無宿者』(むしゅくもの)は、1964年8月8日に大映が配給した、三隅研次監督によるアクション時代劇映画で[1]、主演は市川雷蔵[2][3]。カラー、シネマスコープ

無宿者
監督 三隅研次
脚本 星川清司
出演者 市川雷蔵
音楽 池野成
撮影 牧浦地志
編集 菅沼完二
製作会社 大映京都
配給 大映
公開 日本の旗1964年8月8日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
テンプレートを表示

あらすじ 編集

数年前、御用金を巡る事件で父親を殺された一本松という男と、同じ事件が起きて以来、父親が行き方知れずの黒木弥一郎、二人の男が事件の手掛かりを探し、佐渡金山近くの村にやって来た。一本松は自分の父親が弥一郎の父に殺されたのではないかと疑う。ある男が弥一郎の父親ではないかと睨むが、その男が殺されてしまう。そしてある日、一本松は自分の父親が生きていて、弥一郎の父を殺した張本人であると知る。

配役 編集

スタッフ 編集

併映作品 編集

脚注 編集

  1. ^ 無宿者”. 映画の時間. 2022年9月7日閲覧。
  2. ^ 無宿者”. 文化庁 日本映画情報システム. 2022年8月10日閲覧。
  3. ^ 映画監督 三隅研次”. 国立映画アーカイブ. 2022年9月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e 無宿者”. NFAD 国立映画アーカイブ. 2022年9月7日閲覧。
  5. ^ 無宿者”. 日本映画製作者連盟. 2022年9月7日閲覧。

外部リンク 編集