メインメニューを開く

炎と剣』(ほのおとけん、Prince Valiant)は、1954年アメリカ合衆国冒険映画ヘンリー・ハサウェイ監督。アーサー王ヴァイキングをモチーフに描いたハル・フォスター英語版の漫画の映画化。

炎と剣
Prince Valiant
監督 ヘンリー・ハサウェイ
脚本 ダドリー・ニコルズ
原作 ハル・フォスター英語版
製作 ロバート・L・ジャックス
ナレーター マイケル・レニー
出演者 ジェームズ・メイソン
ジャネット・リー
ロバート・ワグナー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ルシアン・バラード
編集 ロバート・L・シンプソン英語版
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年4月5日
日本の旗 1954年10月9日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,970,000[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

時は6世紀。北欧を治めるアグア王はスリガン率いるヴァイキングの侵攻を受け、王妃と王子ヴァリアントと共に、アーサー王支配下にあるイギリスに逃れた。

ヴァリアントは父の命により、アーサー王の円卓の騎士となるため、アーサー王のもとに向かい、ガウェイン卿のもとで修業に励む。彼はやがて、アーサー王の王位の座を狙う黒騎士なる人物の存在を知る。

ある日、ヴァリアントは黒騎士の手下と思われる兵士たちに襲われ、重傷を負う。彼はルーク王の王女アレタ姫に救われた。やがてヴァリアントはアレタ姫と恋仲になっていく。

ヴァリアントはガウェイン卿もまた襲われたと知り、黒騎士はアーサー王と腹違いの兄弟のブラック卿ではないかと疑うが…。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. ISBN 978-0-8108-4244-1. p248

外部リンク編集