炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!

スーパー戦隊シリーズ > 炎神戦隊ゴーオンジャー > 炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!

炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!! 』(えんじんせんたいゴーオンジャー ブンブン! バンバン! ゲキジョーバン!)は、2008年8月9日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『炎神戦隊ゴーオンジャー』の映画化作品である。同時上映作品は『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』と『モモタロスのまっかっか城の王』。

炎神戦隊ゴーオンジャー
BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!
監督 竹本昇
脚本 會川昇
出演者 古原靖久
片岡信和
逢沢りな
碓井将大
海老澤健次
徳山秀典
杉本有美
及川奈央
音楽 大橋恵
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 2008年8月9日
上映時間 35分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦
次作 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー
侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦(シリーズ次作)
テンプレートを表示

目次

概要編集

本作品の特徴として、TVシリーズにて設定されたブレーンワールドの世界観を生かし、江戸時代の雰囲気を漂わせる異世界「サムライワールド[注 1]」が舞台として設定され、『爆竜戦隊アバレンジャー』以降行われている東映太秦映画村でのロケも敢行された。また、TVシリーズとの連動も今まで以上に密接に行われており、GP-39および40は本作品が初出の「炎神大将軍」にまつわるエピソードとして制作されている。この他同時上映の『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』と同様、戦隊シリーズとしては異例のスピンオフネットムービーが制作・配信されるなどの試みもなされた。

炎衆の3人を演じた半田健人春田純一菊地美香や魔姫の部下2体の声を担当した内田直哉松風雅也など、過去に戦隊シリーズを始めとする東映特撮作品に出演していた俳優が多くゲスト出演しているのも本作品の特徴のひとつである[注 2]。また本作品の敵役である魔姫役には、EE JUMPなどの活動で知られる歌手のソニンが起用された。

ストーリーの関係上オープニングのみの出番となるガイアークのメンバーについては、ケガレシア役の及川奈央が本編中ではサムライワールドの女将役として二役を演じ、ヨゴシュタイン役の梁田清之とキタネイダス役の真殿光昭の声優二人もサムライワールドの住人の声の吹き替えをしている[注 3]

脚本にはTVシリーズにてサブライターとして参加している會川昇が、監督には『魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁』以来3年ぶりとなる竹本昇がそれぞれ起用された。またスピンオフネットムービーは前出の會川が脚本を手がけ、監督にはTVシリーズで主に助監督として参加の加藤弘之が担当した。

會川は東映太秦映画村のロケをやりたかったが、自身がメインライターを務めた本作の二作前の『轟轟戦隊ボウケンジャー』の際は諸事情により実現できなかったため、今回ようやく実現できて嬉しかったという[1]

ストーリー編集

次元の壁を破壊し、11次元をごちゃ混ぜにしようと目論むガイアークの三大臣の野望を食い止めるべく、リサイクル蛮機獣軍団と戦うゴーオンジャー。

その時、次元の裂け目から、時代劇風の衣装に身を包んだ謎の三人組が現われる。スピードル、バスオン、ベアールの炎神キャストを奪った三人の後を追い、ゴーオンジャーはサムライワールドへたどり着いたが・・・。

登場人物編集

以下、劇場版が初出の登場人物について記述する。TVシリーズからの登場人物については炎神戦隊ゴーオンジャーの登場人物を参照のこと。

流れ炎神編集

元々はマシンワールドの住人だったが、強さを求めて次元を放浪していた3体の炎神。「炎神、入魂!」の掛け声で炎神ソウルに戻ることができるが、心がないと炎神キャストが拒絶反応を起こしてしまう。
サムライワールドにおいて魔姫によって心を消されるとともに炎神キャストも奪われ、残った炎神ソウルは人間の姿になり「炎衆」と名乗る。再び力を得るべく、リサイクル蛮機獣軍団と戦っていたゴーオンジャーを襲撃、スピードルたちの炎神キャストを奪うなど当初は走輔たちとの関係は険悪であったが、彼らの働きかけにより徐々に心を取り戻していった。
炎神烈鷹(エンジン レツタカ)
スピードルに似た姿を持つタカモチーフのスーパーカー型炎神。キャストには「壱」の文字が配されている。人間時の姿は若武者風の剣豪。TVシリーズのGP-39および40では回想と、キャストに宿る魂として再登場を果たしている。
炎神獅子之進(エンジン シシノシン)
バスオンに似た姿を持つライオンモチーフのバス型炎神。キャストには「弐」の文字が配されている。人間時の姿は物静かな槍使いの巨漢。
炎神月之輪(エンジン ツキノワ)
ベアールVに似た姿を持つクマモチーフのRVカー型炎神。キャストには「参」の文字が配されている。人間時の姿はくノ一(女忍者)。
炎神大将軍(えんじんだいしょうぐん)
烈鷹、獅子之進、月之輪の3体が炎神合体した巨大武者。劇場版ではレッド1人、後述のTVシリーズではレッド、ブルー、イエローの3人で操縦している。エンジンオーと酷似した姿を持つが、黒や金を基調としたカラーリング、額に配された鍬型など、武者然とした出で立ちが特徴である。
武装は月之輪のシャーシが変形した盾・武威勝利盾(ぶいしょうりたて)と、獅子之進が携えている必殺剣・炎神剣。エンジンオーの装備であるゴーオンソードとの二刀流も可能。必殺技は炎神剣を巨大化させ、敵を一刀両断に切り裂く「炎神剣・轟音紅蓮斬り」。玩具ではガンバルオーなど他の炎神との合体も可能で、コミカライズ版ではそれを活かした下記の2形態が登場した。
ソウルとキャストが傷ついた状態で戦ったため、戦いの後、体が石化して永遠の眠りに就くも、その後TVシリーズのGP-39および40にて再登場を果たしている。この時は心がなく、炎神ソウルなしの状態とスピードル、バスオン、ベアールVの炎神ソウルが使用された状態が登場した。必殺技もレッドがポーズを取りながら技名を言い、ブルー、イエローが同じようにしながら復唱、最後に烈鷹の声で復唱とサンバルカンロボの「太陽剣・オーロラプラズマ返し」のような昭和時代の戦隊ロボによく見られたやり取りがされている。
炎神大将軍 種子島形態(タネガシマモード)
テレまんがヒーローズ』掲載の漫画版に登場。ガンパードの提案により、右腕にガンパード、左腕にジェットラスを装着合体(炎神武装)した姿。射撃に優れる。
炎神大将軍 忍者形態(ニンジャモード)
種子島形態と同じく漫画版に登場。右腕にトリプター、左腕にバルカを装着合体(炎神武装)した姿。トリプターローターとバルカッターの高速回転によって生み出された手裏剣を連続発射する「炎神忍法・乱れ手裏剣」を放つ。

サムライワールド編集

魔姫(まき) / 魔忌 / 魔鬼
サムライワールドの女帝で、「心を消せば強くなれる」を絶対としている。心を消す術を持ち、自身も含めて住人全ての心を消し去った。そのため、本来は強くなるために自らを鍛え心身ともに研磨する修行の聖地であったサムライワールドを戦いだけの世界に変えてしまった。
人間態・魔姫から、烈鷹の炎神キャストを取り込んで八岐大蛇の様な怪物・魔忌に、更に魔姫本来の姿である巨大妖怪・魔鬼となる。
デザインモチーフはムカデ[2]。サムライワールドが舞台であることから全体的に和風テイストを意識しており、魔姫の衣装は天女卑弥呼、魔忌はヤマタノオロチ、魔鬼は毘沙門天の要素もそれぞれ取り入れられている[2]
雷剱(らいけん)
魔姫の部下。大型の十字手裏剣を持つ。獅子之進の炎神キャストでパワーアップし、高速形態へと変形することができる。TVシリーズのGP-39および40では同型の雷々剱が登場している。
デザインは狛犬の阿(獅子)をモチーフとしており、配色は炎神バスオンを意識している[3]。元々は赤い配色でデザインされており、雷々剱はこの時のデザインを用いている[3]
獄丸(ごくまる)
雷剱同様魔姫の部下。とても素早いのが特徴。月之輪の炎神キャストでパワーアップし、高速形態へと変形することができる。TVシリーズのGP-39および40では同型の獄々丸が登場している。
デザインは狛犬の吽をモチーフとしており、配色は炎神ベアールVを意識している[3]。元々は赤い雷剱と対になる青い配色でデザインされていた[3]

蛮機獣編集

リサイクル蛮機獣軍団
かつてゴーオンジャーに敗れた蛮機獣が、ウガッツらのエネルギーから成る「ガイアークソウル」をセットされて復活したもの。

装備・戦力編集

ハイパーキャノンボール
レッド以外の6人が繰り出す合体技。

登場ワールド編集

サムライワールド
本編の舞台となる世界。江戸時代の様な世界観の侍たちの世界。
ヒューマンワールド
ゴーオンジャーがいる世界。

キャスト編集

声の出演編集

スーツアクター編集

スタッフ編集

音楽編集

主題歌
「炎神フォーメーションラップ -劇場BANG! Custom-」
作詞:マイクスギヤマ / 作曲・編曲:大石憲一郎 / 歌:Project.R with 炎神キッズ
「炎神ラップ」の映画バージョン。TVシリーズでも映画宣伝の一環としてGP25に使用された。
挿入歌
炎神戦隊ゴーオンジャー
作詞:マイクスギヤマ / 作曲:岩崎貴文 / 編曲:Project.R(大石憲一郎、岩崎貴文) / 歌:高橋秀幸 (Project.R)

他媒体展開編集

スピンオフムービー編集

『炎神戦隊ゴーオンジャー BONBON!BONBON!ネットでBONG!!』
監督は加藤弘之が担当。スーパー戦隊シリーズとしては初めて、劇場版と連動したスピンオフムービーとして制作された作品であり、2008年7月11日より週1回のペースで全5話が携帯やパソコンで配信された。仮面ライダーシリーズの方は次作以降も制作されているが、スーパー戦隊シリーズ単体のスピンオフムービーは本作のみとなっている。
あらすじ
別次元サムライワールドと繋がってしまったその劇場版の裏側で起こっていた、ガイアークの次元の壁を破る「蛮機獣リサイクル計画」の顛末とは?
ゲスト蛮機獣
蛮機獣ボンレシア
偶然ソウルが抜けて「ケガレシアソウル」になったケガレシアを、ボンパーにセットしてボディを乗っ取った姿。
スタッフ
  • 原作:八手三郎
  • 脚本:會川昇
  • 監督:加藤弘之
サブタイトル
  • EX1 次元が混ざる? ボンボン(2008年7月11日)
  • EX2 蛮機獣が大復活? ボンボン(2008年7月18日)
  • EX3 謎の3人組? ボンボン(2008年7月25日)
  • EX4 ゴーオンジャー行方不明? ボンボン(2008年8月1日)
  • EX5 ヒーロー帰還? ボンボン(2008年8月8日)

漫画編集

一式まさと作画により『テレまんがヒーローズ』2008年夏号に掲載、スーパーヒーローズ2巻に収録。

映像ソフト化編集

  • 炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!! マッハ全開メイキングBANG!(DVD1枚組、2008年7月21日発売)
    • 本作のメイキングDVD。
  • 仮面ライダーキバ&炎神戦隊ゴーオンジャー 劇場版スピンオフネットムービー(DVD1枚組、2008年12月5日発売)
    • スピンオフムービーのソフト化。
    • 映像特典
      • 仮面ライダー裏キバ 魔界城の女王 PR集
  • 炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!! 通常版(DVD1枚組、2009年2月21日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
  • 炎神戦隊ゴーオンジャーBUNBUN!BANBAN!劇場BANG!! 特別限定版(DVD2枚組、2009年2月21日発売)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • 製作発表会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 劇場舞台挨拶
      • 劇場BANG!ギャラリー
      • 炎神ガレージ
      • サムライワールド図鑑
      • 空前の四夜トークバトル!! ガールズナイト
      • 空前の四夜トークバトル!! ボーイズナイト
      • ポスタービジュアル
    • 封入特典
      • 炎神免許証(3枚組)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』でも再び登場している。
  2. ^ EDで半田は仮面ライダーファイズ、春田はゴーグルブラック、菊地はデカピンクと過去の出演作での「変身ポーズ」を披露している。
  3. ^ 演じている俳優は、彼らとは別人。

出典編集

  1. ^ 『宇宙船』2008年7月号。
  2. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 293
  3. ^ a b c d 百化繚乱 下之巻 2012, p. 295
  4. ^ 福沢博文”. 株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2011年4月27日閲覧。

参考文献編集

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3

外部リンク編集