メインメニューを開く

熊谷さくら運動公園(くまがやさくらうんどうこうえん)は、埼玉県熊谷市小島に位置する熊谷市営の都市公園運動公園)である[1]。この公園名は公式愛称であり、正式名称は熊谷運動公園

熊谷さくら運動公園
熊谷運動公園の位置(埼玉県内)
熊谷運動公園
分類 都市公園(運動公園)
所在地
座標 北緯36度9分20.7秒 東経139度20分42.4秒 / 北緯36.155750度 東経139.345111度 / 36.155750; 139.345111座標: 北緯36度9分20.7秒 東経139度20分42.4秒 / 北緯36.155750度 東経139.345111度 / 36.155750; 139.345111
面積 30.6 ha
運営者 熊谷市(指定管理者:シンコースポーツ・熊谷ハートフルグループ・ジョンソンコントロールズ共同事業体)
事務所 熊谷さくら運動公園管理事務所
事務所所在地 埼玉県熊谷市小島157-1
公式サイト 熊谷さくら運動公園

熊谷市が直接管理を行っていたが、2009年4月1日から指定管理者制度へ移行し、「シンコースポーツ・熊谷ハートフルグループ・ジョンソンコントロールズ共同事業体」が指定管理者となっている[2]。それと同時に現在の愛称が制定された。

陸上競技場・野球場・市営プールなどがある。

目次

交通編集

施設など編集

  • 陸上競技場(サッカー場兼用)
    日本陸連第三種公認競技場
    毎年、熊谷さくらマラソン大会のメイン会場として使われる。
    かつてはサッカーJサテライトリーグの試合(浦和レッドダイヤモンズ戦)が行われていた。
    ピッチ:天然芝
    トラック:クレー
    収容人数:800人
    スタンドはホームストレート側に僅かにある程度。全席ベンチシート。
  • 野球場
    プロ野球イースタン・リーグ埼玉西武ライオンズ主催、読売ジャイアンツ主催)・全国高等学校野球選手権埼玉大会等の試合会場の一つとして使われている。また、プロ野球ベースボール・チャレンジ・リーグ2015年シーズンから加盟した埼玉武蔵ヒートベアーズ(2018年9月までは武蔵ヒートベアーズ)が本拠地として使用している。
    埼玉県高等学校野球連盟では、「熊谷公園球場」と称している。
    グラウンドは両翼90m・中堅120m 照明は6基。
    内野:クレー、外野:天然芝 
    スコアボードはLED式(2013年までは選手名のみ手動式)。
    収容人数:24,500人
    観客席は1・3塁両ベンチ裏とバックネット裏に全席ベンチシートのスタンド、残りは芝生席で内野席と外野席は通り抜けができる構造になっている。
    ファールグラウンド、観客席共に非常に狭く、球場外周に防球ネットがないため、ファールボールの半数以上が場外へ出てしまう。
  • 第二野球場
  • 第三野球場
  • テニスコート
  • 弓道場
  • 相撲場
  • 野外プール
  • 屋内プール「アクアピア」

など

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集