メインメニューを開く

灰地 順(はいち じゅん、1926年10月14日[1] - 2018年1月12日[2])は、日本俳優である。本名:黒田 昌司[1]

はいち じゅん
灰地 順
本名 黒田 昌司
生年月日 (1926-10-14) 1926年10月14日
没年月日 (2018-01-12) 2018年1月12日(91歳没)
出生地 広島県
血液型 O型
ジャンル 俳優
活動期間 1952年 - 2018年

広島県出身[注 1]旧制第六高等学校卒。劇団仲間[1]劇団演劇座[1]、中里事務所[1]、プロモーション・プラスワン[3]を経て、晩年はエ・ネスト所属。血液型はO型。

目次

来歴・人物編集

はじめ、八田元夫演出研究所に入所(1949年)、演出家を志す。新協劇団、村山知義のすすめで、村山の作・演出『死んだ海』(1952年)で初舞台。以後舞台演出をつづけるとともに、映画『ひめゆりの塔』『真空地帯』『雲ながるるはてに』など、映画出演が続く。

劇団仲間所属の5年間を経て、劇団演劇座を創設(1961年)。『死者の時』『スクラップ』『爆裂弾記』『新版四谷怪談』『常陸坊海尊』(1968年芸術祭大賞)『かさぶた式部考』など、井上光晴花田清輝秋元松代らの書き下ろし創作劇を相次いで上演、その主演や演出もつとめた。

『河、あの裏切りが重く』(ATG)『襤褸の旗』『動脈列島』『大地の子守唄』『曽根崎心中』など映画出演も多く、テレビドラマでは時代劇悪役、現代劇においては当初は悪役・40歳代以降は圧倒的に刑事役が多かった。

ほかに、渡辺プロ、田中プロ、日大演劇科などの講師をつとめ、多くの若手俳優の育成に当たった。生徒に江藤潤石田えり山咲千里松本明子若村麻由美森口博子、谷英美らがいる。小説家横山美智子は親戚。映画監督大林宣彦は郷土の後輩。

特技は絵画声楽モダンダンス。絵画は、旧制第六高等学校を卒業した同窓有志による六彩会展を毎年開催していた。

2018年1月12日、うっ血性心不全のため死去[2]。91歳没。

演技指導編集

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

吹き替え編集

  • 刑事コロンボ「策謀の結末」(1979年、NHK) - ヴィンセント・ポーリー

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 愛媛県出身とする資料もある[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、159頁。全国書誌番号:83045303
  2. ^ a b 「ドグラ・マグラ」「曽根崎心中」など出演 灰地順さん死去”. スポーツニッポン (2018年1月16日). 2018年1月16日閲覧。
  3. ^ 日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、173頁。全国書誌番号:83045304

外部リンク編集