メインメニューを開く

焦 嵩(しょう すう、生没年不詳)は、中国西晋時代の人物。安定郡の出身。

生涯編集

西晋に仕え、長安司馬鄴(後の愍帝)政権の傘下にあった。

やがて安定郡太守に任じられ、軍勢を率いて雍県に駐屯した。また、大都督麹允より四征・四鎮将軍の号を与えられたという。

316年7月、の中山王劉曜の侵攻により関中が大いに乱れると、麹允は焦嵩に援軍を求めた。しかし、焦嵩は元から麹允を軽視していたので「麹允が困迫するのを待ってから、まさにこれを救わん」と言い、すぐに救援に向かわなかった。

8月、劉曜が長安に逼迫すると、焦嵩は新平郡太守竺恢弘農郡太守宋哲と共に兵を率いて長安に向かったが、晋軍は劉曜を恐れて進軍を止めてしまった。11月、長安は失陥し、西晋は滅んだ。

318年3月、討虜将軍陳安と共に挙兵し、上邽相国司馬保を攻撃した。司馬保は使者を送って涼州刺史張寔に救援を求め、張寔は金城郡太守竇濤に歩騎2万を与えて天水新陽に駐軍させた。その後、陳安は前趙に帰順しているが、焦嵩の動向は不明である。時期は不明だが、劉曜から侵攻を受けて焦嵩は滅ぼされたという。

参考文献編集