メインメニューを開く

蕭皇后(しょうこうごう、566年 - 648年)は、煬帝皇后後梁の明帝蕭巋の娘。は愍で、夫の諡と合わせて煬愍皇后(ようびんこうごう)と呼ばれる。

蕭皇后
の皇后
在位 604年 - 618年

別称 煬愍皇后
出生 566年2月
死去 648年
配偶者 煬帝
子女 楊昭
楊暕
父親 明帝蕭巋
母親 張氏
テンプレートを表示

経歴編集

江南の風俗では、2月に生まれた子は取り上げないと言われていて、蕭氏はその2月に生まれたために、叔父の蕭岌に養われた。まもなく蕭岌夫妻がともに亡くなったため、母方の叔父の張軻の家で養われた。張軻の家は寒貧であったため、蕭氏は自ら労苦を重ねた。隋の文帝楊堅は次男の晋王楊広(のちの煬帝)のために後梁から妃を選ぼうとしたが、占ったところ後梁の公主たちはみな不吉と出た。そこで蕭巋が蕭氏を張軻のもとから迎えて占わせると、ようやく吉と出たので、蕭氏を晋王妃としてとつがせた。二人の間に元徳太子楊昭と斉王楊暕を儲けた。

蕭氏は学問を好み、文章を作り、占いに詳しく、夫の楊広(煬帝)と似ている部分が少なくなかった。煬帝が即位すると、皇后に立てられた。煬帝が遊幸におもむくたびに、皇后は必ずつき従った。煬帝の失政がひどくなると、皇后は「述志賦」を作って諫めた。618年大業14年)、宇文化及が煬帝を殺害すると、皇后は宇文化及の軍に従って柳城に入った。宇文化及が敗死すると、皇后は孫の楊政道(楊暕の遺腹の子)とともに竇建徳の手に落ちた。突厥処羅可汗が皇后を迎えるべく洺州に使者を送ってくると、竇建徳は突厥に送りとどけた。630年貞観4年)、突厥がの北伐軍に敗れると、皇后は長安に入った。648年(貞観22年)、満82歳で死去した。太宗によって煬帝と共に合葬され、愍皇后と諡された。当時としてはかなりの高齢での死であった。

伝記資料編集