火野葦平

日本の小説家

火野 葦平(ひの あしへい、1907年明治40年)1月25日 - 1960年昭和35年)1月24日)は、昭和戦前・戦後期の小説家。本名玉井 勝則

火野葦平
Hino Ashihei.jpg
1952年
誕生 玉井勝則
(1907-01-25) 1907年1月25日
福岡県遠賀郡若松町(現・北九州市若松区
死没 (1960-01-24) 1960年1月24日(52歳没)
福岡県若松市(現・北九州市若松区)
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学英文科中退
代表作糞尿譚
麦と兵隊
花と竜
主な受賞歴 芥川賞
日本芸術院賞
テンプレートを表示

人物編集

自伝的作品『花と竜』などに書かれているように、父・金五郎は現在の愛媛県松山市の出身、母・マンは現在の広島県庄原市の出身。

旧制小倉中学校(現福岡県立小倉高等学校)卒業、早稲田大学英文科中退。『糞尿譚』で芥川賞を受賞、その後の『麦と兵隊』は大きな評判をよび、『土と兵隊』『花と兵隊』とあわせた「兵隊3部作」は300万部を超えるベストセラーとなった。東京と福岡に本拠を二分し、東西を往復しての執筆活動で多忙を極めた[1]。著述業と共に「玉井組」2代目も務める。

『麦と兵隊』など兵隊小説作家として知られるが、一方で河童の登場する作品が多く残る。その数、小説、随筆、童話などで100点を超えるという。芥川龍之介を敬愛しているが、芥川が「フィクションによってしか語れぬ事実がある」と、河童を通して社会を風刺したのに対し、葦平は「私の描く河童が理屈っぽく、風刺的に、教訓的になることを警戒していた」と書いている。また、「河童が私の文学の支柱であることになんの疑いもない」と書いている。[2]

三男・玉井史太郎は、若松区にある旧宅を利用した記念館「河伯洞」(1999年1月に開館)の館長を務めていたが、2021年(令和3年)1月5日に病没した。[3]

なお、妹の息子(火野の甥にあたる)は、ペシャワール会の医師中村哲である。

経歴編集

1907年(明治40年)1月25日、福岡県若松市(現在の北九州市若松区)新仲町に玉井金太郎、マンの長男として出生(これは戸籍上のことで実際は、前年の12月3日)。本名、勝則。父は、石炭仲仕玉井組の親方、ほかに弟二人、妹七人がある。1923年(大正12年)16歳、小倉の県立小倉中学校(現在の福岡県立小倉高等学校)四年を修了し、早稲田第一高等学院に入学。1926年(大正15年・昭和元年)19歳、4月、早大英文科に入学。中山省三郎・寺崎浩・田畑修一郎らと同人誌「街」を発行。1927年(昭和2年)20歳、7月詩誌「聖杯」を中山省三郎・五十嵐二郎らと刊行。1928年(昭和3年)21歳、2月、福岡歩兵24連隊に幹部候補生として入隊する。レーニンの訳本を発見され、一階級さげられ、伍長で12月除隊。父は玉井組を継がせようとし退学届を出す。文学書を売り払い、左翼関係書を耽読する。1929(昭和4年)年22歳、1月、出初式にはじめて玉井組の印半纏を着用し、「文学廃業」を知人に宣言する。1930年(昭和5年)23歳、8月、日比野良子と結婚。この年、長男闘志生まれる。1931年(昭和6年)3月、若松港沖仲仕労働組合結成し、その書記長となる。8月、洞海湾荷役のゼネストを決行する。1932年(昭和7年)25歳、1月に上海事変勃発し、苦力のストライキがおこる。玉井組が代わって上海に派遣される。帰国後、特高に逮捕されたのを機に、日本共産党に疑惑を抱き、転向を決心し、文学への関心ふたたびたかまってくる。この年長女美絵子生まれる。1934年(昭和9年)27歳、10月、劉寒吉・岩下俊作らの詩誌「とらんしっと」に参加。第17号に火野葦助の名で、20号より火野葦平と改め、散文詩を寄稿する。この年、次男英気生まれる。1937年(昭和12年)30歳、10月「糞尿譚」(文学会議)を発表。9月日支事変のため10日に応召する。10月、抗州湾に敵前上陸し、12月、抗州に入城する。この年、三男史太郎生まれる。1938年(昭和13年)31歳、2月、「糞尿譚」により第六回芥川賞を受賞する[4]

川端康成芥川賞選考委員は「少し大袈裟に云えば、大旱の雲を望むが如くで、その多少の欠陥は二の次とし、先ず喜んで「糞尿譚」を推した。」「芥川賞としては、火野君を選ぶのが面白いと考えたのである。優劣論ではない。」と選評している[5]

1938年(昭和13年)3月、小林秀雄(批評家)が「文藝春秋」特派員として中国に渡り、上海を経て27日、杭州で火野葦平に第六回芥川賞を渡す。小林秀雄は6月に明治大学教授に昇格した[6]

小林秀雄は「続いて火野伍長、S部隊長の挨拶があり式を終わった。いかにも陣中らしい真面目な素朴な式であった。僕は恐縮したが、嬉しかった。火野君も大変喜んでくれた。二人は直ぐ古くからの友達の様になった。火野君は見るから九州男児と言った面魂の、情熱的な眼つきをした沈着な男である。」と文章を残している[7]

直木賞を受賞した古川薫は、少年時代の1939年(昭和14年)春ごろ、火野葦平が山口県宇部市渡辺翁記念会館で講演したのを見にいっていた。「軍国の気風充満する戦時ではあったが、ひとりの下士官が軍装で演壇に立つ風景はやはりめずらしく、それが当時の火野さんの立場を象徴していた。」「今にして思うと、火野さんは軍から「人寄せパンダ」よろしく、目いっぱい利用された「悲しき兵隊」だったのだ。」と解説している[8]

その後、報道部へ転属となり、軍部との連携を深めた。攻略直後の南京に入り、それに至る進撃路において捕虜が全員殺害される様子を手紙に書いている。

戦闘渦中の兵隊の生々しい人間性を描いた。戦地から送った1938年の徐州会戦の従軍記『麦と兵隊』が評判を得て人気作家となる。『麦と兵隊』は英訳され、それを読んだパール・バックも賞賛した[9]

1939年11月に退役して帰国。やはり従軍していた中野実ら従軍芸術家と「文化報国会」を結成[10]。帰還後も「兵隊作家」ともてはやされた。太平洋戦争中も各戦線におもむき、従軍作家として活躍した。

戦後は、「戦犯作家」として戦争責任を厳しく追及され、1948年(昭和23年)から1950年(昭和25年)まで公職追放を受けるが、追放解除後も、若松の「河伯洞」と東京の「鈍魚庵」を飛行機で往復するなど活動し、九州男児の苛烈な生き方を描いた自伝的長編『花と竜』や、自らの戦争責任に言及した『革命前後』など、数多くの作品によって文学的力量を発揮し、再び流行作家となった。

1953年3月はじめに、河童洞を河童の漫画で知られる清水崑が出版社の編集者と一緒に訪れた。清水が『河童』の装丁を描くことになり、打ち合わせのための訪問だった。その場で2人は意気投合したという[11]

60年安保発効の5日後の1960年(昭和35年)1月24日、若松市の自宅「河伯洞」の書斎で死去した。享年53。戒名は文徳院遊誉勝道葦平居士[12]。晩年は健康を害していたこともあり、最初は心臓発作と言われたが、死の直前の行動などを不審に思った友人が家を調べると、「HEALTH MEMO」というノートが発見された。そこには、「死にます、芥川龍之介とは違うかもしれないが、或る漠然とした不安のために。すみません。おゆるしください、さようなら」と書かれていたという。その結果、睡眠薬自殺と判明した。このことは、1972年3月1日、13回忌の際に遺族によりマスコミを通じて公表され、社会に衝撃を与えた。その時、ニュースで報じた告別式の映像が九州朝日放送(KBC)の映像資料[13]として現在も保管されている。

1960年5月、『革命前後』および生前の業績により日本芸術院賞を受賞した。

著作編集

  • 山上軍艦 (詩集 とらんしつと詩社 1937年10月)
  • 糞尿譚 (小山書店、1938年 のち新潮文庫、角川文庫、講談社文芸文庫)
  • 麦と兵隊 (改造社、1938年 のち新潮文庫、角川文庫)
  • 土と兵隊 (改造社、1938年 のち新潮文庫(新版合本)、角川文庫)
  • 広東進軍抄 附・煙草と兵隊 (新潮社 1939年)
  • 花と兵隊 (改造社 1939年 のち新潮文庫、春陽文庫)
  • 戦友に愬ふ (軍事思想普及会 1939年)
  • 海南島記 (改造社 1939年)
  • 雑誌『兵隊』 (初代編集長 1939年(2004年復刻 刀水書房))
  • 河童昇天 (改造社 1940年)
  • 河豚 (新潮社(昭和名作選集) 1940年)
  • 兵隊について (改造社 1940年)
  • 山芋日記 (小山書店 1940年)
  • 伝説 (小山書店 1941年)
  • 百日紅 (新声閣 1941年)
  • 五平太船 (利根書房 1941年)
  • 春日 (短篇集 甲鳥書林 1941年)
  • 幻燈部屋 (改造社 1942年 のち角川文庫)
    • 神話 (第二部)
    • 新市街 (第三部)
    • 花扇 (第四部)(風雪社 1947年)
    • 水祭 (第五部)
    • 夜鏡 (第六部・完)
  • 花の命 (實業之日本社 1942年10月)
  • 兵隊の地図 (改造社 1942年)
  • ハタノウタ (學藝社(國民學校聖戦讀本) 1942年4月)
  • 真珠艦隊 (朝日新聞社 1943年)
  • ヘイタイノウタ (成徳書院(少国民大東亜戦記) 1943年)
  • 戦列の言葉 (二見書房 1943年)
  • 青狐 (詩集 六興商会 1943年)
  • 祈祷 (豊国社 1943年)
  • 歴史 (生活社 1943年)
  • 歩哨線 (大東亜出版 1944年)
  • 比島民譚集 (大成出版 1945年2月)
  • 陸軍 (朝日新聞社 1945年8月)。中公文庫、2000年8月
  • 色名帖 (九州書房 1946年)
  • 怒濤 (文藝春秋新社 1947年)
  • 月明 (日東出版社 1947年)
  • 夜景 (世間書房 1947年)
  • 黄金部落 (全国書房 1948年)
  • 一椀の雪 (展文社 1948年)
  • 陽気な地獄 (戯曲 新文芸社 1948年)
  • 歌姫 (大日本雄弁会講談社 1948年)
  • 河童 (早川書房 1949年)
  • 悲恋 (洋元書房 1949年)
  • 首を売る店 (童話集 桐書房 1949年)
  • 青春と泥濘 (六興出版社 1950年)
  • 悲しき兵隊 (改造社 1950年)
  • 天皇組合 (中央公論社 1950年)
  • 新遊侠伝 (ジープ社 1950年)
  • 日本艶笑滑稽譚 (東京文庫 1950年)
  • 昭和鹿鳴館 (比良書房 1950年)
  • 追放者 (創元社 1951年)
  • 中国艶笑風流譚 (東京文庫 1951年)
  • 赤道祭 (新潮社 1951年 のち角川文庫
  • 動物 (北辰堂 1951年 改題「馬と死刑囚」)
  • 私版金色夜叉 (湊書房 1951年)
  • 雲を呼ぶ笛 (双葉書房(ふたばフレンド・ブック) 1952年)
  • 虹を求めて (講談社(少年少女評判読物選集) 1952年)
  • 東洋艶笑滑稽聚 (東京文庫 1952年)
  • バタアン死の行進 (小説朝日社 1952年)
  • 街の灯 (大日本雄弁会講談社(傑作長篇小説全集) 1952年)
  • かっぱの皿 (学風書院 1952年)
  • 鈍魚の舌 (創元社 1952年)
  • 雲は七色 (小説朝日社 1953年)
  • 返り花 (長篇小説 主婦之友社 1953年)
  • 花と竜 (新潮社 1953年 のち文庫、角川文庫)。講談社文庫、岩波現代文庫
  • 叛逆者 (文藝春秋新社 1953年)
  • 海底火山 (秋田書店 1953年)
  • 女侠一代 (現代社 1954年)
  • 思春期 (現代社 1954年)
  • 琉球舞姫 (山田書店 1954年)
  • 活火山 (新潮社 1954年)
  • 戦争犯罪人 (河出書房 1954年)
  • 河童漫筆 (朋文堂(旅窓新書) 1954年)
  • 燃える河 (山田書店 1954年)
  • 七色少女 (同和春秋社(昭和少年少女文学選集) 1954年)
  • 美女と妖怪 私版聊斉志異 (学風書院 1955年)
  • 世にも不思議な夫婦愛のものがたり (学風書院 1955年)
  • かっぱ十二話 (随筆集 学風書院 1955年)
  • 天国遠征 (大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1955年)
  • 海は七色 (大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1955年)
  • 河童ものがたり (新潮社(小説文庫) 1955年)
  • 赤い国の旅人 (朝日新聞社 1955年)
  • 蕎麦の花 かっぱ小説集 (河出新書 1955年)
  • 露地の女王 (鱒書房(コバルト新書) 1955年
  • 花園を荒す者は誰だ (大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1956年)
  • 小説欧羅巴 (北辰堂 1956年)
  • ある詩人の生涯 (三笠書房 1956年)
  • 沈まぬ太陽 (大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1956年)
  • パノラマ世界 (同光社 1956年)
  • 青春発掘 (東方社 1956年)
  • 馬賊芸者 (同光社(大衆小説名作選) 1956年)
  • ただいま零匹 (新潮社 1956年)
  • 火野葦平読物文庫 第1-3 (学風書院 1956年)
  • 日本艶笑物語 (河出新書 1956年)
  • 河童曼陀羅 (四季社 1957年)
  • 新戦友愛物語 (小壷天書房 1957年)
  • 日本金鈴会 (小壷天書房 1957年)
  • 氷と霧 (宝文館 1957年)
  • ちぎられた繩 (小壷天書房 1957年)
  • 河童七変化 (宝文館 1957年)
  • 魔の河 (光文社 1957年)
  • コマよまわれ (新潮社 1957年)
  • 火野葦平選集 (全8巻 東京創元社 1958年 - 1959年)
  • 女 (五月書房 1958年)
  • 河童会議 (文藝春秋新社 1958年)
  • 亡霊の言葉 (怪奇推理小説 五月書房 1958年)
  • 花のある場所 (五月書房 1958年)
  • 雲を呼ぶ声 (講談社(ロマン・ブックス) 1958年)
  • 青春の岐路 (光文社 1958年)
  • 燃える河 (小壷天書房 1958年)
  • 日本八景 (光文社 1958年)
  • 金銭を歌う (筑摩書房 1958年)
  • 百年の鯉 (筑摩書房 1958年)
  • 王者の座 (弥生書房 1958年)
  • 魔女宣言 (角川書店 1959年)
  • 北九州 (編 宝文館(日本の風土記) 1959年)
  • 幻の街 (東方社 1959年)
  • アメリカ探険記 (雪華社 1959年)
  • 九州歴史散歩 (編 河出新書 1959年)
  • 革命前後 (中央公論社 1960年)
  • 酒童伝 (光文社(カッパ・ブックス) 1960年)
  • 花の座 (新潮社 1960年)
  • 恋愛家族 (講談社 1960年)
  • 詩神 (筑摩書房 1960年)
  • 火野葦平兵隊小説文庫 (全9巻 光人社 1978年 - 1980年)
    1. 麦と兵隊 (1978年11月)
    2. 土と兵隊 (1979年3月)
    3. 花と兵隊 (1979年5月)
    4. 悲しき兵隊 (1980年3月)
    5. 戦争犯罪人 (1979年11月)
    6. 陸軍 (1979年7月)
    7. 青春と泥濘 (1978年12月)
    8. 魔の河 (1980年6月)
    9. 革命前後 (1980年8月)
  • 盲目の暦 (創言社 2006年6月)
  • 帝釈峡記
  • 修験道
  • 海と兵隊
  • 雨後
  • オロンガポの一日
  • 敵将軍
  • 中津隊(西日本新聞 1944年1月24日から4月21日まで連載未完、葦平と河伯洞の会 2003年)
  • 南方要塞
  • ちぎられた縄
  • 夜汽車
  • 花の下の井戸
  • 馬と人参
  • 象と兵隊
  • 火野葦平 戦争文学選 (全7巻 社会批評社 2013年 - 2015年)
    1. 土と兵隊 麦と兵隊 (2013年5月)
    2. 花と兵隊 (2013年7月)
    3. フィリピンと兵隊 (2015年2月)
    4. 密林と兵隊(原題「青春と泥濘」 2013年9月)
    5. 海と兵隊 悲しき兵隊 (2014年8月)
    6. 革命前後 上巻 (2014年2月)
    7. 革命前後 下巻 (2014年2月)

評伝編集

  • 『火野葦平論―[海外進出文学]論・第1部』池田浩士 インパクト出版会、2000年
  • 『ペンと兵隊 火野葦平の戦争認識』今村修、石風社、2012年
  • 『戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち』渡辺考、NHK出版、2015年。朝日文庫、2020年

関連書籍編集

登場する作品編集

テレビドラマ編集

映画化作品編集

  • 土と兵隊 (1939年、監督:田坂具隆) キネマ旬報ベストテン3位
  • 陸軍 (1944年、監督:木下恵介
  • 新遊侠伝 (1951年)
  • 新遊侠伝 遊侠往来 (1951年)
  • 赤道祭 (1951年)
  • 残侠の港 (1953年)
  • 花と龍 第一部 洞海湾の乱闘 (1954年)
  • 花と龍 第二部 愛情流転 (1954年)
  • 馬賊芸者 (1954年)
  • 裸足の青春 (1956年)
  • 伴淳・森繁の糞尿譚 (1957年)
  • ただいま零匹 (1957年)
  • 人魚昇天 (1958年)
  • 女侠一代 (1958年)
  • 花と竜 (1962年)
  • 暴力の港 虎と狼 (1965年)
  • 花と龍 (1965年)
  • 続 花と龍 洞海湾の決闘 (1966年)
  • 新遊侠伝1966年)
  • 緋牡丹博徒 二代目襲名 (1969年)
  • 日本侠客伝 花と龍 (1969年)
  • 日本侠客伝 昇り龍 (1970年)
  • 花と龍 青雲篇 愛憎篇 怒涛篇 (1973年)
  • ダイナマイトどんどん (1978年、監督:岡本喜八) キネマ旬報ベストテン7位

脚注編集

  1. ^ もりたなるお『芸術と戦争』産経新聞出版9ページ
  2. ^ 志村有弘『福岡県文学事典』2010年、勉誠出版P83-84
  3. ^ https://www.nishinippon.co.jp/item/n/679520.amp
  4. ^ 『芥川賞全集』第二巻文藝春秋刊「年譜(火野葦平)」
  5. ^ 『芥川賞全集』文藝春秋刊の中の「第六回芥川賞選評」
  6. ^ 『小林秀雄全集別巻2』新潮社刊の中の「年譜」
  7. ^ 『小林秀雄全集』新潮社刊の中の「杭州」から抜粋
  8. ^ 福岡市総合図書館蔵書の火野葦平『中津隊』に挿入されている解説「いま立っている時代」古川薫
  9. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.60
  10. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.50
  11. ^ もりたなるお『芸術と戦争』産経新聞出版9ページ
  12. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)274頁
  13. ^ 九州朝日放送創立50周年 KBCアーカイブズ[リンク切れ]

関連人物編集

外部リンク編集