メインメニューを開く

烏丸家(からすまるけ)は、藤原北家日野氏流公家である。家格名家室町時代権大納言日野資康(裏松資康)の三男・贈内大臣豊光を祖とする。家業は歌道江戸時代石高は1153石[1]

烏丸家
家紋
つるのまる
鶴丸
本姓 藤原北家日野流
家祖 烏丸豊光
種別 公家名家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 烏丸資任
烏丸光広
烏丸光徳
南部光臣
支流、分家 勘解由小路家(名家)
裏松家(名家)
高家六角氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

豊光の子・資任准大臣室町幕府8代将軍足利義政の生母日野重子の従弟にあたり、義政の養育に努めて成長後はその寵臣となる(義政が成長するまで、資任の屋敷である烏丸殿が将軍の御所として用いられた)。今参局有馬持家とともに権勢を振るい、「おいま・ありま・からすま」の3人で「三魔」と呼ばれ恐れられた。

江戸時代初期の光広は、歌人能書家として知られた文化人であり、細川幽斎から古今伝授を受けている。

幕末明治維新では、光徳尊皇攘夷派として活躍し、明治維新後は参与、初代東京府知事等を務めた。光徳の二男・光亨は、華族令施行により伯爵に叙せられた。光徳の三男・光臣は、大審院長を務めた南部甕男の養子となり男爵内務官僚となり群馬県知事貴族院議員、宮中顧問官等を務めた[2]

目次

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
日野資康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日野重光烏丸豊光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義資重子資任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重政益光季光冬光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝光富子資蔭光康
 
 
 
 
 
冬光光宣
 
 
 
光広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光賢勘解由小路資忠
勘解由小路家
六角広賢
高家六角氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資慶裏松資清
裏松家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光雄桜野順光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宣定勘解由小路韶光
 
 
 
光栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尹光光胤[3]日野資枝勘解由小路資望裏松光世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光家光祖外山光実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資董光訓
 
 
 
光政[4]
 
 
 
光徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光亨南部光臣桜野光正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光大光孚七条光明

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の烏丸家領は以下の通り。(10村・955石7斗6升)

  • 山城国葛野郡上嵯峨村のうち - 31石4斗6升9合5勺
  • 山城国葛野郡天竜寺門前のうち - 5石4斗5升3合
  • 山城国葛野郡池裏村のうち - 46石4斗8升9合5勺
  • 山城国葛野郡高田村のうち - 74石5升4合
  • 山城国乙訓郡久我村のうち - 130石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 18石
  • 摂津国島上郡上牧村のうち - 335石1斗6升5合
  • 摂津国島上郡井尻村 - 114石1斗2升3合
  • 摂津国島上郡萩庄村 - 168石2斗3升9合
  • 摂津国島上郡鵜殿村のうち - 32石7斗6升7合

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集