照ヶ嶽 光右エ門(てるがたけ こうえもん、文政11年(1828年) - 明治6年(1873年5月13日)は、下総国葛飾郡(現在の千葉県船橋市)出身で、宮城野部屋追手風部屋雷部屋追手風部屋に所属した江戸時代大相撲力士。本名は、海津八五郎(途中で金子為右衛門と改名)。最高位は東前頭2枚目。幕内通算成績は12場所 27勝27敗3分4預57休。

関連項目編集