無線方向探知機(むせんほういそくていき、英語: radio direction finder, RDF)とは、無線方位信号所から送られる電波を受信し、電波の来た方向を測定する(方向探知)ための機械。船舶航空機で利用され、無線方向探知機・方探と呼ばれる。2つの無線方位信号所からの方向を測定し、クロス方位法を利用して自地点を割り出すこともできるが、GPSなどと比べると精度が悪いため、船舶では現在利用されていない。

アメリア・イアハートロッキードモデル10エレクトラ、コックピットの上に円形のRDFアンテナが見える
KODEN製 無線方位測定機

参考文献編集

  • 鈴木, 治『船舶通信の基礎知識』成山堂書店、2017年、2訂版。ISBN 978-4425400331

関連項目編集

外部リンク編集