メインメニューを開く

熊本県立第二高等学校(くまもとけんりつ だいにこうとうがっこう, Kumamoto Prefectural Daini High School)は、熊本県熊本市東区東町三丁目にある公立高等学校。略称は「第二」、「二高」、「熊本二高」。

熊本県立第二高等学校
Kumamoto Prefectural Daini High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 熊本県の旗熊本県
校訓 自主積極
廉恥自尊
礼節協調
設立年月日 1962年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
美術科
学期 3学期制
高校コード 43104E
所在地 862-0901
熊本県熊本市東区東町三丁目13番1号

北緯32度46分55.2秒 東経130度46分0.5秒 / 北緯32.782000度 東経130.766806度 / 32.782000; 130.766806座標: 北緯32度46分55.2秒 東経130度46分0.5秒 / 北緯32.782000度 東経130.766806度 / 32.782000; 130.766806
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
熊本県立第二高等学校の位置(熊本県内)
熊本県立第二高等学校

概要編集

歴史

1962年昭和37年)、熊本城二の丸に開校。2012年平成24年)に創立50周年を迎えた。

設置課程・学科

全日制課程 普通科(8クラス)・理数科(1クラス)・美術科(1クラス)

普通科クラスは1~8組、理数科のクラスはS[1]組、美術科のクラスはA[2]組と呼ばれている。
三綱領
  • 「自主積極」- 自主的かつ積極的に勉学に取り組み、努力と忍耐の中に己を高めよう
  • 「廉恥自尊」- 恥を知り誇り高い意識を持ち、心身共に清潔で品位を持とう
  • 「礼節協調」- お互いに礼を知り、争うこと無い学園を築こう
校章

校花でもある「竜胆」を意匠化した中央に「高」の文字(旧字体)を配する。

校歌

作詞は上田英夫、作曲は出田憲二による。3番まであり、各番とも「第二高校」で終わる。

制服
SSH指定校としての活動

2003年(平成15年)に文部科学省が推進するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の指定校となる。その際の支給金で理科活動を数多く行い、ノーベル化学賞受賞者の白川英樹や青色LED開発者の中村修二による講演会の主催、さらに関東での研修で茨城県つくば市にある諸研究機関の見学を行っている。

同窓会

「りんどう会」と称している。東京に支部を置いている。

姉妹校

 モンタナ州ビッグスカイ校

毎年前期と後期の中休みである「秋休み」に10日間ほどかけてビッグスカイ校への短期研修が行われる。各教科の学習状況や意欲などを計るため、日本語・英語による面接や作文などにより選抜された10名ほどの生徒に教師2名(団長、英語科教師)が引率する。

部活動・同好会
  • 野球部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • サッカー部
  • ラグビー部
  • フィールドホッケー部
  • ハンドボール部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 男子硬式テニス部
  • 女子硬式テニス部
  • 男子ソフトテニス部
  • 女子ソフトテニス部
  • 卓球部
  • 男子バドミントン部
  • 女子バドミントン部
  • アーチェリー部
  • 陸上部
  • 水泳・水球部
  • 空手道部
  • 弓道部
  • 剣道部
  • 柔道部
  • 体操部
  • 吹奏楽部
  • 箏楽部
  • 写真部
  • 放送部
  • 英語部
  • 茶道部
  • 化学部
  • 物理部
  • 生物部
  • 地学部
  • 普通科美術部
  • 美術科美術部
  • コンピュータ同好会
  • JRC同好会
  • 漫画研究同好会
  • 囲碁同好会

沿革編集

  • 1962年(昭和37年)
    • 3月 - 校章・制服を制定。
    • 4月1日 - 「熊本県立第二高等学校」が開校。校舎は熊本城内の熊本大学医学部薬理教室跡の校舎を使用。普通科7学級を設置。
    • 9月1日 - 校旗・校歌を制定。
    • 10月13日 - 開校式を挙行。
  • 1968年(昭和43年)7月 - 東町(現在地)に移転。
  • 1969年(昭和44年)4月 - 九州の高等学校では初めて理数科を設置[3]
  • 1970年(昭和45年)4月 - 熊本県で唯一の美術科を設置[3]
  • 1983年(昭和58年)3月31日 - アーチェリー場が完成。
  • 1989年(平成元年)
    • 6月30日 -  ビッグスカイ高校関係者が来校。
    • 7月6日 - ビッグスカイ高校との交流会を実施。
  • 1990年(平成2年)
    • 6月6日 - セミナーハウス(研修施設)「黎明館」が完成。
    • 10月 - ビッグスカイ高校との交流のため、3名(校長・教員・生徒)が渡米。
  • 1992年(平成4年)2月10日 - 住居表示が熊本市東町三丁目13番1号(現表記)に変更。
  • 1997年(平成9年)12月 - 新体育館が完成。

最寄駅・バス停編集

著名な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Scienceの頭文字。
  2. ^ Artの頭文字。
  3. ^ a b 校長室 - 熊本県立第二高等学校ウェブサイト

関連項目編集

外部リンク編集