メインメニューを開く

烈公[1](れっこう、生年不詳 - 紀元前389年)は、中国春秋戦国時代の君主。姓は姫、名は止。

烈公 姫止
公(周制における爵位は侯)
王朝
在位期間 紀元前416年 - 紀元前389年(『史記』六国年表では、紀元前420年 - 紀元前393年
都城 新絳
姓・諱 姫止
諡号 烈公(烈成公)
没年 紀元前389年
幽公

生涯編集

晋の幽公の子[2]として生まれた。紀元前416年、幽公が殺害されると、後を嗣いで烈公が晋公として即位した。紀元前413年軍の侵攻を受け、上洛にまで達した[3]紀元前404年景侯烈侯に命じてを討ち、これを撃破した[4]。烈公は捕虜の斉兵を威烈王に献上した[5]。既に趙・韓・魏は自立状態にあったが、紀元前403年に威烈王によって諸侯に列せられ、晋と趙・韓・魏は名目上の君臣関係ですら無くなった。

紀元前389年、烈公は死去し、子の孝公が晋公として即位した[6]

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家および同書六国年表による。『史記索隠』晋世家所引『世本』は烈成公とする。
  2. ^ 『史記』晋世家による。同書六国年表は幽公の弟とする。
  3. ^ 水経注』丹水所引『竹書紀年
  4. ^ 『水経注』汶水所引『竹書紀年』
  5. ^ 清華簡』「繋年」22章
  6. ^ 『史記』晋世家
先代:
幽公
君主
前416年 - 前389年
次代:
孝公