メインメニューを開く

烏丸 資慶(からすまる すけよし)は、江戸時代前期の公卿歌人中納言烏丸光賢の子。官位正二位権大納言烏丸家11代当主。

 
烏丸資慶
Karasumaru Sukeyoshi.jpg
烏丸資慶像(土佐光成画)
時代 江戸時代前期
生誕 元和8年5月11日1622年6月19日
死没 寛文9年11月28日1670年1月19日
官位 正二位権大納言
主君 後光明天皇後西天皇
氏族 烏丸家
父母 父:烏丸光賢、母:細川忠興娘・まん
兄弟 飛鳥井雅章室、吉田兼起室、
裏松資清[1]、正受院[2]
正室:清閑寺共房
光雄桜野順光、深達院、七条隆豊室、房
テンプレートを表示

経歴編集

歌道に秀でていた為、後水尾上皇から後西天皇中院通茂と共に古今伝授を受けた。また、細川家と深い姻戚関係にあり、細川幽斎より伝授された聞書・切紙等を伝領していたので、上皇より伝授されたそれらを進上するように命じられた。また、弟子の遠藤常友より依頼され、東常縁の和歌を編集して『常緑集』として編集にとりかるも没し資慶死後は光雄が受け継ぎ、2代に渡って寛文11年(1671年)に完成させている。所領のあった太秦に法雲院を造営し、祖父・烏丸光広を祀った。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 裏松家
  2. ^ やや、細川光尚正室
  3. ^ 熊本藩筆頭家老・八代城
先代:
烏丸光賢
烏丸家
11代
次代:
烏丸光雄