メインメニューを開く

火矢(ひや)とは、敵方の建築物に遠距離から火を放つためののこと。現代の焼夷弾に相当する投射武器の総称である。火箭(かせん)。

目次

概要編集

元は常用の矢のの目の孔の部分に油紙などの燃えやすい物体を詰めて発火させてから射る物であったが、火薬の伝来とともに油紙の代わりに矢先に火薬を巻きつけて矢を飛ばす間に矢の頭部より導火線を通じて火薬に引火させる焙烙火矢なども現れた。後者の様な兵器は前者と区別する為、火箭(中国語でロケットの意味)と区別する場合もある。

これらは遠隔で火を放つために利用されるが、如何な日本建築が木や紙を多用したものだといっても、これを単数投入した程度では火災とはならない。その多くでは複数箇所から連続して火矢を放つ戦術が必要である。防戦側は壁面などに到達した火矢を消火するが、その消火能力を上回る火矢を投入することで飽和攻撃とする。

後に発達した焙烙火矢では、到達すると筒状のペイロードとなる火薬筒が割れて内容物が燃焼しながら撒き散らされる。これによって、より広範囲に火炎を発生させ、延焼性を高めるのである。

文献上では、『日本書紀欽明天皇15年(554年)12月条に、12月9日555年1月17日)に新羅を攻めた際、日本兵の筑紫物部莫奇委沙奇(つくしのもののべのまがわさか)が火矢(ひのや)を射るのが上手く、夕方には城を焼いて落とした、と記述があり、少なくとも6世紀中頃には城落としに火矢を上手く用いる兵が必要とされていたことがわかる。

儒学者の貝原益軒は、自著『和漢名数続編』(元禄年間)において、「武芸十四事」(「武芸十八般」の元となった語とみられる)を記したが、その中には石火箭(大砲)と共に、「火箭(ひや)」も書かれており、「武芸十八般」形成以前の認知としては、武芸の中でも重要なものと認識されていたことがわかる。従って、古い段階では火矢も武士が修めておかなければならない術の一つだったといえる。

劇中の火矢編集

時代劇でもしばしば登場するが、こちらは撮影セットが本当に火災を起こすと撮影どころではないため、針金ワイヤをガイドとしてそこに吊り下げた火矢を滑らせて空中を飛翔する様子を再現したり、または燃えにくい壁面に予め火矢を刺して着火し、針金を使って離れた場所から引き抜き、フィルムを逆回しして飛んできた火矢が刺さる様子を再現するなどの工夫が凝らされる。

日本以外の火矢編集

日本以外でも火矢を使う戦術はしばしば行われたが、この中では海戦初期の木造船の時代(ガレー船時代の海戦戦術)にギリシア火薬と並んで船舶に焼き討ちを掛けるものが見られる。帆船は広い面積の布製の帆で洋上を移動する動力としていたが、この帆に火を放ち相手船を行動不能とするのである。

この戦術は人力航行するガレー船には効果は薄かったであろうが、それでも木造船舶を焼き討ちすることで相手陣を混乱させ、船員を消火活動に忙殺させるだけの意味は存在した。

備考編集

  • 火矢は演出としても用いられ、1992年バルセロナオリンピック聖火台は、火矢によって点火させられた。
  • 矢の射線視認が難しい夜戦においては、一斉に火矢を放つことによって、自らの矢の射線を一度確認し、二度目からは通常の矢を射ることで相手方の意表を突く戦法が可能である。この場合の火矢は相手方の陣地を焼くことを目的としない。
  • 現在では、発光ダイオードを組み込んだ矢を作ることができる為、夜中に火を用いなくても射線視認は可能となっている。
  • 基本的に弓の術者は視力がよい必要があり、例として、『弓と禅』では、夜中に的の下に置いた線香一本の明かりのみで的に命中させる話があることからも、火矢の欠点として、「夜戦において位置が判明してしまう」ことが挙げられる。
  • 玉薬箱持(鉄砲の玉、すなわち火薬を運ぶ者)を狙うのも戦術の一つといえる(ただし、箱が開いている状況を狙う必要がある)。

関連項目編集

  • 火炎瓶 - 現在では火矢より使用例が見られる(弓を覚える必要がなく、燃焼物の量も火矢より多い)