メインメニューを開く

炭酸ジエチル(たんさんジエチル、: Diethyl carbonate)は、炭酸エタノールからなる炭酸エステル。常温(25℃)では、低引火点の無色の液体。溶媒や、リチウム電池電解液として使用される。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する[1]

炭酸ジエチル
Diethyl carbonate
識別情報
CAS登録番号 105-58-8 チェック
ChemSpider 7478 チェック
特性
化学式 C5H10O3
モル質量 118.13 g/mol
外観 無色の液体
匂い エーテル様の芳香臭
密度 0.975 g/cm3
融点

-43℃

沸点

126-128℃

への溶解度 難溶(1.88E4 mg/L)
溶解度 エタノールジエチルエーテルクロロホルムに可溶
危険性
EU分類 可燃性 (F)
Rフレーズ R11
Sフレーズ S9 S16 S29 S33
引火点 25℃
発火点 445℃
関連する物質
関連物質 炭酸エチレン炭酸ジメチル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

性質編集

常温では無色の液体であるが、25℃で引火点となることから、日本の消防法では第4類危険物・第2石油類に分類される[2]合成樹脂に対する侵蝕性がある[3]。エトキシカルボニル化剤や、ニトロセルロースの溶媒として利用される[2]


脚注編集

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)
  2. ^ a b 製品安全データシート(労働衛生情報センター)
  3. ^ 国際化学物質安全性カード