メインメニューを開く

熊本市営バス小峯営業所(くまもとしえいバスおみねえいぎょうしょ)はかつて存在した熊本市交通局バス営業所である。2015年3月31日付けで廃止された。

目次

所在地編集

※敷地内に熊本都市バス小峯営業所も併設され、市営バス廃止の2015年3月31日までは車庫も同社と共有していた。
  • 最寄り(併設)バス停は「小峯営業所」。

かつての運行路線編集

複数の系統が掲載されている場合は、左が上り、右が下りであった。ただし、もともと交通センター発着でない系統だが交通センター発着になっているダイヤの場合は、起点のバス停 - 交通センター間を経由せず、下りの系統番号になっていた。

野口健軍線編集

現・秋津健軍線

子飼長嶺線編集

上熊本営業所との共同運行であった。

  • 子4 交通センター - 子飼橋 - 県立劇場 - 熊高正門 - 保田窪入口 - 帯山 - 日赤病院 - 長嶺団地

渡鹿長嶺線編集

2014年4月1日熊本都市バスに移譲 上熊本営業所との共同運行であったが、2011年4月より当営業所の単独運行。

島崎保田窪線編集

味3・6は廃止済み。味1/島1・味2/島2は、2011年3月までは上熊本営業所との共同運行であったが、2011年4月から2012年3月までは当営業所の単独運行であった。2012年4月1日熊本都市バスに移譲。
(方向幕の行先表記は、交通センター・荒尾橋行きは「交通センター・荒尾橋」、長嶺団地行きは「日赤・長嶺」、小峯営業所行きは「日赤・月出」)

帯山線編集

旧・川尻帯山線。県1、県2は2011年3月までは上熊本営業所との共同運行であったが、2011年4月より当営業所の単独運行だった。2012年4月1日熊本都市バスに移譲。
(長嶺団地行きの方向幕の行先表記は「日赤・長嶺」、小峯営業所行きの方向幕の行先表記は「日赤・月出」)。

  • 県1 交通センター - 県庁西門通り - グランド(水前寺運動公園)前 - 帯山 - 日赤病院 - 長嶺団地/小峯営業所
  • 県1/県2 交通センター - 県庁西門通り - グランド(水前寺運動公園)前 - 帯山 - 鉄工団地前 - 日赤病院北口 - 託麻南
  • 県1/県2 交通センター - 県庁西門通り - グランド(水前寺運動公園)前 - 帯山 - 鉄工団地前 - 日赤病院 - 託麻南
  • 県3 交通センター - 県庁西門通り - グランド(水前寺運動公園)前 - 尾ノ上小前 - 自衛隊通り - 新外入口 - 日赤病院 - 長嶺団地

熊本駅県庁線編集

2012年4月1日熊本都市バスに移譲。

熊本駅長嶺線編集

2012年4月1日熊本都市バスに移譲。

なお、鹿3は熊本駅側からのみだが、長嶺団地発として駅6という幕だけは用意してある。使用したことはない。

子飼渡瀬線編集

2010年4月1日熊本都市バスに移譲

  • 子2 交通センター - 子飼橋 - 県立劇場 - 水前寺鳥居前 - 水前寺公園前 - 画図橋 - 烏ヶ江(からすがえ)終点

(画図橋止めの便多し。水前寺鳥居止めは2 - 3本しかなく、烏ヶ江行きもやや少なめである。)

  • 子3 交通センター - 子飼橋 - 県立劇場 - 競輪場前 - 京塚 - 小峯営業所

池田健軍線編集

2011年4月1日熊本都市バスに移譲

  • 京1/県7 NTT研修センター前 - 京町本丁 - 市役所前 - 味噌天神前 - 県庁前 - 熊本市民病院前 - 動植物園前 - 健軍本通り - 若葉校前

昭和町線編集

2011年4月1日熊本都市バスに移譲 上熊本営業所との共同運行。

上熊本線編集

2011年4月1日熊本都市バスに移譲 上1、上4、県11、県12は上熊本営業所との共同運行。

  • 上1・県11 上熊本駅前 - 県立体育館 - 壺井橋 - 市役所前- 県庁前 - 県会議事堂前
  • 上1・県12 上熊本駅前 - 県立体育館 - 壺井橋 - 市役所前 - 県庁前 - 動植物園西口
  • 上4・味4 県会議事堂前/小峯営業所 - 競輪場前 - 水前寺駅前 - 市役所前 - 壺井橋 - 上熊本駅前
  • なお、県会議事堂発はこの方向のみの運行である。

健軍長嶺線(通称ゾーンバス編集

2013年4月熊本都市バスに移譲

秋津健軍線編集

旧・野口健軍線。西2系統は熊本都市バスへ譲渡され、熊本都市バス本山営業所が担当している。2013年4月熊本都市バスに移譲

※以下の二つは健軍長嶺線同様、ゾーンバスと呼ばれている。

  • 健8 若葉校前 - 健軍電停前 - 東町団地 - 新外入口 - 小峯営業所
  • 健9 秋津小楠記念館前 - 健軍電停前 - 東町団地 - 新外入口 - 小峯営業所

東町団地線編集

2013年4月より熊本都市バスに移譲

  • 東3 交通センター - 電車通り - 健軍電停 - 東町団地 - 新外入口 - 小峯営業所(東町団地止めあり)

小峯京塚線編集

熊本市営バスの中で唯一残され廃止前日まで運行された最後の1路線である。2015年4月より熊本都市バスに移譲。

(交通センター発や小峯営業所止めや小峯止め有り。また三山荘行きの一部は東部交流センターを経由する。)

  • 味4/味5 熊本交通センター - 水前寺駅前 - 競輪場前 - 京塚 - 新外 - 小峯営業所 - 東稜高校

(西1/味5の蓮台寺 - 熊本駅前 - 熊本交通センター 経由東稜高校行きはなくなったので、味4/味5の交通センター発着のみになった。)

関連項目編集

外部リンク編集