熊取町立中央小学校

大阪府熊取町にある小学校

熊取町立中央小学校(くまとりちょうりつ ちゅうおうしょうがっこう)は、大阪府泉南郡熊取町にある公立小学校

熊取町立中央小学校
熊取町立中央小学校
過去の名称 泉南郡熊取尋常高等小学校
泉南郡熊取国民学校
熊取村立小学校
熊取町立小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 泉南郡熊取町
併合学校 泉南郡熊取東尋常小学校
泉南郡熊取西尋常小学校
泉南郡熊取七山尋常小学校
泉南郡熊取高等小学校
設立年月日 1908年4月1日
共学・別学 男女共学
所在地 590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田2-2-1
北緯34度24分0.9秒 東経135度21分21.5秒 / 北緯34.400250度 東経135.355972度 / 34.400250; 135.355972
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

熊取町で最も古い学校で、周囲は役場・公民館・図書館など公共施設が多い。

沿革編集

現在の熊取町の地域には明治時代、熊取東尋常小学校(1873年創立)・熊取西尋常小学校(1875年創立)・熊取七山尋常小学校(1880年創立)・熊取高等小学校の4校が開校した。

当時の泉南郡熊取村は1908年4月1日付で4校を合併し、村全域を校区とする泉南郡熊取尋常高等小学校を設置した。2年後の1911年5月11日には、現在地の新校舎へと移転統合している。

その後泉南郡熊取国民学校(1941年4月1日改称)・熊取村立小学校(1947年4月1日改称)を経て、熊取町の町制施行により1951年11月3日に熊取町立小学校へと改称した。

長らく熊取町全域を校区としていたが、1960年代後半頃から町の宅地化が進み、それに伴い児童数の増加傾向が目立つようになった。このため1975年4月1日に従来の校区を分割して、熊取町立西小学校熊取町立南小学校の2校が同時に開校した。これに伴い従来の熊取町立小学校は現在の校名・熊取町立中央小学校への改称をおこなっている。

通学区域編集

  • 熊取町 野田、紺屋、五門、翠松苑、山の手台、大原、桜が丘、新野田
卒業生は熊取町立熊取中学校へ進学する(大原、桜が丘、新野田は熊取町立熊取北中学校へ)。

交通編集

参考文献編集

  • 熊取町教育委員会『熊取の歴史』、1986年。

関連項目編集