熊本母娘殺害事件

1985年7月に日本の熊本県で発生した強盗殺人事件

熊本母娘殺害事件(くまもとおやこさつがいじけん)とは、1985年昭和60年)7月24日熊本県上益城郡甲佐町岩下の民家で発生した強盗殺人事件[1]

熊本母娘殺害事件
場所 日本の旗 日本熊本県上益城郡甲佐町岩下(同町中心部商店街の裏通り)[1]
座標
標的 女性A(事件当時63歳・砕石会社「甲佐砕石工業」役員) / 被害者Aの養女である長女B(事件当時22歳・専門学校生)[1]
日付 1985年昭和60年)7月24日
3時ごろ[2] (UTC+9日本標準時))
概要 加害者の男Mは本事件から23年前(1962年)、妻Xとの別れ話のもつれからXの母(義母)乙を殺害して妻Xにも重傷を負わせる事件を起こし、無期懲役刑に処された[2]。しかしその後もXたちを逆恨みし、2度目の仮釈放後にXの親類である女性AからXの居場所を尋ねようとしたが、「知らない」と言われたために激高してAとその養女Bを刺殺し、金品を奪った[2]
攻撃側人数 1人
武器 刺身包丁(刃渡り約20 cm[3]
死亡者 2人
損害 現金686,000円など[2]
犯人 男M(本事件当時55歳・被害者Aの親類 / 事件当時は無期懲役刑の仮釈放中)
動機 「元妻Xの一族が自分を一方的に悪者扱いしてXと別れさせ、自分を殺人犯にさせて服役させた」とする逆恨み[4]
対処 逮捕・起訴
謝罪 なし
刑事訴訟 死刑執行済み
管轄 熊本県警察(捜査本部 - 県警本部捜査一課・御船警察署[5]
テンプレートを表示

加害者の男M(本事件当時55歳)は事件23年前の1962年(昭和37年)に殺人事件を起こして無期懲役に処された前科があり、同刑の仮釈放中に砕石会社役員の女性A(事件当時63歳)とその養女だった専門学校生女性B(事件当時22歳)を刺殺した[1]。被害者Aは加害者Mの元妻X(離婚)にとって養父の実弟(Xの叔父)の妻に当たる人物で[6]、Mは「元妻Xの一族が自分を一方的に悪者扱いし、自分を殺人犯にした」と筋違いな逆恨み[4]を抱いた末に本犯行(お礼参り)に及んだ。

元死刑囚M編集

本事件の加害者である死刑囚M・T(本事件当時55歳、以下は姓のイニシャルに基づき「M」と表記)は1930年(昭和5年)4月10日に熊本県飽託郡天明町海路口(現:熊本県熊本市南区海路口町)にて漁師の家に三男として生まれ[7]1999年平成11年)9月10日法務省法務大臣陣内孝雄)が発した死刑執行命令により収監先・福岡拘置所死刑を執行された(69歳没)[8][9][10]

Mが出生した当時の天明町はかなり気性の荒い土地柄の漁師町で、父親は地元で魚介類漁・海苔漁を行っていたが、Mが2歳だった時に漁師同士の些細な喧嘩で相手に千枚通しで刺され死亡した[7]。Mの母親は父親(夫)の死後に別の男性と結婚し、Mと次男(Mの次兄)を残して家を出た[注 1]ため[12]、Mら遺された子供2人はまず父方の祖父母宅に引き取られたが、Mが10歳だった時に祖母が他界したため、さらに父方の叔母(父親の妹)夫妻に引き取られた[11]。叔母夫妻は比較的裕福な家庭で子宝に恵まれなかったこともあり、兄弟に愛情を注いで育てたが、Mは地元の銭塘尋常高等小学校高等科(現:熊本市立銭塘小学校)をわずか1年で中退すると、終戦直前の1945年(昭和20年)5月10日(当時15歳)には傷害事件を起こして逮捕され、同事件で高森簡易裁判所(熊本県阿蘇郡高森町)から罰金1,000円を科された[11]。Mはその後も前科7犯を重ね、同年12月7日には三重県内で傷害・横領事件を起こし、津地方裁判所にて懲役6月の実刑判決を受けた[11]。成年後のMは家を飛び出して定職にも就かず日本全国の工事現場を転々とする生活を送るようになったが、福岡県兵庫県三重県愛知県と就労した行く先々の飯場で傷害沙汰を繰り返し、刑務所で服役しては出所後に再犯して刑務所に逆戻りするような生活へ転落していった[11]

最初の殺人事件発生まで編集

Mの結婚・妻Xへの暴力編集

Mの元妻Xは日本統治時代満州国で兄弟姉妹8人(男女各4人ずつ)の長女として生まれ、終戦後に両親とともに日本へ引き揚げたが、大家族で引き揚げ者でもあったために一家の生活が苦しくなり、熊本市内でミシンの販売業を営んでいた母方の伯父・甲(実母・乙の実兄 / 被害者Aの義兄〈Aの夫の実兄〉)[注 2]とその妻夫婦の許へ預けられ、養父である甲の家業を手伝いながら育った[14]

1958年(昭和33年)ごろ、それまで刑務所へ出入りを繰り返すような生活をしていたM(当時27歳)は郷里・熊本へ落ち着くようになっていたが、このころにXとの見合い話が持ち上がった[注 3][14]。そしてMは1959年(昭和34年)1月にXと結婚し[注 4]、同年 - 翌1960年(昭和35年)には相次いで息子2人が誕生した[15]。しかし結婚当初こそ海苔の行商をして生計を立てていたが[15]、長男が誕生してからはほとんど就労せず遊び惚けるようになり、昼間から焼酎を多量に飲んでは[注 5]妻Xに対し苛烈な暴力を振るうようになった[注 6][16]

夫Mから苛烈な暴行を受け続けてもXは次男を出産するまで、近所に住んでいたMの養父母(Mの叔父・叔母)に相談しながらも耐え続けていたが、Mの暴力は全く収まらず、最終的にMは真冬の夜中に妻Xと長男(当時2歳)を家の裏の小川へ放り込み、這い上がろうとした妻Xの頭を足で踏みつけるような事件を起こした[17]。これがきっかけでXの義父は業を煮やし、「このままではXが殺される」と危惧して2人を離婚させようとした[17]。夫Mの暴力に耐えかねたX本人も1962年(昭和37年)夏に離婚する決心を固め、子供たちを義兄(Mの実兄)夫妻に預け、自身は山口県宇部市(実父の出稼ぎ先)に身を寄せたが、MによってすぐにXの居場所を突き止められたため、やむを得ず熊本に帰って仲人の義父母夫婦に相談し、本格的に別れ話を切り出した[17]。しかしこの別れ話がMを逆上させ、最初の殺人事件の引き金を引く結果となった[17]

尊属殺人で無期懲役刑編集

1962年9月15日、M(当時32歳)は熊本市内で妻Xとその実母乙(=Mの義母)から別れ話を切り出されたことに逆上して乙を刺殺し、Xにも重傷を負わせる尊属殺人・殺人未遂事件を起こした[18]。同日夕方、M・X夫婦は熊本市内にあったXの養父母(Mの義父母・甲夫婦)宅で、乙や仲人を務めたXの養父母(甲夫婦)を交え、計5人で離婚に向けた話し合いをしていたが、Mはその話し合いの場で「働きもせずに妻Xに暴力を振るっている」と非難された[17]。これに対しMは「ならば金を取ってきてやる」と言い残していったん義父母宅を飛び出したが[17]、その直後に近所の金物屋で乙・X母子を殺害するための凶器として切り出しナイフを購入した[19]

その一方でMが話し合いの場を飛び出したまま戻ってこなかったため[17]、20時ごろに乙・X母子は義父母・甲夫婦宅を出て当時乙が住んでいた甲佐町の実家に戻ろうとし、バス停留所(熊本市辛島町〈現:熊本市中央区辛島町〉の熊延鉄道バス〈現:熊本バス[18])へ向かった[20]。2人がバス停へ着いたところ、待合室にはM本人が待ち伏せていたが、Mは乙へ「Xとしばらく話をさせてください」と穏やかな口調で求めてきたため、安心した乙はXをMと2人で話し合わせることを了解し、2人は乙から少し離れた位置で話し始めた[20]。しかしMはXに「子供がかわいくないのか。帰ってきてくれ」と言ったところ、Xから「子供は私が引き取るから、もう別れてほしい」と返答されて逆上し、懐に隠し持っていた切り出しナイフを取り出してXの脇腹・胸を計2回突き刺した[20]。数メートル離れた先から様子を見ていた乙は、悲鳴を上げてうずくまるXを助けようと近づいたが、自らもMに襲い掛かられ[20]、切り出しナイフで胸・腹を何度も突き刺された[19]

乙・X母娘がナイフで襲われる姿を近くで目撃していた人が2人を熊本大学医学部附属病院まで搬送して手当てしたが[18]肝臓を貫通する致命傷を負った乙は刺されてから1時間後に出血多量で死亡し、Xも横隔膜を切り裂かれる重傷を負った[19]。加害者Mは熊本県警察熊本北警察署(現:熊本中央警察署[18]被疑者として逮捕され、義母乙に対する尊属殺人罪・妻Xに対する殺人未遂罪に問われ[19]、同年11月22日に熊本地方裁判所(松本裁判長)で熊本地方検察庁の求刑通り無期懲役判決を受けた[13]。判決後、当時被告人Mが収監されていた拘置所担当の弁護士(被告人Mの弁護人)は「後悔しないように控訴した方がいい」と提案したため、被告人Mはこの無期懲役判決を不服として福岡高等裁判所へ控訴したが、その後自ら控訴を取り下げて第一審・無期懲役判決を確定させ[注 7][4]熊本刑務所に服役した[21]。Mは服役中も犯行への反省の念を抱かず、逆に自由のない過酷な刑務所内での服役生活から「なぜ俺がこのような苦しい目に遭わなければいけないのだ。Xの母乙を殺したのも、Xの伯父(甲)夫妻が一方的に俺を悪者に仕立て上げてXに別れ話を仕向けたからだ」と逆恨みの念を抱き続け、出所後にXの親族に復讐することだけを考えながら服役生活を送っていた[4]。一方、事件当時にMが元妻Xとともに住んでいた家は事件直後に叔母夫婦が処分していたが、叔父は服役中のMと面会した際にMが矯正していないことを知らず、「立派に刑期を終えて出てきたら住む家ぐらいは用意してやる」と口約束していた[4]

取り消し含め2度の仮釈放編集

第1の事件から14年後となる1976年(昭和51年)12月8日、受刑者Mは仮釈放を認められて熊本刑務所から仮出所した[22]。無期懲役囚が仮出所する場合には身元引受人が必要となるが、その役割を引き受けたのはMの育ての親だった叔母夫婦で、Mは仮出所後に叔母夫婦の許へ身を寄せたが、Mは事件前と同様に仕事に就かず、朝から焼酎を飲みふけるような生活を続けていた[22]。そのため叔母から「いい加減に仕事をしろ」と叱りつけられたが、Mはこれに逆上して叔母夫婦への家庭内暴力を振るうようになり、騒ぎを聞きつけて駆け付けた実兄に生卵を投げつけたこともあった[23]

Mは仮出所から約1年半の1978年(昭和53年)6月21日6時5分ごろ、叔母夫婦宅(飽託郡天明町海路口)で[24]叔母夫婦と口論になったことをきっかけに刺身包丁を振り回し、育ての親・身元引受人である夫婦を殺そうとした[25]。叔母夫婦から急遽連絡を受けたMの実兄が熊本県警に110番通報し、叔母夫婦も熊本県警に被害届を出した[25]ため、Mは同月22日7時15分に熊本南警察署の警察官により逮捕された[24]。Mは仮釈放を取り消され、熊本刑務所で再び服役生活を送ることとなったが、あろうことか叔母夫婦・実兄に対する逆恨みまで抱くようになった[注 8][25]

同事件から約6年となる1984年(昭和59年)2月1日、受刑者M(当時53歳)は再び仮釈放を認められ、2度目の仮出所を果たした[26]。この時点では既に叔母夫婦・実兄ともMを見放していたが、福岡県北九州市保護観察施設「湧水寮」がMの身元引受人となった[26]。Mが仮出所後に暮らすようになった「湧水寮」では原則として、仮出所中の生活は施設側が管理する規定になっていたため、Mは施設から紹介された北九州市内の工事現場などで働き、収入・生活費などを施設に預けて生活していたが、その期間中に2度目の殺人を計画した[26]

お礼参り殺人計画編集

Mは「湧水寮」で生活していた間、上から「殺したい順番」として元妻Xらに対する殺害計画を立てて[注 9]大学ノートに殺害標的の住所・氏名を書き込み、1984年暮れには綿密な犯行計画(殺害の手順・逃走ルート・逃走資金の調達方法など)を記していた[26]。その復讐心は直接無関係な人間[注 10]にまでおよび、標的の数は30人以上となった[29]

  1. 元妻X - Mが「最も殺したかった。1962年の事件で母親乙とともに殺しておけばよかった」として最大のターゲットにしていた一方、このころはXへの未練を抱きつつも「Xが年下の長距離トラック運転手男性と再婚した」という話を聞いていたため「俺を捨てて若い男をたぶらかした」と嫉妬などの感情を抱き、Xをより一層憎悪するようになっていた[29]。その上でXの夫が長距離トラック運転手である旨を聞いていたことから「仕事に出てから帰宅まで1,2日かかる夫が仕事に出た直後にXを殺せば事件発覚に時間がかかる」と考えていた[28]
  2. Xの養母(伯母・甲の妻) - 仲人だったXの養父母(甲夫婦)・養父甲の実弟(Xの叔父)を「仲人なのに自分だけを悪者にしてXと離婚させた」として逆恨みしていたが、養父甲とその実弟(Aの夫)はこの時点で既に他界していたため、未亡人たちが標的となった[6]
  3. 被害者A(事件当時65歳)[30] - Xの養父甲の実弟(Xの叔父)の妻で、甲の妻と同様の理由で殺害計画に加えた[注 11][6]
    • AはMの元妻Xからすれば「母方の伯父(甲)の弟の妻」(=甲の義妹)だった[14]。Aは事件の十数年前に砕石会社の社長だった夫が病死して以来、その後任として就任した弟(事件当時の社長)の娘だった被害者B(事件当時22歳)を養女として引き取り、事務所を管理していた[30]
  4. Xの叔母 - 1962年の尊属殺人事件の際、熊本地裁で行われた刑事裁判にて検察官側の証人として証言台へ立ち「Mを死刑にしてほしい」と陳述したことを逆恨みしていた[29]
  5. 自身の叔父・叔母夫婦 - 「自分の仮出所を取り消させた」として実兄とともに恨みを抱いていた[28]

Mは保護観察施設「湧水寮」の保護司に秘密で現金15万円を貯金し、1985年5月31日にはかねてから計画していた犯行を実行に移すため、寮を無断で抜け出して熊本駅行きの急行列車に乗車した(同日夜に熊本駅へ到着)[31]。そして熊本駅前の居酒屋で偶然「湧水寮」にいた時の同僚と再会し、深夜になってその同僚とともに実兄の家を訪れると、実兄に対し殊勝な態度で「今度こそ真面目に働く。こいつ(同伴していた同僚)も仕事探しに困っているから面倒を見てやってくれ」と頭を下げ、2人で実兄宅に居つくようになった[32]。数日後、Mは実兄の自宅から「湧水寮」に「兄貴の家で暮らせるようになったからもう寮には帰らない」と電話し、不本意ながらも実兄がMの身元引受人になった[注 12][33]

そしてMはお礼参り殺人の計画に着手し、最大の標的だった元妻Xの居場所をXの親戚(熊本県内在住)から聞き出そうとした[注 13][34]。しかし、Mのお礼参りを恐れたXは親戚にも住所を知らせていなかったため、MはXの居場所を知ることができず、「Xの居場所を知っているのは、(いずれも殺害標的に加えていた)Xの再婚の世話をした叔父の妻である被害者Aか、Xの親代わりだった伯母(甲の妻)ぐらいだろう」と考えた[35]。そのため、一時はXの伯母(甲の妻)方を訪れて言葉巧みに住所を聞き出そうとしたが、Xの伯母はお礼参りの恐怖に晒されながらもMが帰るまでやり過ごした[注 14][37]

事件発生編集

MはXの伯母(甲の妻)からXの連絡先を聞き出すことに失敗しても報復計画を諦めず[38]、仕事をせずに熊本市内のスナック(熊本へ帰省した当日に訪れた店)に入り浸り、実兄の家にも帰らずにスナックのママの住居に泊まる生活を続けていた[注 15][38]。しかし1985年7月中旬になってもXの居場所は一向に判明せず、預金残高・貯金の合計が20万円程度まで減少したため、Mは「Xの居場所がわからないなら、せめて恨みのある奴らを次々に殺して家々の金を奪い、Xを殺すための逃走資金を確保しよう」と計画を変更した[40]。そして「Xを殺害した後の逃走費用」として10万円を確保した上で殺害計画を実行することを決意した[注 16][40]

事件発生2日前(1985年7月22日昼ごろ)、Mは「夜間の犯行および逃走のための小道具」として懐中電灯・携帯ラジオを持参して実兄の家を出ると、金物屋[注 17]で店員に「ウナギを捌くのに必要になった」と申し出て刃渡り20 cmの刺身包丁・千枚通しを購入、同日19時ごろにXの伯母(甲の妻)宅へ出向いた[3]。しかし侵入を試みたところ、偶然近所から預かっていた犬が吠え出したため、MはXの伯母(甲の妻)宅を襲撃することを断念し、標的を被害者Aに変更してタクシーで甲佐町内に向かった[43]。Mは21時すぎに甲佐町に着くと、1時間ほど飲食店で過ごしてからA宅へ向かい[注 18]、窓越しにAへ「Xの居場所を教えてくれ」と声を掛けたが、Aは「もう遅い」とだけ返事して窓を施錠した[44]。これに逆上したMは庭に転がっていた石で窓ガラスを叩き割ろうとしたが断念し[注 19]、家の周りを見て施錠されていない場所を探したが発見できず、裏庭の物置に隠れて一夜を過ごし、朝になっていったん居候していた熊本市内のスナックに戻った[44]

事件前日(1985年7月23日)、Mはスナックで仮眠してから夜になって「集金に行ってくる」と言い残して店を出た[44]。そして、まずは前日と同様に再びXの伯母(甲の妻)宅を訪ねたが、留守だったため、甲佐町内の被害者A・B宅に出向いた[41]。Mは22時30分ごろ、窓越しにA宅の部屋を覗き込んでA・B両名が起床している[注 20]ことを確認し、寝静まったころを待って犯行を決行するため裏庭の物置に隠れたが、直前に焼酎を飲酒していたためにアルコールが回ったことで居眠りした[44]。目覚めた際には7月24日2時ごろになっていたため、Mは眠気覚ましに喫煙し、布で包んだ石[注 21]を持って建物に忍び寄った[46]。そしてエアコンの室外機の上にあったアルミサッシの出窓が施錠されていないことを確認すると、石を置いて実外気を踏み台にした上で養女Bの部屋に侵入し、刺身包丁を持ってAのいる8畳間へ向かった[45]。するとA・Bの2人が並んで寝ていたため、MはまずAの方へ近づいたが、突然目を覚まして自分に気づいたAが「誰だ」と声を上げたため、咄嗟に包丁をAの顔に突き付け。「Xはどこにいる。白状しなければ殺すぞ」と脅した[47]。Aは「知らない」と答えたが、MはAの胸を上から斜め下に突き刺し、首・胸・腹・肩・頭部などを滅多刺しにした[48]。直後にAの隣で寝ていたBが起き上がったところ、MはBに対し「お前もグルだろう」と怒鳴りつけた上で胸を2回刺し、さらにBが逃げようとすると、再びBの胸を2回刺した[49]。しかしBは腰をかがめながら電話のある隣の部屋(6畳間)へ向かおうとしたほか、Aも呻き声を上げていたため、MはまずAの胸・喉を刺してとどめを刺すと、電話にたどり着いて110番通報しようとしたBを襲い[49]、背中・脇腹・胸・腰などを何度も突き刺し、Aが倒れている場所へ引きずり倒した[注 22][51]。Mが被害者2人を刺殺するために要した時間はわずか十数分で、刺し傷は被害者Aが計41か所[50]、被害者Bが計35か所(2人合わせて76か所)におよび[52]、2人とも心臓・両肺・頸動脈を鋭利な刃物で刺されたことにより失血死した[5]

さらにMは2人を刺殺しただけでは収まらず、「発見された時に恥をかかせるため、死体を全裸にして部屋に吊るそう」と考え、2人の遺体を全裸にした[53]。その上で浴衣[注 23]の帯を鴨居に引っ掛けて2人の遺体を吊るそうとしたが、足元が2人の血液で滑ってうまくいかなかった[注 24]ため、遺体を吊るすことを断念し、返り血を浴びた自分の服を風呂場で洗い、被害者宅にあった衣類に自分の衣服の水気を吸い込ませることで乾燥させた[注 25][56]。そして家を物色して金目の物を探し[55]、現金約686,000円[注 26][2]に加えて被害者Aの腕時計・サファイアの指輪・老眼鏡2つをバッグごと盗み、3時30分過ぎ(侵入から約2時間後)に先述の窓から外に出て逃走した[58]

そして足がつかないよう徒歩で熊本市内へ向かい、現金・腕時計・指輪などをAのバッグから自分の手提げ鞄に移し替えた上でバッグを川に捨て[注 27]、約3時間後(24日7時近く)に下益城郡城南町(現:熊本市南区)[注 28]でタクシーに乗車し、居候していたスナックへ向かった[60]。そして店内で睡眠をとり、昼過ぎに目を覚ますとA宅から盗んできた腕時計・サファイアの指輪[注 29]をママに「思った以上に集金がうまくいったから買ってきた。プレゼントだ」と申し向けてプレゼントした[62]。しかしテレビのニュースで本事件が報道されたことから危機感を抱き、ママとホステスを誘って阿蘇温泉へ逃げたが、ママたちが「夜には店を開けなければいけない」と言ったために日帰りで店に戻ると既に捜査員が張り込んでいたため、それ以降は町を離れて野宿をしたり、県北部の温泉地にある旅館に泊まったりして逃亡生活を送った[63]

捜査編集

事件発覚編集

被害者Aが経営する砕石会社の従業員2人が1985年7月24日8時20分ごろに会社へ出勤したところ、通常は7時30分に原動機付自転車(原付)で出社していたAがいないことを不審に思い、A宅を訪れた[64]。するとAが通勤で用いていた原付が玄関横の車庫に駐車してあった一方、従業員のうち1人がチャイムを鳴らしたり[64]、玄関のドア[注 30]を叩いたりしても[30]応答がなかったため、裏庭に回ると室内の照明が不自然に点灯していたほか、(Mが侵入した)アルミサッシの出窓だけが開いていたため、そこから声を掛けたが返事がなかった[64]。そのため、従業員がエアコン室外機を踏み台にして被害者Bの部屋に入ったところ、床に赤い血痕が点々と連なっており、その血痕をたどって8畳間に入ると血まみれで仰向けに倒れている2人の遺体を発見し[64]熊本県警察に110番通報した[30]

熊本県警捜査一課・御船警察署は同事件を殺人事件と断定し、同日13時に御船署内へ捜査本部(本部長:御船署長・藤本静雄)を設置した[5]。御船署が現場を確認したところ、現場から凶器は発見されなかったが[30]、捜査本部が13時30分から熊本大学で被害者Bの遺体を司法解剖したところ[5]、2人の遺体はともに刃渡り20 cmの刺身包丁で胸部・腹部など身体部分を中心に全身を滅多刺しにされており、被害者Aの遺体は頭頂部にまで刺し傷があった[52]

被疑者Mを逮捕編集

被害者Aは生前、近隣住民に対し「出所したMが訪ねてきて怖い。別れた元妻 (X) の所在をしつこく聞くなどしている」と話していたほか[65]、近隣住民は捜査本部の聞き込みに対し「被害者Aの親類の男(後にMと判明)が事件2,3日前からA宅付近をうろついていたのを見た」と証言した[30]。また御船署捜査本部が事件現場周辺を鑑識した結果、数個の指紋が発見され、義母殺しで37年間服役して1年前(1984年)に出所したばかりだった親類の男Mと一致した[65]。そのため捜査本部は事件当夜までに男Mを被疑者と断定し、殺人容疑で[65]逮捕状を発行[注 31]して行方を追った[67]

一方で被疑者Mは犯行後に玉名市内へ逃走し、事件翌日(7月25日)昼には飲食店で知り合った同市内の女性(後述のタクシー運転手とは知人関係)と飲み歩き[注 32]、1985年7月27日夜には玉名市内のホテルに2人で宿泊した[68]。そして7月28日にはホテルを出て、女性から誘われて荒尾競馬場荒尾市)へ出掛け[69]、市内を営業拠点にしていた「産交ポニータクシー」(本社:同県天草市)のタクシーで競馬場に向かった[68]。しかしMがタクシー料金(3,290円)を払うために1万円を出したところ、運転手が釣り銭を持っていなかったことから3人で近くの寿司屋に行って寿司を食べたが、運転手はその際に初めて男の顔を見て「(強盗殺人容疑で指名手配されている)Mに似ている」と気付いた[注 33][68]。食事を終えた運転手は男と連れの女性からタクシー代を受け取って帰社したが、その直後(12時40分ごろ)に「手配書に載っていた男 (M) とよく似た男を、客として玉名市内のホテルから荒尾競馬場まで乗せた」と県警玉名警察署に110番通報した[68]。これを受けて熊本県警は捜査本部や玉名署・荒尾警察署などから召集された捜査員70人を競馬場付近に配備し警戒に当たらせていたところ、13時10分ごろに荒尾署員が競馬場入口付近で女性を連れた男を発見して職務質問した[68]。これに対し男(=M)は自分の名前を名乗り[68]、犯行への関与を認めたため、そのまま荒尾署員に強盗殺人容疑(指名手配容疑)で逮捕された[注 34][59]。また、同日には凶器とみられる刺身包丁が事件現場から西北約200 m離れた農業用水路で発見された[70]

捜査本部は逮捕後も凶器の発見・Mの犯行動機[注 35]追及に全力を挙げ[68]、被疑者Mを強盗殺人・住居侵入・銃刀法違反の各容疑で熊本地方検察庁送検した[注 36][57]。送検後、被疑者Mは検事による取り調べに対し[72]「自分は無期懲役囚で仮釈放中の身だから『今度逮捕されたらいつ刑務所から出られるかわからないから、いっそのこと恨んでいる者たちを皆殺しにしよう』と思い犯行に及んだ。A・B両被害者を殺害したことについてはまったく反省していないし、むしろ『2人を殺したくらいではまだ足りない』というのが正直な気持ちだ」と述べている[73]

刑事裁判編集

熊本地方裁判所にて開かれた公判[2]で、被告人Mは「被害者の親戚を皆殺しにしたい」と述べていたほか[74]、殺害された被害者Bの実父(被害者Aの弟)が[75]裁判官から質問を受けた際に「当然、被告人Mを死刑にして殺さなければいけない」と述べた際にはBの実父を睨みつけていた[76]

熊本地裁(荒木勝己裁判長)は1986年(昭和61年)8月5日に開かれた第一審判決公判で検察側の求刑通り被告人Mに死刑判決を言い渡した[2][77]。被告人Mや弁護人はそれまでの公判で起訴事実の大筋を認めた一方、「犯行は飲酒の上で行われた偶発的・衝動的なもので、当初は金を奪うつもりはなかった」と主張していたが、熊本地裁は判決理由で「被告人Mは事件当時、連日の遊興で所持金が少なくなっていたほか、犯行後には被害者A宅の整理箪笥を物色しており、捜査段階でも強盗の犯意を認めている」と指摘して被告人M側の主張を退けた[2]。その上で量刑理由にて「2度目の仮釈放中に2人の人命を奪った犯行に情状の余地はなく、真面目に更生に励んでいる仮釈放者への社会的影響も大きい。被告人Mは犯行後も遊興に明け暮れ、法廷でも責任を被害者に転嫁するなど反省の情が認められない[注 37]」と指摘した[2]。被告人Mは判決を不服として同月7日付で福岡高等裁判所控訴したが[78]、福岡高裁(浅野芳朗裁判長)は1987年(昭和62年)6月22日に開かれた控訴審判決公判で第一審・死刑判決を支持して被告人M・弁護人側の控訴棄却する判決を言い渡した[注 38][79][80]

最高裁判所第一小法廷大堀誠一裁判長)は1992年(平成4年)9月24日に開かれた上告審判決公判で一・二審の死刑判決を支持して被告人M・弁護人側の上告を棄却する判決を言い渡したため、被告人Mの死刑が確定することとなった[81][82][83][84]

死刑執行編集

死刑廃止運動市民団体「死刑廃止・タンポポの会」(代表・山崎博之 / 福岡県福岡市博多区)は1999年平成11年)9月1日に「本事件の死刑囚Mを含め、1991年 - 1992年に死刑が確定した拘置中の死刑囚4人[注 39]は近く死刑を執行される危険がある」として、各収監先の拘置所・拘置支所所長を相手に当該死刑囚4人の人身保護請求[注 40]福岡地方裁判所に申し立てた[85]。しかし請求を受けた福岡地裁は1999年9月7日付で死刑囚Mの人身保護請求を棄却する決定を出した[注 41]ため[90]、山崎は1999年9月13日にも最高裁へ特別抗告する予定だった[88]

請求棄却から3日後の1999年9月10日、死刑囚Mは法務省法務大臣陣内孝雄)が発した死刑執行命令により収監先・福岡拘置所死刑を執行された(69歳没)[注 43][90][8][9][10]。「タンポポの会」など死刑廃止を訴える市民団体のメンバーら15人は翌日(1999年9月11日)に福岡拘置所前で抗議活動を行ったほか、面会者用通用口から「所長に会って話がしたい」と申し入れたが認められなかったため、「タンポポの会」代表・山崎が抗議文を読み上げ[87]、職員へ同拘置所長・吉田賢治(当時)宛に抗議文を渡した[注 44][95]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ そのため、Mは実母の名前を覚えていなかった[11]
  2. ^ 1962年の事件で殺害された被害者乙の兄・甲(享年61歳・Xの養父=Mの義父)は公判に証人として出廷したが、事件のショックにより1961年11月7日に心臓衰弱で死去した[13]
  3. ^ Xの家に出入りしていたミシンの営業マンがXの養母である伯母(父方の伯父の妻)にMを紹介したことがきっかけだった[15]。見合いの当時、Xの両親は礼儀正しく振舞っていたMに対し好印象を抱いていた[15]
  4. ^ Mの義理の両親はM・X夫妻のために家を新築した[15]
  5. ^ Mは見合いの席でXの養父・甲(後の義父)に対し「自分は下戸だから酒は一滴も飲めない」と答えていたが[15]、実際には毎日1升近くの焼酎を飲み干すほど酒好きだった[16]
  6. ^ 遊興費を手に入れるために妻Xの着物をすべて質屋に質入れしたり、次男が誕生してから3日後には出産直後で肥立ちが悪く、寝ていたXの横腹を蹴り上げるなどの暴行を加えた[16]。殴る・蹴るの暴行や煙草の火を押し付けるなどだけでなく、時には鉈でXを襲って腕に骨まで達するほどの切り傷を負わせたり、包丁を首筋に突き付けたりすることもあった[16]
  7. ^ 被告人Mは控訴を取り下げた時点で弁護人とともに控訴趣意書を福岡高裁へ送り、同高裁から出頭通知を受けていたが、拘置所で同房だった男性から「無期懲役でも10年くらい経てば仮釈放で出所できるから早く控訴を取り下げた方がいい」と提言されたため、自ら控訴を取り下げた[4]
  8. ^ 1985年の事件で逮捕された際[26]、取り調べに対しMは「叔母夫婦は『家を買ってくれる』という約束も守らず、自分がちょっと暴れたくらいで警察に届け出たし、実兄は事情も知らずに自分を警察に通報した。あいつらを心の底から恨むうち、一時は薄らいでいた元妻Xやその親族に対する恨みが再燃し、『これからは自分の人生を、自分をここまで追い込んだ奴らへの復讐のために使おう』と決心した」と供述した[25]
  9. ^ 殺害の手順として考えていたのは「元妻X・Xの叔母・被害者A・Xの養母・自身の叔父夫婦」という順番か、もしくはその逆という2通りだった[27]
  10. ^ MがXに暴力をふるった際、Xを助けようとして自身を傘で突いた男性や、無期懲役判決を言い渡した熊本地裁の裁判官に対しても殺意を抱いていた[28]
  11. ^ Mは取り調べの際に「Aには個人的な恨みはないが、自分に冷たく当たっていた上にXのことで親身になってくれなかったし、Aの夫がXを再婚させた。Aの夫への恨みがやがてA自身への恨みに変わった」と供述した[29]
  12. ^ この時、Mは「湧水寮」で管理していた自分の預金通帳(当時の残高:約60万円)を受け取りに行き、その中から生活費として兄嫁に4万円の現金を渡していた[33]
  13. ^ この時、Mは自身の名を明かさず、顔の知られていない子供たちからXの居場所を聞き出そうとするなど、正体が露見しないように工夫していた[34]
  14. ^ Xの伯母はこれ以前から「Mが再び仮釈放された」という事実を把握していたことに加え、Mの訪問直前には近隣住民から「目つきの悪い廃品回収の男がお宅のことをしつこく聞きに来ている」と聞かされていたため、Mがお礼参りに来ることを覚悟していた[36]
  15. ^ この間、Mは阿蘇温泉郷にスナックのママ・ホステスを連れ込んだり、店の常連客に飲食代をおごるような生活を続けていた[39]
  16. ^ 被害者Aが砕石会社を経営していたことから、MはA宅を襲撃した後で現金を奪うこともあらかじめ計算していた[41]
  17. ^ 最初に向かった店は23年前(1962年)に乙とXを殺傷した際、凶器(切り出しナイフ)を購入した金物店だったが、その店は既に廃業していた[42]。そこで別の金物店に向かい「先が尖っているから刺した時に血がそれほど噴出さない」という理由で切り出しナイフを探したが、その店には切り出しナイフがなかったため、やむを得ず刺身包丁を購入した[3]
  18. ^ Mはこの時、郵便受けの名前を見たことで初めて被害者Bの存在を知った[44]
  19. ^ 近隣住宅の照明が点灯していたため[44]
  20. ^ 被害者Aは事件前日(7月23日)夕方まで会社に勤務していた[30]
  21. ^ 窓ガラスを叩き割った際に音がするのを防ぐため、石を布で包んでいた[45]
  22. ^ この直後、受話器を耳に当てて電話がつながっていないことを確認した上で、電話線を包丁で切断した[50]
  23. ^ 襲われた当時、Aは浴衣を着ていた[48]
  24. ^ A宅に侵入した当時、Mは足音がしないように靴を脱いでいた[54]
  25. ^ この時、水気を吸わせるために使った衣類は被害者2人の遺体の上に被せた[55]
  26. ^ うち139,000円はAが経営していた砕石会社の金[57](従業員の社会保険料を納めるため、あらかじめ用意していた現金)[55]で、A個人の所持金なども含まれる[57]
  27. ^ 被害者Aのバッグは事件現場(A宅)から約4 km離れた甲佐町浅井の用水路で発見された[59]
  28. ^ 城南町は熊本市 - 甲佐町間の中間地点に当たる[60]
  29. ^ その直前、当時ついていた牛革のベルトを近くの時計店で金属製のベルトに交換していた[61]
  30. ^ A宅の玄関・勝手口は施錠されていたが、被害者Bの部屋の窓だけが施錠されていなかった[30]
  31. ^ その後、被害者Aが自宅で保管していた会社の金が奪われていたことが判明したため、捜査本部は強盗殺人容疑で被疑者Mを全国に指名手配した[66]
  32. ^ この女性はMの正体に気づかないまま逮捕時まで行動を共にしていた[68]
  33. ^ 運転手は客としてタクシーに女性と連れの男 (M) を乗車させた際、男がMであることには気づかなかった[68]
  34. ^ Mは逮捕時、現金10万円・着替えの服が入ったバッグを持っていたほか、取り調べに対し「指名手配されたことは知らなかったが、今夜自首しようと思っていた」と述べていたが、逮捕前は寿司屋でタクシー運転手に対し「(タクシーで)別府まではどれくらいかかるか?」と聞いていた[59]
  35. ^ 逮捕直後、Mは取り調べに対し被害者2人の殺害を認めた一方で強盗目的は否認したが、捜査本部は「事件当時Mは金に困っており、元妻Xの親類の中でも特に裕福な被害者Aにしつこくまとわりついていたため、強盗目的の可能性もある」とみて追及していた[57]
  36. ^ 熊本地検は1985年7月31日に強盗殺人容疑でMの勾留を請求したが、熊本地裁はこれを認めず殺人・窃盗容疑で勾留状を出した[71]。それに対する地検側の準抗告も同年8月1日付で棄却されたが、地検はその後も「証拠上、強盗の犯意は明らか」として強盗殺人容疑で立証を進め[71]起訴した。
  37. ^ 熊本地裁は被告人Mの更生可能性を「被告人の粗暴・自己中心的・反社会的生活は今後、懲役刑受刑によって改善することは不可能で、情状を酌量する余地もない」と否定した[77]
  38. ^ 被告人Mは控訴理由として「酒に酔った上の突発的犯行で、殺人の計画性・強盗の犯意はなかった」と訴えていたが、福岡高裁は「『元妻Xやその親族への逆恨みによる計画的な犯行』という捜査段階の供述は信用できるもので、強盗の犯意も認められる。犯行態様も冷酷・残虐で極刑はやむを得ない。仮釈放の恩典を利用した犯行は、更生に向けて努力している受刑者・更生関係者(保護司など)に深刻な影響を与えた」と指摘して控訴を退けた。
  39. ^ 保護請求対象はMを含め東京都北区幼女殺害事件大宮母子殺人事件の両死刑囚(いずれも東京拘置所)・福島女性飲食店経営者殺害事件の死刑囚(宮城刑務所仙台拘置支所)の計4人で[85]、死刑廃止運動関係者の間ではこの4人について「近く死刑が執行される可能性がある」と噂されていた[10]
  40. ^ 山崎らは「国際人権規約では恩赦再審請求などの権利が保障されており、現行の法体系のままでの死刑執行は同規約・日本国憲法(第36条「拷問及び残虐な刑罰の禁止」)に違反する」[85]「死刑囚4人は不当に面会・外部交通権を制限されるなど、違法な拘束で基本的人権侵害を受けており、それらが改善されない限り死刑執行は停止すべきである」といった理由で死刑執行停止を求めた[86]
  41. ^ ほか3人についても翌8日までにいずれも棄却された[87]。人身保護請求を申し立てていた山崎は死刑執行を受け「死刑制度を存続しようとする国の意思を感じた。私自身の『裁判を受ける権利』も奪われた」と抗議のコメントを出したほか[88]、山崎代表の代理人弁護士・山崎吉男は「特別抗告申し立て準備中にも拘らず死刑を執行したのは死刑囚3人・山崎代表の『裁判を受ける権利』を侵害するもので法の手続きを無視した暴挙だ」とコメントした[89]
  42. ^ 同日は死刑執行されなかったが、3か月後の1999年12月17日に臼井日出男法務大臣の死刑執行命令により東京拘置所で死刑を執行された[91]
  43. ^ 同日には東京都北区幼女殺害事件(東京拘置所)・福島女性飲食店経営者殺害事件(宮城刑務所仙台拘置支所)両事件の死刑囚にも刑が執行されたため、「タンポポの会」が1999年9月1日に人身保護請求を申し立てていた死刑囚4人のうち大宮母子殺人事件の死刑囚[注 42]を除く3人に刑が執行されたことになるが、その3人はいずれも過去に殺人事件を起こして無期懲役刑で服役したにも拘らず、仮釈放後に再び殺人事件を起こして1992年に死刑が確定した死刑囚だった[90]
  44. ^ 「死刑廃止の会」菊池さよ子は[92]「Mは事件からわずか1年後に死刑判決を受け、翌年には控訴棄却の判決を受けた。十分な審査がされたのか非常に疑問があり、せめて恩赦出願などで本人と接触できないか話し合いをしていた最中に死刑を執行された」と述べた[93]ほか、Mら3人が死刑執行対象にされた理由について「法務省は執行対象の死刑囚3人が無期懲役刑の仮釈放中の事件だったことを強調することで、マスコミを通じて『無期懲役囚を簡単に仮釈放してはいけない』というキャンペーンを展開する意図があったのだろう」と指摘している[94]

出典編集

※以下の出典において記事名に死刑囚の実名が使われている場合、その箇所を本項目で用いているイニシャル「M」に置き換えている。

  1. ^ a b c d 熊本日日新聞』1985年7月24日夕刊一面1頁「甲佐町 母娘刺殺される 2人暮らし 寝室で血まみれ」(熊本日日新聞社)
  2. ^ a b c d e f g h i 『熊本日日新聞』1986年8月5日夕刊第3版一面1頁「母娘殺しに死刑判決 熊本地裁 仮釈放中の凶行『情状の余地ない』」(熊本日日新聞社)
  3. ^ a b c 浅宮 2002, pp. 113-114.
  4. ^ a b c d e f 浅宮 2002, p. 102.
  5. ^ a b c d 熊本日日新聞』1985年7月25日朝刊第一社会面19頁「甲佐町の母娘殺人 知り合いの男が関連?ひんぱんに出没 捜査本部」(熊本日日新聞社)
  6. ^ a b c 浅宮 2002, p. 106.
  7. ^ a b 浅宮 2002, p. 93.
  8. ^ a b 読売新聞』1999年9月10日東京夕刊一面1頁「東京、福岡、仙台で3人に死刑執行」(読売新聞東京本社)
  9. ^ a b 朝日新聞』1999年9月10日夕刊第一総合面1頁「東京・福岡・仙台の死刑囚3人に死刑執行 法務省発表」(朝日新聞社)
  10. ^ a b c 毎日新聞』1999年9月10日東京夕刊一面1頁「東京・仙台・福岡で、3人の死刑執行--女児殺害の××死刑囚ら」(毎日新聞東京本社) - ※記事の見出しに東京都北区幼女殺害事件で死刑が確定した死刑囚の実名が使用されていたため、その箇所を伏字に置き換えた。
  11. ^ a b c d e 浅宮 2002, p. 94.
  12. ^ 浅宮 2002, pp. 93-94.
  13. ^ a b 『熊本日日新聞』1962年11月23日朝刊第2版社会面7頁「母娘殺傷事件 Mに無期判決」(熊本日日新聞社)
  14. ^ a b c 浅宮 2002, p. 95.
  15. ^ a b c d e f 浅宮 2002, p. 96.
  16. ^ a b c d 浅宮 2002, p. 97.
  17. ^ a b c d e f g 浅宮 2002, p. 98.
  18. ^ a b c d 熊本日日新聞』1962年9月16日朝刊第2版社会面7頁「熊本 別れ話に逆上して停留所で母娘を殺傷」(熊本日日新聞社)
  19. ^ a b c d 浅宮 2002, p. 100.
  20. ^ a b c d 浅宮 2002, p. 99.
  21. ^ 浅宮 2002, p. 101.
  22. ^ a b 浅宮 2002, p. 103.
  23. ^ 浅宮 2002, pp. 103-104.
  24. ^ a b 熊本日日新聞』1978年6月22日夕刊第一社会面7頁「仮出所中に暴力行為」(熊本日日新聞社)
  25. ^ a b c d 浅宮 2002, p. 104.
  26. ^ a b c d e 浅宮 2002, p. 105.
  27. ^ 浅宮 2002, pp. 105-.
  28. ^ a b c 浅宮 2002, p. 107.
  29. ^ a b c d 浅宮 2002, pp. 106-107.
  30. ^ a b c d e f g h 朝日新聞』1985年7月24日西部夕刊第一社会面7頁「熊本・甲佐町 母娘、刺殺される 夜中、窓から侵入の跡 二人暮らし、結婚間近」(朝日新聞西部本社
  31. ^ 浅宮 2002, pp. 107-108.
  32. ^ 浅宮 2002, p. 108.
  33. ^ a b 浅宮 2002, pp. 108-109.
  34. ^ a b 浅宮 2002, p. 109.
  35. ^ 浅宮 2002, pp. 109-110.
  36. ^ 浅宮 2002, pp. 110-111.
  37. ^ 浅宮 2002, p. 110.
  38. ^ a b 浅宮 2002, p. 111.
  39. ^ 浅宮 2002, p. 112.
  40. ^ a b 浅宮 2002, pp. 112-113.
  41. ^ a b 浅宮 2002, p. 116.
  42. ^ 浅宮 2002, p. 113.
  43. ^ 浅宮 2002, p. 114.
  44. ^ a b c d e f 浅宮 2002, p. 115.
  45. ^ a b 浅宮 2002, p. 117.
  46. ^ 浅宮 2002, pp. 116-117.
  47. ^ 浅宮 2002, pp. 117-118.
  48. ^ a b 浅宮 2002, p. 118.
  49. ^ a b 浅宮 2002, p. 119.
  50. ^ a b 浅宮 2002, p. 120.
  51. ^ 浅宮 2002, pp. 119-120.
  52. ^ a b 浅宮 2002, p. 92.
  53. ^ 浅宮 2002, p. 121.
  54. ^ 浅宮 2002, p. 122.
  55. ^ a b c 浅宮 2002, p. 123.
  56. ^ 浅宮 2002, pp. 122-123.
  57. ^ a b c d 『熊本日日新聞』1985年7月30日夕刊第一社会面3頁「母娘殺人のMを送検」(熊本日日新聞社)
  58. ^ 浅宮 2002, pp. 123-124.
  59. ^ a b c 『熊本日日新聞』1985年7月29日朝刊第3版第一社会面15頁「甲佐町の母娘殺人事件 手配のM逮捕 タクシー通報、荒尾競馬場で 犯行認める」(熊本日日新聞社)
  60. ^ a b 浅宮 2002, p. 124.
  61. ^ 浅宮 2002, p. 125.
  62. ^ 浅宮 2002, pp. 124-125.
  63. ^ 浅宮 2002, pp. 125-127.
  64. ^ a b c d 浅宮 2002, p. 91.
  65. ^ a b c 『朝日新聞』1985年7月25日西部朝刊第一社会面23頁「熊本の母娘殺害 親類の男に逮捕状」(朝日新聞西部本社)
  66. ^ 『熊本日日新聞』1985年7月26日朝刊第3版第一社会面17頁「甲佐町の母娘殺人事件 知り合いの男を手配 県警 Aさんの親類の前夫 しつこく前妻探す」(熊本日日新聞社)
  67. ^ 『熊本日日新聞』1985年7月25日夕刊一面1頁「甲佐町の母子殺人 知り合いの男の犯行 県警が逮捕状、行方追及 現場に血ノリ指紋」(熊本日日新聞社)
  68. ^ a b c d e f g h i 『朝日新聞』1985年7月29日西部朝刊第一社会面21頁「母娘殺害犯を逮捕 競馬場にノコノコ 熊本県荒尾 タクシー運転手通報」(朝日新聞西部本社)
  69. ^ 浅宮 2002, p. 127.
  70. ^ 『熊本日日新聞』1985年7月29日夕刊第一社会面3頁「甲佐町の母娘殺し 強盗目的の犯行? Mを本格追及」(熊本日日新聞社)
  71. ^ a b 『熊本日日新聞』1985年8月2日夕刊第一社会面3頁「熊本地裁、地検の準抗告を棄却 Mの『強盗』認めず」(熊本日日新聞社)
  72. ^ 浅宮 2002, p. 142.
  73. ^ 浅宮 2002, pp. 141-142.
  74. ^ 浅宮 2002, p. 141.
  75. ^ 浅宮 2002, p. 139.
  76. ^ 浅宮 2002, p. 140.
  77. ^ a b 『朝日新聞』1986年8月5日西部夕刊第二社会面6頁「母子強殺男に死刑 熊本地裁 『情状くむ余地なし』」(朝日新聞西部本社)
  78. ^ 『熊本日日新聞』1986年8月8日朝刊第3版第一社会面19頁「M被告が控訴 甲佐の母娘殺し」(熊本日日新聞社)
  79. ^ 『熊本日日新聞』1987年6月22日夕刊第一社会面3頁「M被告、二審も死刑 甲佐町・遠縁の母娘殺し 福岡高裁判決 『冷酷』と控訴を棄却」(熊本日日新聞社)
  80. ^ 『朝日新聞』1987年6月22日西部夕刊第一社会面7頁「熊本の強盗殺人控訴審 『冷酷で残虐』 一審の死刑支持」(朝日新聞西部本社)
  81. ^ 『熊本日日新聞』1992年9月25日朝刊第3版第一社会面25頁「甲佐町の母娘殺人事件 M被告の死刑確定 最高裁上告棄却」(熊本日日新聞社)
  82. ^ 読売新聞』1992年9月25日東京朝刊第二社会面30頁「仮釈放中の殺人 死刑判決確定へ 最高裁が上告棄却」(読売新聞東京本社
  83. ^ 『朝日新聞』1992年9月25日朝刊第二社会面30頁「上告棄却でM被告の死刑が確定 強盗殺人事件」(朝日新聞社)
  84. ^ 毎日新聞』1992年9月25日東京朝刊第一社会面31頁「仮釈放中に強盗殺人 上告棄却、死刑確定へ--最高裁」(毎日新聞西部本社
  85. ^ a b c 『熊本日日新聞』1999年9月2日朝刊第3版第二社会面26頁「死刑の執行停止を 福岡市のグループ 裁判所に保護請求」(熊本日日新聞社)
  86. ^ 『毎日新聞』1999年9月2日西部朝刊社会面「死刑囚の人身保護、福岡地裁に申し立て--廃止団体代表」(毎日新聞西部本社)
  87. ^ a b 『熊本日日新聞』1999年9月10日夕刊第3版社会面2頁「拘置所前で死刑に抗議 福岡市の市民団体」(熊本日日新聞社)
  88. ^ a b 『毎日新聞』1999年9月11日西部朝刊社会面「死刑執行に抗議--福岡の市民団体」(毎日新聞西部本社)
  89. ^ 『読売新聞』1999年9月10日西部夕刊第一社会面11頁「執行停止棄却の直後に3人死刑 弁護士が抗議コメント」(読売新聞西部本社
  90. ^ a b c 『熊本日日新聞』1999年9月10日夕刊第3版社会面3頁「甲佐・母娘殺人M死刑囚ら3人の死刑を執行 法務省発表 昨年から10カ月ぶり」(熊本日日新聞社)
  91. ^ 『読売新聞』1999年12月17日東京夕刊一面1頁「2人の死刑を執行 埼玉・長崎の強盗殺人 1人は再審請求中/法務省」(読売新聞東京本社)
  92. ^ 年報・死刑廃止 2001, p. 126.
  93. ^ 年報・死刑廃止 2001, p. 128.
  94. ^ 年報・死刑廃止 2001, pp. 128-129.
  95. ^ 『読売新聞』1999年9月10日西部夕刊第二社会面10頁「執行停止棄却の直後に3人死刑 弁護士が抗議コメント」(読売新聞西部本社)

参考文献編集

  • 最高裁判所第一小法廷判決 1992年(平成4年)9月24日 『最高裁判所裁判集刑事編』(集刑)第261号91頁、裁判所ウェブサイト掲載判例、昭和62年(あ)第879号、『住居侵入、強盗殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件』「死刑事件(前妻の親族2名強殺事件)」。
  • 年報・死刑廃止編集委員会『終身刑を考える 年報・死刑廃止2000-2001』(編集委員:阿部圭太・岩井信・江頭純二・菊池さよ子・菊田幸一・島谷直子・高田章子・対馬滋・永井迅・安田好弘・深田卓) / (協力:フォーラム90実行委員会)、インパクト出版会、2001年3月15日、第1刷発行、122-129頁。ISBN 978-4755401046
  • 浅宮拓「「無期懲役」で出所した男の憎悪の矛先-熊本「お礼参り」連続殺人事件」『殺人者はそこにいる 逃げ切れない狂気、非情の13事件』『新潮45』編集部、新潮社、2014年2月20日(原著2002年3月1日発行)、24刷、88-142頁。ISBN 978-4101239132
    • 浅宮が寄稿した本事件の記事「『無期懲役』で出所した男の憎悪の矛先」(『新潮45』2000年5月号に掲載)を再録している。

関連項目編集

過去に殺人事件を起こして無期懲役刑で服役後、仮釈放中に再び殺人事件を起こして死刑が確定した事例