メインメニューを開く

火魅子伝 〜恋解〜』(ひみこでん 〜れんげ〜)は、1999年3月11日に発売されたJAPAN FANTASY PROJECT(博報堂、チャイム、レッドカンパニー)製作のゲーム。メディアミックス作品『火魅子伝』の1つである。

火魅子伝 〜恋解〜
対応機種 プレイステーション
プロデューサー 広井王子
シナリオ 舞阪洸(原作・シナリオ)
美術 大暮維人(原画)
東出太(キャラクターデザイン)
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1999年3月11日
テンプレートを表示

プロローグ編集

高校生の九峪は、九州の耶牟原遺跡から発掘された銅鏡に吸い込まれ、古代九洲にタイムスリップしてしまう。

九峪が吸い込まれた銅鏡・天魔鏡の精「キョウ」によると元の世界へ戻るためには、耶麻台国の女王「火魅子」の力が必要だということ。だが、その耶麻台国は、狗根国に滅ぼされ存在しないことを。

元の世界に戻るためには、九峪は各地に散らばった女王候補を集め耶麻台国を復興せねばならない。耶麻台国復興を目指す九峪の長い旅が今始まる。

キャラクター編集

女王候補編集

恋人候補編集

耶麻台国軍武将編集

狗根国軍武将編集

  • 紫香楽(しから) - 声:森川智之
  • 蛇渇(じゃかつ) - 声:若本規夫
  • 帖佐(ちょうさ) - 声:松本保典
  • 雲母(きら) - 声:深見梨加
  • 鋼雷(こうらい) - 声:檜山修之
  • 天目(てんもく) - 声:高島雅羅
  • 平八郎(へいはちろう) - 声:大川透
  • 回青(かいせい) - 声:渡辺美佐
  • 東山(とうざん) - 声:玄田哲章

ゲームシステム編集

内政・戦略・戦術・拡大戦闘の4つをひとまとめに1ターンとしてゲームは進行。1ターンは1週間(1か月は4週間)となっていて、九峪に与えられた時間は2年間なので96ターンしかない。

行動するにはお札が必要で、行動毎に最低一枚消費する。お札の発行は毎ターン嵩虎から内政時に報告され、最大12枚までストックできる。発行されるお札の数は取り戻した城の数に応じて増加する(お札の残数は戦闘時以外は画面左上に表示)。

内政編集

内政は、「内政の間」「提案の廊下」「九峪の間」の三つに分かれている。戦略を終了するか戦術をクリアすれば内政に入り、様々な行動ができる。

内政の間編集

嵩虎の戦況報告や女王候補の攻撃提案が行われる。武将が仲間に加わるときはこの内政の間で加わる。女王候補の攻撃提案は、誰がどの城を提案したか覚えておく必要があり、忘れて放っておくと、提案した女王候補は単独で攻め入ってしまう。

提案の廊下編集

この廊下に登場する女性はランダムで出現し、九峪に様々なお願いをしてくる。お願いの内容によって使用するお札の数が変化する。彼女たちを無視すると愛しさと親しさが下がる。また、彼女たちが笑顔のときはプレゼントをもらえる合図となっている。

九峪の間編集

記録、終了、装備、贈り物、心鏡の5つのコマンドがある。ここではどんな行動をしてもお札は消費しない。

記録
セーブ。セーブはここでしかできない。
終了
終了を選ぶと、戦略画面に移る。その前に提案の結果報告や、女の子のお誘いがある。
装備
女の子たちからもらったアイテムを、九峪に二つまで装備させることができる。装備していると、1ターンごとにアイテムをくれた女の子の親しさが少しずつ上昇する。
贈り物
手に入れたアイテムを女の子にプレゼントできる。女の子の好みに合った物をあげると、愛しさが+5、親しさが+15と大幅アップ。合わない場合でも、親しさはほんの少しだけアップする。
心鏡
仲間になっている女の子たちの、九峪に対する気持ちを知ることができる。チビキャラの前に表示されている菱形が愛しさと親しさを表している。菱形が大きくなれば親しさがアップしていることになり、菱形の色が青から赤に変わっているほど愛しさがアップしていることになっている。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニング「炎の女王」
作詞:舞阪洸 / 作曲:林哲司 / 編曲:白川雅 / 歌:水谷優子、平松晶子、高田由美、田中敦子、小桜エツ子、氷上恭子、音宮つばさ
エンディング「忘れないで」
作詞:舞阪洸 / 作曲:林哲司 / 編曲:白川雅 / 歌:水谷優子、平松晶子、高田由美、田中敦子、小桜エツ子、氷上恭子、音宮つばさ