無担保コール翌日物

無担保コールレートから転送)

無担保コール翌日物金利(むたんぽコールよくじつものきんり、: uncollateralized overnight call rate[1])や無担保コールO/N物レートとは、日本の金融機関が、1年以下のいわゆる短期資金のやり取り(貸借)を行うコール市場において、無担保で借り約定した翌日に返済を行う無担保コール翌日物の金利のこと[2]。短期金融市場の金利の一つ。1985年7月に無担保コール市場が創設された[3]

日本銀行の誘導目標編集

日本の金融政策において、それまでは日本銀行が市中銀行へ資金を融通する際の利率である公定歩合政策金利として重視されたが、1994年10月17日の金利自由化後は銀行の資金調達は短期金融市場を介するものが大半となったため、この金利操作による市場介入が行われるようになり、公定歩合に代わって無担保コール翌日物の金利が日本の政策金利の役割を果たすようになった。2013年4月4日より操作目標は無担保コール翌日物の金利からマネタリーベースに変更された。[4]

なおレートそのものはゼロでは無い場合でも、レートが極端に低い場合は取引を仲介する短資会社へ支払う手数料を差し引くと実質的な金利がほぼゼロとなる(レート自体はゼロにはならない)。

誘導目標の推移編集

 
1995年~2010年の無担保コール翌日物推移(赤:月平均、桃:誘導目標)

日本銀行の無担保コール翌日物の誘導目標の推移。

2016年1月29日にマイナス金利付き量的・質的金融緩和(マイナス金利政策)が導入され[4]、無担保コール翌日物の金利はマイナス金利となった[3]

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集