メインメニューを開く

熊本バス熊本中央営業所(くまもとバスくまもとちゅうおうえいぎょうしょ)は、熊本バスバス営業所の一つ。同一敷地内に熊本バスの本社も併設され、当社の中では一番広い車庫(中の瀬車庫)と自社整備工場を併せ持ち、まさに当社の本拠地という役割を担う。

熊本バス中央営業所

目次

概要編集

  • 所在地:熊本県熊本市東区画図町重富600番地
  • 最寄り(併設)バス停:中の瀬車庫(略称「中車庫」)

担当路線編集

田迎経由郊外方面(一部路線を担当)編集

2015年(平成27年)10月改正
  • 南14 直行線(馬見原線)
熊本駅 - 河原町電停 - 交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 御船町恐竜博物館前 - 玉虫 - 矢部(浜町) - 通潤橋・通潤山荘
※矢部(浜町) - 大野幣立宮前経由馬見原方面は浜町にて乗り継ぎ
  • 南15 甲佐線(田迎・御船経由)
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 御船町恐竜博物館前 - 甲佐
※南14・15は2012年12月11日より経路変更し「御船(営業所跡)」・「御船四ツ角」を廃止し、スポーツセンター、御船町恐竜博物館前経由となった[1]
  • 南18 城南線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南総合出張所 - 城南 - 東木原 - 宇土駅(宇土駅東口)
  • 南19 城南(松橋)線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南総合出張所 - 城南 - 東阿高 - 松橋駅
  • 南20 城南(鰐瀬)線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南総合出張所 - 城南 - 鰐瀬 - 志導寺
  • 南20 城南(下安見)線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南総合出張所 - 城南 - 鰐瀬 - 下安見 - 豊野役場前 - 上郷 - 段鶴
  • 南21 辺場線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 辺場 - 甲佐 - 寒野 - 砥用中央 - 霊台橋 - 内大臣入口 - 矢部(浜町)
  • 南23 乙女線
交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南病院前 - 乙女小学校前 - 甲佐

熊本市内線(南部)編集

  • 川12 川尻線[2]
交通センター - 日銀前 - 世安町 - 熊日前市道) - 白藤東原 - 川尻駅前 - 川尻町(旧・国道3号線) - 緑川橋 - 南区役所
  • 南2 御幸木部線[3]
交通センター - 下通筋 - 大学病院前 - 春の本 - 南熊本駅(構内) - 出仲間 - 笛田神社前 - 御幸木部
  • 南9 市内線(九品寺経由)[4]
交通センター - 通町筋 - 水道町 - 尚絅校前 - 建設会館前 - 九品寺6丁目 - ワンダーシティ前 - 熊本中央病院 - 浜線健康パーク - 中の瀬車庫 - 鯰(浜線バイパス) - クレア
  • 南11 流通団地線・御幸病院系統(南熊本非経由
交通センター - 本荘町 - 琴平神社 - 平成町 - 流通団地 - 済生会病院 - 西無田入口 - 御幸病院

熊本市内線(東部)編集

交通センター - 通町筋 - 水前寺公園前 - 画図道 - 江津県営アパート前 - 江津団地 - 江津県営アパート前(往復) - 画図橋 - 烏ヶ江 - クレア
  • 東9 江津セイラタウン線
交通センター - 通町筋 - 水前寺公園前 - 画図道 - 湧心館高校前 - セイラタウン - 烏ヶ江 - 中の瀬車庫
  • 東11 健軍線(秋津レークタウン・クレア・城南便)
交通センター - 通町筋 - 水前寺公園前 - 県庁前 - 神水町 - 健軍電停前 - 東区役所 - 秋津レークタウン - 嘉島町役場前 - クレア - 杉上今 - 城南総合出張所 - 城南
  • 県26 画図線[6]
交通センター - 通町筋 - 水前寺公園前 - 県庁前 - 神水町 - 市民病院前 - 画図橋 - 中の瀬・東 - クレア

その他編集

西部車庫(産交バス) - 新土河原町 - 島団地 - 下近見(島団地 - 市道 - 東バイパスの3ヶ所) - 済生会病院 - 田迎一里木(西部車庫行きのみ) - 田迎(東バイパス・長嶺団地行きのみ) - 熊本中央病院 - 市民病院前 - 県会議事堂前 - 帯山 - 三郎 - 日赤病院構内(長嶺団地行きのみ) - 日赤病院前 - 長嶺団地
※東バイパスライナーは産交バス熊本都市バスと熊本バスの3社共同体制で平日に運行している(2017年3月までは電鉄バスも運行)。

廃止路線編集

2015年(平成27年)10月改正時
  • 南14 直行線
熊本 - 馬見原間の直通運転を取り止め(浜町で乗り継ぎ)
※ 菅尾経由は廃止、大野経由馬見原行きのみ運行
  • 南15 甲佐砥用線(田迎・御船経由)
御船経由甲佐 - 寒野 - 砥用学校前[7]区間の直通運行を取り止め
  • 南17 城南(城南バイパス)線
南18系統に一本化し、城南バイパス経由便を廃止
  • 南7 浜線バイパス線
交通センター - 本荘町 - ワンダーシティー前 - 出仲間(浜線バイパス) - 中の瀬・北(浜線バイパス) - 中の瀬車庫
  • 南10 田迎・市内線(田迎・九品寺経由)[8][4]
交通センター - 通町筋 - 水道町 - 尚絅校前 - 建設会館前 - 九品寺6丁目 - 南熊本 - 田迎 - 中の瀬車庫
  • 南12[→済生会から「県31」]流通団地線・県庁環状系統(南熊本非経由
交通センター → 本荘町 → 琴平神社 → 平成町 → 流通団地 → 済生会病院 → 西無田(東バイパス) → 熊本中央病院 → 市民病院前 → 北窪 → 県庁水前寺公園前 → 通町筋 → 交通センター、環状線運行を取り止め
  • 南13・南24 流通団地線・御幸病院系統(南熊本経由)
交通センター - 本荘町 - 南熊本 - 田迎一里木 - 流通団地 - 済生会病院 - 西無田入口 - 御幸病院、南11系統に一本化
  • 東11 健軍線(平成音楽大経由便)
熊本駅 - 交通センター - 通町筋 - 水前寺公園前 - 県庁 - 神水町 - 健軍電停前 - 秋津レークタウン - 六嘉 - 平成音楽大学 - 御船 - 玉虫(車庫)
※ 熊本駅 - 交通センター間および平成音楽大学、玉虫乗り入れを廃止

ゆうゆうバス(区バス)編集

  • ゆうゆうバス(区バス)」<熊本都市バスからの運行委託> 東区の運行を担当
    • セイラタウン・桜木ルート(往復運行)
      • 江津団地 - セイラタウン北 - 広木公園前 - 健軍電停前 - 東区役所 - 桜木東小学校前 - 沼山津 - 小楠記念館入口
    • 中の瀬・桜木ルート(往復運行)
      • 中の瀬車庫 - 画図パークタウン - 画図小学校入口 - 広木公園前 - 健軍電停前 - 東区役所 - 桜木東小学校前 - 沼山津 - 小楠記念館入口
※ゆうゆうバス(区バス)の運行車両は全て熊本都市バスの所有だが、運行業務は当社・当営業所の乗務員が担当した。
2015年3月31日を以って運行中止。

貸切バス編集

  • 貸切車も配置されており、一般の貸切バス事業のほか、乙女小学校のスクールバスも運行している。

脚注・出典編集

  1. ^ 12月11日~のルート変更のお知らせ(上益城郡御船町) - 熊本バス 2012年12月
  2. ^ 2005年熊本市交通局が市営バス・川尻(市道)線撤退のため増便。
  3. ^ 2007年熊本市交通局から譲渡。
  4. ^ a b 2012年4月1日より運行経路を変更、銀座橋(国道3号線)経由から大甲橋電車通り)経由となった。これに伴い、水道町(3号線側)・消防会館前・九品寺1丁目には停車しなくなり、水道町(電車通り側)・九品寺交差点尚絅校前に停車するようになった。ただし九品寺交差点停留所は、交通センター方面のみ停車し、中の瀬車庫行き・クレア行きは停車しない。また西原公園前停留所は「西原公園・九品寺三丁目」に、南熊本停留所は「ワンダーシティ前」に停留所名を変更した。
  5. ^ 2008年熊本市交通局から譲渡。
  6. ^ a b 市交通局時代は「画図線」だったが県庁経由江津湖畔を運行する路線名と被るために名称変更。
  7. ^ 「砥用学校前」は美里町立砥用小学校を指している。
  8. ^ この系統の方向幕は白ふち以外、ピンクで表記 。

関連項目編集