メインメニューを開く
ソース焼きそば
ソース焼きそば
屋台で販売される様子
屋台で販売される様子

焼きそば(やきそば)とは、料理の一種。蒸した(あるいは茹でた)中華麺を、豚肉等の肉類、キャベツ人参玉ねぎもやし等の野菜類といった具とともに炒めて作る。日本ではウスターソースを使用したソース焼きそばが普及している。最近では塩焼きそばというのも徐々に普及してきている。[1]

目次

概要編集

日本における焼きそばは家庭料理飲食店のメニューとして一般的である。さらに屋外であっても鉄板一枚あれば調理可能なことや調理手順が簡単な事から、縁日露店、学園祭などイベントの模擬店売店、スナックコーナーなど様々な場所で売られている。また、地域おこしのためのご当地グルメにもされている(「#ご当地焼きそば」参照)[2]。常温または電子レンジによる再加熱で、すぐ食べられる調理済み焼きそばが、スーパーマーケットコンビニエンスストアの惣菜・弁当コーナーで広く販売されている。

『にっぽん洋食物語大全』(小菅桂子著)には「ソース焼きそばを浅草焼きそばと呼ぶ人もいる」と書かれており、昭和10年代(1935年 - 1944年)の浅草でソース焼きそばが名物とされていたことが記されている[3]大正昭和初期に流行したどんどん焼き屋台でも焼きそばは販売されており、少なくとも東京などの都市部においては戦前から一般的な軽食として定着していたことがわかる。既製の中華麺が流通するようになった昭和30年頃からは家庭料理としても作られるようになり、またお好み焼きもんじゃ焼きなどと並ぶ子供のおやつとして駄菓子屋などでも提供されていた[4]

1963年(昭和38年)には日清食品がインスタント袋麺日清焼そば」を発売し、ヒット商品となって広まった[5]。日清食品は「世界初のインスタント焼きそば」としている[6]。その後、1975年(昭和50年)に東洋水産がチルド麺「焼そば3人前」を発売、同じ頃に「焼きそばソース」も市販されるようになった[2]カップ焼きそば1974年(昭和49年)に誕生し、1976年には「日清焼そばU.F.O.」が発売され大ヒットとなった。

材料編集

焼きそば用に販売されている麺は、中華麺を蒸した上、ほぐしやすいように処理がされているものが多い。近畿圏では油処理なしの茹で麺もよく用いられる。大手メーカーから家庭向けに販売されている商品は、個別包装された2~3食分の蒸し中華麺に粉末、あるいは液体の濃縮調味料を添付して1パックとされているのが標準的である。

味付けにはウスターソース醤油胡椒オイスターソーストマトケチャップなどが用いられる。焼きそば用に味や濃度が調整された「焼きそばソース」も各メーカーから市販されている。ウスターソースの代わりに、食塩が入った出汁などを使う場合は「塩焼きそば」[7]、醤油ベースの味付けなら「醤油焼きそば」[8]と呼ぶこともある。

具材は、豚肉などの肉類、キャベツ人参玉ねぎもやしピーマンなどの野菜類が多く使われるが、イカなどの魚介類、天かす目玉焼き錦糸卵タケノコ[9]等を使用する場合もある。盛り付けの際に青のり海苔削り節を振り掛けたり、刻んだ紅しょうがを添えたりする。マヨネーズ七味唐辛子などをかける場合もある。

類似の料理編集

 
五目焼きそば

中華料理の炒麺も、日本では一般に焼きそばと呼称される。日本の焼きそばによく似た「上海炒麺」がある。このほか、炒めた麺の上に、調理した海老人参椎茸などの具を水溶き片栗粉などでとろみをつけて合わせたを掛けたものは「五目あんかけ焼そば」あるいは単に「五目焼きそば」「あんかけ焼きそば」と呼ばれる。この餡は中華丼の具や八宝菜に類似する。

また、油で揚げてパリパリにした麺の上に餡を掛けたものは「堅焼きそば」(あるいは「あげそば」「バリそば」)と呼ぶ。これから派生した料理として長崎市皿うどんがある。

兵庫県神戸市周辺では、中華料理店の炒麺は「焼きそば」、お好み焼き屋などで供されるソース焼きそばは「そば焼き」と呼んで区別される。

このほか飲食店がメニューとして出したり、調味料会社などがレシピを提供したりしている多様な焼きそば風料理が存在する。中華麺を使わず、スパゲティの麺にケチャップ[10]蕎麦めんつゆ[11]などをベースとする調味料で味付けした料理を「焼きそば」と称することもある。

このほか、タイ料理パッタイを「タイ風焼きそば」と呼ぶ[12]など、外国の似た料理の説明に「焼きそば」という言葉が使われることもある。

インスタント食品編集

インスタント食品としての焼きそばは、油揚げされた麺を湯で戻し、付属のソースで味付けをする。なお、この油揚げされた麺というのは、固焼きそばのそれとは違い、インスタントラーメンに多い即席油揚げ麺の事であり、乾燥保存と麺の中に微細な空洞を作って戻しやすくすることを目的として揚げたものである。味付けはソース焼きそばがほとんどであるが、塩焼きそば、カレー焼きそば、オイスターソースを用いた上海焼きそばインドネシア風のミーゴレンなどのバリエーションも存在する。あんかけソースの付属した中華風焼きそば(揚げ麺や固焼きそば)に類するものも少数見られる。

インスタント焼きそばにはカップ麺カップ焼きそば)と袋麺があるが、付属の専用容器で調理を行うカップ式の物に比べ、袋麺は種類も流通量も非常に少ない。これは前者がお湯で戻した物にソースを混ぜるだけ[注釈 1]で食べられるのに対し、後者は茹でた麺を炒める必要があるためで、カップ焼きそばが登場した1970年代後半を境に完全に主流が切り替わった。このため袋麺は1960年代から仕様が変わっていないものがほとんどで、カップ式の大半が液体ソースであるのに対し、袋麺には昔ながらの粉末タイプのものが多い。

冷凍食品も販売されており、「五目あんかけ焼きそば」や「ご当地焼きそば」も存在する。

ご当地焼きそば編集

日本各地のご当地焼きそばは各種あり、地域おこしを兼ねて地域の名称が付けられている料理が多い[2]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本全国のご当地焼きそば

北海道・東北地方編集

関東地方編集

中部地方編集

近畿地方編集

中国・四国・九州地方編集

ブラジル編集

他の料理との融合編集

  • 焼きそばをコッペパンにはさんだものを「焼きそばパン」という。
  • 焼きそばと同様の調理法で、麺にうどんを用いたものは「焼きうどん」、ビーフンを用いたものは「焼きビーフン」と呼ばれる。
  • モダン焼きなどお好み焼きの具として使うことがある[19]
  • 焼きそばを薄焼き卵オムライス状に包んだものは「オムそば」「オム巻き」などと呼ばれる。
  • 変わり種中華まんの一つとして、焼きそばを具に用いた「焼きそばまん」がある。
  • 大阪など近畿地方名古屋など東海地方静岡県を除く)には、焼きそばをおかずにご飯と味噌汁のついた「焼きそば定食」が存在する。焼きそばとご飯が同じ皿に盛りつけてある場合には、「焼きそばライス」とも呼ばれる。
  • 神戸市には、「そばめし」という細かく刻んだ焼きそばを白ご飯と混ぜてソースで炒めた料理がある。
  • 福井市には、日本蕎麦を使用した焼きそばにソースカツを組み合わせた「ソースカツ焼き蕎麦」という料理を提供する店がある。
  • 沖縄県では、もっぱら沖縄そば用の太い中華麺が用いられる。味付けにトマトケチャップが用いられることも多い。
  • スパゲッティを用いた焼きそばを提供する店もある。1960~1970年代には「日清スパゲニー」「ハウスそばゲッティ」などケチャップ味の即席焼きそばも販売されていた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ したがって、厳密には「焼き」そばではない

出典編集

  1. ^ 澁川 2017, p. 259.
  2. ^ a b c 澁川 2017, p. 268.
  3. ^ 澁川 2017, pp. 266-267.
  4. ^ 合資会社荒川製麺. “やきそばの歴史”. 2014年5月9日閲覧。
  5. ^ 澁川 2017, pp. 267-268.
  6. ^ 発売53年目にして誕生! 世界初のインスタント焼そば「日清焼そば」のブランドキャラクター「ロボットコンロ チリチリ」日清食品・お知らせ(2016年6月27日)2018年2月4日閲覧
  7. ^ 塩焼きそば創味食品ホームページ(2018年2月4日閲覧)
  8. ^ 焼きそば(醤油)餃子の王将(2018年2月4日閲覧)
  9. ^ シャッキリ焼きそばオタフクソース(2018年2月4日閲覧)
  10. ^ 目玉焼きのっけ!ナポリタン焼そばキッコーマン(2018年2月4日閲覧)
  11. ^ 和蕎麦のパリっと焼きそばキッコーマン(2018年2月4日閲覧)
  12. ^ タイ風焼そば-パッタイ-ケンミン食品(2018年2月4日閲覧)
  13. ^ カリーナ”. 新潟・食品名産図鑑 (2015年). 2017年7月28日閲覧。
  14. ^ ござれやきそば”. 新潟・食品名産図鑑 (2015年). 2017年7月28日閲覧。
  15. ^ ご当地グルメ「信州つけ焼そば」誕生 長野で特産キノコふんだんに使い産経新聞2017年12月5日(2018年3月12日閲覧)
  16. ^ ほりほりの姫路ガイド
  17. ^ ㈱八角 - うまいもん横丁のちゃんぽん焼きが「関ジャニ∞横山君が選ぶ最も食べたいご当地うどん」に。
  18. ^ スザノから全伯に広がる=ヤキソバ発祥の地の誇り=製麺所と文協がタイアップ”. ニッケイ新聞 (2017年6月13日). 2018年8月31日閲覧。
  19. ^ オタフクソース. “お料理レシピ 広島お好み焼き”. 2014年5月9日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集