メインメニューを開く

烏帯(ウタイ、? - 1152年)は、の皇族。第2代皇帝太宗の孫で、阿魯補の子。完顔、漢名は宗言

熙宗の治世下で大理卿となる。同族の蕭王・乙卒(秉徳)や熙宗の婿・唐括弁らと共謀し、迪古乃(海陵王)を擁立すべく熙宗を殺害するという事件を起こした。この功績から、海陵王が即位すると平章政事となった。

天徳2年(1150年)、今度は熙宗殺しの同志であった乙卒と叔父の阿魯(宗本)を謀反の罪で誣告し、乙卒と阿魯が海陵王によって処刑される事件を起こした。これにより右丞相に任ぜられると共に、乙卒の財産を私蔵し、また乙卒の娘を自分のものとしたという。その後、司空・左丞相・侍中と順調に出世したが、数ヵ月後に解任され、崇義軍節度使として左遷された。

妻の唐括定哥はかねてから海陵王と密通しており、天徳4年(1152年)7月に烏帯は、海陵王の命を受けた妻により暗殺された。

目次

家族編集

正妻編集

  • 唐括定哥
    海陵王と私通していた。烏帯の死後は宮中に入り、貴妃に冊立されている。

編集

  • 兀答補
  • 女子

編集

  • 瑭(女真名:烏也阿補)

金史の記述編集

金史』(巻一百三十二 列伝第七十)

言本名烏帶,行臺左丞相阿魯補子也。熙宗時,累官大理卿。熙宗晩年喜怒不常,大臣往往危懼,右丞相秉德、左丞唐括辯謀廢立,烏帶即詣海陵啓之,遂與倶弑熙宗。海陵即位,烏帶為平章政事,封許國王,賜錢、絹、馬、牛、羊、鐵券,並如其黨。
烏帶妻唐括氏淫泆,舊與海陵通,又私其家奴閻乞兒,秉德嘗對熙宗斥其事,烏帶銜之未發也。時海陵多忌,會有疾,少間,烏帶遂誣奏「秉德有指斥語,曰:主上數日不視朝,若有不諱,誰當繼者。臣曰:主上有皇子。秉德曰:嬰兒豈能勝天下大任,必也葛王乎。」海陵以為實然,故出秉德,已而殺之,以秉德世襲猛安謀克授烏帶。進右丞相。烏帶與宗本有親,海陵以烏帶告秉德事,故宗本之禍烏帶獨免,遂以秉德千戸謀克及其子婦家産盡賜之。進司空、左丞相、兼侍中。
居數月,烏帶早朝,以日陰晦將雨,意海陵不視朝,先趨出朝,百官皆隨之去。已而海陵御殿,知烏帶率百官出朝,惡之,遂落司空,出為崇義軍節度使。後海陵思慕唐括容色,因其侍婢來候問起居,海陵許立為后,使殺烏帶。海陵詐為烏帶哀傷,使其子兀荅補佩金符乘驛赴喪,追封為王,仍詔有司送其靈車,賜絹三百為道途費。納唐括於宮中,封貴妃。兀答補襲猛安謀克。大定六年,以猛安謀克還撒改曾孫,以阿魯補謀克授兀答補,終同知大興尹。子瑭,本名烏也阿補,以曾祖阿魯補功,充筆硯祗候。