烏丸半島全景
2019年1月まで烏丸半島に存在した風力発電機、くさつ夢風車
烏丸半島周辺の空中写真。1987年撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

烏丸半島(からすまはんとう)は、滋賀県草津市にある琵琶湖に突き出した半島である。

概要編集

滋賀県立琵琶湖博物館公益財団法人国際湖沼環境委員会(ILEC)、草津市立水生植物公園みずの森がある。湖岸はブラックバスブルーギル外来魚が多数生息しており、釣り場として多くの釣り人が来る。風力発電機くさつ夢風車(くさつゆめふうしゃ)があったが、2017年に廃止が決定し[1]2019年1月28日から撤去工事が始まった[2]

歴史編集

 
くの字形をしたかつての烏丸半島(二万五千分一地形図「草津」1922年測図)

江戸時代の烏丸半島は近江国栗太郡下物村に属し、「烏丸」は当時の名であった。当時は「烏丸崎」と呼ばれた「く」の字形の砂嘴であり「(ヨシ)地」(租税対象が葭)とされていた[3]。明治以降、耕地化が進み、1980年代後半には養殖が行われていた中央部が埋め立てられて現在の姿になった[4]。1990年代半ばには琵琶湖博物館や水生植物公園などの文化施設が建てられ、草津市内の観光スポットになっていく。半島全域からは縄文晩期から弥生末期の遺跡が出土しており、烏丸崎遺跡として知られている[4]。なお、半島周辺の湖岸は国内最大級のの群生地として有名であったが、2016年に突如消滅したため、2020年現在、その姿を見ることが出来ない[5]

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 野瀬井寛 (2017年8月23日). “夢風車「廃止すべき」 草津市審議会が答申まとめる”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170823/CK2017082302000031.html 2017年8月23日閲覧。 
  2. ^ “風力発電「くさつ夢風車」 解体”. 日本放送協会. (2019年1月28日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190128/2060001924.html 2019年2月1日閲覧。 
  3. ^ 明治期の古地図-烏丸半島辺りの原風景
  4. ^ a b 琵琶湖湖岸線の変遷 - 龍谷大学 里山学研究センター
  5. ^ 28年夏に突如消えた琵琶湖岸の「ハス」復活へ 湖底から移植開始

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度4分25秒 東経135度56分8秒 / 北緯35.07361度 東経135.93556度 / 35.07361; 135.93556