メインメニューを開く

無辺流(むへんりゅう)は、盛岡藩で伝えられてきた古武道の流派である。正式名称を「無辺要眼流棒術」という。

棒術長刀術等からなり、諸賞流別伝縄術も共に伝えられている。 現在も岩手県盛岡市で伝承されており、昭和54年(1979年8月1日諸賞流と共に盛岡市指定無形文化財の指定を受けている。

参考文献編集

  • 「日本伝承武芸流派読本」 新人物往来社、172-175項、『無辺流棒術 井上十三夫(十六代師範)』。

関連項目編集