メインメニューを開く

無影剣 SHADOWLESS SWORD (朝鮮語: 무영검) は、2005年に公開された韓国映画である[1]

無影剣 SHADOWLESS SWORD
무영검
監督 キム・ヨンジュン
脚本 キム・テグァン
シン・ジュネ
製作 チョン・テウォン
出演者 イ・ソジン
ユン・ソイ
シン・ヒョンジュン[1]
音楽 キム・ジュンソン
撮影 ソ・クネ
公開 大韓民国の旗 2005年11月18日
上映時間 104分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示

西暦926年契丹国によって滅ぼされた渤海国の生き残りである王子と女性剣士が、彼らを抹殺しようとする東丹国の武将や暗殺者らと闘う様子を描いた歴史アクション映画(剣戟映画)で、撮影は中国で行われた[2]。北米や欧州ではThe Legend Of The Shadowless Sword (無影剣の伝説) というタイトルでDVDが発売された。

目次

ストーリー編集

西暦926年契丹渤海へ侵攻し上京龍泉府を占領した際、渤海の武将でありながら渤海王族に怨恨のあったクン・ファピョン (シン・ヒョンジュン)は母国を裏切って契丹に寝返り、渤海王族を殺害し更に王族に伝わる剣や剣技を手に入れた。

渤海の王族は契丹の侵攻時に全て殺害されたと思われていたが、ただ一人、以前政争に巻き込まれて王家を追放されていた王子テ・ジョンヒョン (イ・ソジン)が生き残っていた。渤海国の大臣イム・ソンジは渤海軍最強の女性剣士であるヨン・ソハ (ユン・ソイ)に、王子を探し出し護衛するよう命じる。

ソハは市井の人となっていたジョンヒョンを見つけ、彼に渤海王族として亡命政府を率いる事を請うが、自由な暮らしに慣れ、また政争により王家を追われた過去を持つジョンヒョンはその気にならず、ソハに反発する。

一方、契丹が渤海領を封じるため設立した東丹国の将軍となっていたファピョンもジョンヒョンの存在に気づき、女性剣士メ・ヨンオクらからなる刺客団を送り込む。

キャスト編集

役名 俳優
テ・ジョンヒョン 渤海の王子 イ・ソジン
ヨン・ソハ 渤海の女性剣士 ユン・ソイ
クン・ファピョン 東丹国の将軍 シン・ヒョンジュン
メ・ヨンオク ファピョン配下の女性剣士 イ・ギヨン
マブル ファピョン配下の怪僧(刺客) パク・ソンウン
イム・ソンジ 渤海の大臣 チン・ボンジン
-- 飛刀門の女性剣士 チェ・ジウ ※友情出演

スタッフ編集

  • 監督:キム・ヨンジュン
  • 脚本:キム・テグァン、シン・ジュネ
  • 製作:チョン・テウォン
  • 撮影:ソ・クネ
  • 美術:ハ・サンホ
  • 音楽:キム・ジュンソン
  • 武術:マ・オクソン

脚注・出典編集

  1. ^ a b 무영검 (Shadowless Sword) Production Meeting Report”. Twitch Film (2005年9月27日). 2013年3月25日閲覧。
  2. ^ Shadowless Sword Delivers Formulaic Fun”. The Chosun Ilbo (2005年11月18日). 2013年3月25日閲覧。

外部リンク編集