランダーを打上げ予定。2018年にローバーを打上げ予定。当初はNASAとの共同ミッションであったがNASAが撤退したため、ロシア宇宙庁と協定を結んだ。プロトンでの打ち上げを予定している[1]

中華人民共和国編集

  • 蛍火1号 (Yinghuo-1) - 2011年11月9日、ロシアのフォボス・グルントに相乗りする形で打ち上げられたが、地球軌道離脱に失敗。
  • 2020年7月2028年に二度火星探査機を送り込む計画を明らかにした[2]。なお、2020年に打ち上げた探査機は2021年に着陸予定[3]

フィンランド編集

計画中

  • MetNet - 2014年以降に複数の探査機を打ち上げ予定。

インド編集

  • マーズ・オービター・ミッション(Mars Orbiter Mission)- 2013年11月5日にPSLV-XLロケットで打上げられた[4][5]。通称「マンガルヤーン(Mangalyaan)」。2013年12月1日に地球軌道を脱出して、2014年9月24日に火星周回軌道への投入に成功した[6][7]

アラブ首長国連邦編集

計画中

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集