メインメニューを開く

熊本バス甲佐営業所(くまもとバスこうさえいぎょうしょ)は、熊本バスバス営業所の一つ。

概要編集

担当路線編集

運行路線編集

  • M3-1 「甲佐砥用線(田迎経由)」 桜町BT - 中の瀬車庫 - イオンモール - 御船町恐竜博物館前 - 甲佐営業所[1]
  • M4-1,2,3「辺場線」 桜町BT - 中の瀬車庫 - イオンモール - 辺場 - 甲佐営業所 - 寒野 - 砥用中央 - 霊台橋 - 内大臣入口 - 矢部(浜町)[2]
    • 平日始発1便のみ甲佐始発着循環便(M4-1甲佐 → 桜町BT(ここからK2-4)→ 通町筋 → 県庁 → 秋津レークタウン 御船 → 甲佐)が設定されている。
  • M5-1 「乙女線」 桜町BT - 中の瀬車庫 - イオンモール - 杉上今 - 城南病院前 - 乙女小学校前 - 甲佐営業所
  • K2-4,5「健軍線(甲佐砥用線経由便)」 桜町BT - 通町筋 - 水前寺公園前 - 県庁 - 神水町 - 健軍電停前 - 秋津レークタウン - 六嘉 - 御船町恐竜博物館前 - 塔の木 - 甲佐営業所 - 寒野 - 砥用・学校前(美里町立砥用小学校)[3]
  • K1-4「画図線」 桜町BT - 通町筋 - 水前寺公園前 - 県庁前 - 画図橋 - イオンモール - 辺場 - 塔の木 - 甲佐営業所
    M4とK2の御船(営業所跡)と御船四ツ角停留所は2012年12月11日から経路変更で廃止となり、スポーツセンターや御船町恐竜博物館経由のルートとなった[4]

廃止路線編集

  • 南23「乙女・小市野線」(交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 杉上今 - 城南病院前 - 乙女小学校前 - )甲佐営業所 - 緑町 - 岩下 - こんぴら入口 - 神園 - 小市野 - 白石野
  • 無系統「小市野線」甲佐営業所 - 緑町 - 岩下 - こんぴら入口 - 神園 - 小市野(往路) - 白石野 - 小市野(復路) - 鶴場
  • 南22「氷川ダム線」 (交通センター - 中の瀬車庫 - クレア - 辺場 - )甲佐営業所 - 緑町 - 岩下 - こんぴら入口 - 佐俣宮前 - 鶴場 - 日本一石段 - 氷川ダム
    • 上記の路線は「甲佐営業所」以南の旧・中央町(現・美里町)区間を2009年3月31日に廃止、翌4月1日に美里町が麻生交通に運行を委託し、熊本バス甲佐営業所発着にて「小市野線」「氷川ダム線」を再開
  • 南21 「辺場線(急行)[5]」砥用学校前(美里町立砥用小学校) → 甲佐営業所 → 辺場(※辺場までは各停) → 鯰(浜線バイパス) → 出仲間(浜線バイパス) → 本荘町 → 交通センター
    • 2015年10月、急行便廃止し一般路線化。
  • 東11「健軍線(甲佐発熊商前経由便)」 甲佐営業所 → 塔の木 → 御船町恐竜博物館前 → 六嘉 → 秋津レークタウン → 健軍電停前 → 神水町 → 熊商前 → 水前寺公園前 → 通町筋 → 交通センター
    • 2015年10月、神水町 - 熊商前 - 水前寺公園前区間の運行取り止め
  •  無系統「万坂線」甲佐営業所 ← (寒野バイパス経由) ← 砥用中央 ← 万坂(バイパス経由) ← 藤木入口 ← 自動車練習場 ← 矢部(浜町)
    • 万坂・寒野両バイパス経由便の運行取り止め

脚注・出典編集

  1. ^ M3-1 甲佐砥用線(田迎経由)は2015年10月から甲佐営業所 - 寒野 - 砥用学校前(美里町立砥用小学校)間の運行を取り止め。
  2. ^ M4-1は甲佐営業所行き、M4-2は砥用・学校前行き、M4-3は矢部(浜町)行き。この他に平日6時台にM4-3の区間便(系統番号なし)として甲佐営業所発浜町・矢部高校経由畑行きが2本設定されている。
  3. ^ K2-4は甲佐営業所行き、K2-5は砥用・学校前行き。
  4. ^ 12月11日~のルート変更のお知らせ(上益城郡御船町) - 熊本バス 2012年12月
  5. ^ 辺場線(急行)便は1本/日の片道運行のみ。

関連項目編集