メインメニューを開く
日本 > 沖縄県 > 糸満市 > 照屋 (糸満市)

照屋(てるや)は沖縄県糸満市の地名。郵便番号901-0315。

地理編集

糸満市内に位置し、糸満新屋敷区)、真栄里国吉大里(かつて南山城が置かれたところで高嶺村の中心地、南城市の大里とは別)、座波(かつての兼城村の中心地)、兼城と隣接する。県都那覇市へのバス路線も通ることから、糸満市街のみならず那覇市のベッドタウンとして県道沿いには古くからの集落に加え、新たに住宅を建っているものの、半分以上はサトウキビ畑の農村地帯である。最近は道路網の整備も進んでおり、市の中心部を避けて当地区内を通過する観光バスや一般車両も多くなった。

歴史編集

1961年に合併するまで兼城村に属し、村内ではもっとも南に位置していた。隣の糸満新屋敷区には小中高校4校(糸満小学校・糸満南小学校2011年潮崎町へ移転)・糸満中学校糸満高校)が当地域との境界線近くにあったが、合併するまで小中学校は当時の糸満町(現在の字糸満)を校区としていたため兼城村だった当地域は遠いところでは2km先の座波にある兼城小学校や兼城中学校に通学しなければならず、合併後にようやく字糸満の小中学校に通学することができた(現在は大里に近いところでは高嶺小学校や高嶺中学校に通学する)。そういう地理的なつながりで合併後は兼城地域よりも糸満地域とのつながりが大きくなった。

交通編集

道路編集

バス編集

照屋・照屋入口・高嶺入口の3ヶ所のバス停があり、以下の路線が3ヶ所とも停車する(ただし高嶺入口は那覇方面と市南部の高嶺三和方面とでは停車するところが違うので注意が必要)。

  • 33番・糸満西原(末吉)線(那覇バス
  • 34番・糸満(東風平)線(沖縄バス
  • 35番・糸満(志多伯)線(沖縄バス)
  • 36番・糸満~新里線(沖縄バス)
  • 46番・糸満西原(鳥堀)線(那覇バス)
  • 81番・西崎向陽高校線(琉球バス交通
  • 85番&86番・国吉線(琉球バス交通) 85番は国吉方面、86番は糸満ロータリー方面
  • 107番&108番・南部循環線(琉球バス交通) 107番は市内各地方面、108番は糸満ロータリー方面
  • 200番・糸満おもろまち線(沖縄バス)
  • 235番・志多伯おもろまち線(沖縄バス)
  • 334番・国立劇場おきなわ線(沖縄バス)

施設編集

外部リンク編集