メインメニューを開く

熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線

日本の熊本県と福岡県の道路

熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線(くまもとけんどう・ふくおかけんどう10ごう なんかんおおむたきたせん)は、熊本県玉名郡南関町から福岡県大牟田市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
熊本県道10号標識
福岡県道10号標識
熊本県道10号 南関大牟田北線
福岡県道10号 南関大牟田北線
主要地方道 南関大牟田北線
起点 熊本県玉名郡南関町大字関下【地図
終点 福岡県大牟田市昭和開【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0443.svg 国道443号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道29号標識
熊本県道29号荒尾南関線
九州自動車道
Japanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道5号標識
熊本県道5号大牟田南関線
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道93号標識
福岡県道93号大牟田高田線
Japanese National Route Sign 0208.svg 国道208号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道18号標識
福岡県道18号大牟田川副線
有明海沿岸道路
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

九州自動車道南関ICと大牟田市街地とを結ぶメインルートであると同時に、九州道と国道208号有明海沿岸道路地域高規格道路)とを結ぶ連絡道路の役割も果たしている。また、2011年平成23年)春に当県道に接する形で九州新幹線新大牟田駅が開業した。

起点から片側1車線、岩本交差点付近から唐船西交差点までは片側2車線となっていて、一部を除き歩道も整備されている。

路線データ編集

歴史編集

  • 1959年 福岡県告示により、福岡県道南関田隈線が路線認定される(当時の整理番号は87)。
  • 1960年 熊本県告示により、熊本県道南関田隈線が路線認定される(当時の整理番号は93)。
  • 1970年 - 1972年頃 熊本県道南関田隈線の整理番号が123に変更される。
  • 1973年 福岡県告示により、福岡県道南関田隈線の整理番号が123に変更され、熊本県道・福岡県道南関田隈線として統一される。
  • 1982年 建設省告示により、主要地方道南関田隈線として指定される。
    • 同年、熊本県・福岡県それぞれの告示により、県道南関田隈線の整理番号が10に変更される。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道南関田隈線・県道手鎌田隈線が南関手鎌線として主要地方道に再指定される[1]
  • 1994年 前年の主要地方道指定に伴い、熊本県・福岡県それぞれの告示により、熊本県道・福岡県道10号南関手鎌線が路線認定される[2]
  • 2001年 路線延長のため、従来の南関手鎌線は廃止され、熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線として新たに路線認定される。
  • 2011年 国道443号の路線変更に伴い、国道443号の一部区間(南関町大字関町 - 大字関下)が当県道に編入される。

路線状況編集

通過する自治体編集

接続する主な道路編集

熊本県
福岡県

重複区間編集

道の駅編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 熊本県道・福岡県道南関田隈線の区間に福岡県道781号手鎌田隈線の全線を統合(県道781号は路線廃止)。

関連項目編集

外部リンク編集