火星環境動力学分析器

火星環境動力学分析器(かせいかんきょうどうりょくがくぶんせきき、英語: Mars Environmental Dynamics AnalyzerMEDA ))は、マーズ2020パーサヴィアランスローバーに搭載された機器で、塵のサイズと形態、および地表の天候を特徴づける[1][2]。具体的には、得られた情報は、塵のサイズと形状、毎日の天気予報、火星の放射と風のパターンに関する情報など、将来の人間の探査目的に対処するのに役立つ。これらは、現地資源利用英語版システムの適切な設計に不可欠である[1][2]。MEDAは、キュリオシティローバーミッションのREMSからの後続プロジェクト[3]。MEDAの範囲は拡大されており、火星の塵に関するデータ収集が増え、火星プログラムの全体的な目的と発見の目標に貢献している[3]

火星のREMS機器

機器セットは、スペインマドリードにあるスペイン国立研究評議会英語版スペイン宇宙生物学センター英語版によって開発および提供された。2021年4月8日、NASAは火星に関する最初のMEDA天気予報を報告した。2021年4月3〜4日の最高気温は「マイナス7.6度、最低気温はマイナス117.4度でした... [風]が突風を吹いている。 ..22mph」[4]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b The Mars Environmental Dynamics Analyzer (MEDA): A Suite of Environmental Sensors for the Mars 2020 Rover.
  2. ^ a b Mars 2020 - MEDA Specifications.
  3. ^ a b [1]
  4. ^ Cappucci, Matthew (2021年4月8日). “NASA receives first weather reports from Perseverance rover on Mars at Jezero Crater - The weather data is crucial as the first flight of Ingenuity draws near”. The Washington Post]]. https://www.washingtonpost.com/weather/2021/04/08/nasa-perseverence-jezero-weather/ 2021年4月8日閲覧。 

外部リンク編集