焼死

焼死(しょうし)とは事故火事などで焼け死ぬことをいう。広義には、一酸化炭素中毒等によって窒息死したのち死体が焼けてしまうことも焼死といわれる。

概要編集

建物火災、車両火災などでは、密室のため有毒ガスが蔓延し、炎が人体を損傷させる前に意識を失わせることが一般的なため、焼死の死因は有毒ガスによる有害作用であることが多く、焼損が直接の死因であることはフラッシュオーバーなどによる急激な爆発を伴わない限りあまり無い。事実、焼死とは有毒ガスによる有害作用による死ということが定義とされている。また、衣類に直接引火した場合でも、火傷は負うものの命は助かることが多い。

自殺の手段としても用いられることがあるがその苦痛は他の手段に比べ圧倒的に苦しいものとされている。そのため、自殺の手段として焼死を選ぶということはそれだけで強力な意志があったことを他者に伝えることとなり、後世に名前が残ることすらある。

同様に焼殺も残忍な殺害方法とされ、近年の事件では、永山基準にかかわらず、被告はほぼ死刑となっている。

著名な焼死者編集

関連項目編集