メインメニューを開く

照る日くもる日』(てるひくもるひ)は、大佛次郎による日本小説、または同作を原作とした1926年(大正15年)製作・公開、3社競作の日本の長篇劇映画、および1940年(昭和15年)、1954年(昭和29年)、1960年(昭和35年)の日本のリメイク映画である。小説の初出は『大阪朝日新聞』での1926年(大正15年) - 1927年(昭和2年)での連載であり、大佛次郎にとって初の新聞小説であった。

略歴・概要編集

1926年(大正15年)、『大阪朝日新聞』での連載を開始し、小田富弥が挿絵を描いた。同作には映画化が殺到し、同年中に、マキノ・プロダクション衣笠貞之助衣笠映画聯盟(配給松竹キネマ)、日活大将軍撮影所(配給日活)の3社が競作することになった。もっとも早く公開されたのがマキノ版で、同年11月7日、松竹版が同年11月11日、日活版が同年11月15日の公開であった。

マキノ版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

  • 若松文男 - 細木新之丞 (第一篇・第二篇)
  • 大谷友三郎 - 伜年尾 (細木年尾、全篇出演、第三篇・第四篇主演)

松竹版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

第一篇
第二篇

日活版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1940年版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1954年版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

ビデオソフト編集

  • 1980年頃、東宝ビデオから前篇・後篇に分かれた全2巻のビデオソフト(VHSβU規格)が、各5万円(U規格は5万5000円)で発売された[1]。1981年11月にはVHSとβが2巻セット価格3万8000円に値下げされた[2]
  • 1990年代にキネマ倶楽部から前篇・後篇に分かれた全2巻のVHSが発売された。

1960年版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館[3]蔵書。

編集

  1. ^ 「1981年東宝ビデオ総合カタログ」1981年、東宝株式会社、p15
  2. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号、p80、p156
  3. ^ OPAC NDL国立国会図書館、2009年11月17日閲覧。

外部リンク編集

マキノ版
松竹版
日活版
1940年版
1954年版
1960年版