熊谷スポーツ文化公園

日本の都市公園

熊谷スポーツ文化公園(くまがやスポーツぶんかこうえん)は埼玉県熊谷市内にある埼玉県営の都市公園(広域公園)[2]

熊谷スポーツ文化公園
Kumagaya Sports & Culture Park
ピクニック広場の桜
熊谷スポーツ文化公園の位置(埼玉県内)
熊谷スポーツ文化公園
分類 都市公園(広域公園)
所在地
埼玉県熊谷市上川上300
座標 北緯36度10分0.81秒 東経139度24分20.09秒 / 北緯36.1668917度 東経139.4055806度 / 36.1668917; 139.4055806座標: 北緯36度10分0.81秒 東経139度24分20.09秒 / 北緯36.1668917度 東経139.4055806度 / 36.1668917; 139.4055806
面積 88.3ha(計画99.7ha)
開園 1991年(平成3年)4月1日
運営者 埼玉県(指定管理者:公益財団法人埼玉県公園緑地協会[1]
設備・遊具 ドーム型屋内運動施設
陸上競技場
グラウンド・ゴルフ場
ラグビー場
ソフトボール場
トレーニングルーム
ジョギングコース
駐車場 約2,800台(常設駐車場約1,400台、臨時駐車場約1,400台)
事務所 熊谷スポーツ文化公園管理事務所
事務所所在地 埼玉県熊谷市上川上300
彩の国くまがやドーム内
公式サイト 熊谷スポーツ文化公園 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

1988年(昭和63年)に開催されたさいたま博覧会(さいたま博)の会場を、閉会後に公園として整備された埼玉県営公園である。

地元住民は、「文化公園」などと略していることが多い。また、以前は、ラグビー場がメインといえる施設だったために「ラグビー場」で通じることもあるが、くまがやドーム・陸上競技場ができたことで、公園全体を指す言葉としては、あまり使わなくなった。

2004年平成16年)10月には「彩の国まごころ国体」、同年11月には「彩の国まごころ大会」のメイン会場として使われた。また、2008年8月に「彩夏到来08埼玉総体」の陸上競技及び体操競技の会場となった。更に2008年(平成20年)から、彩の国実業団駅伝大会東日本実業団対抗駅伝競走大会(男子)・東日本実業団対抗女子駅伝)の新たなゴール地点となった。

開園当初は「さいたま博通り」(埼玉県道83号熊谷館林線)のメインゲートから、後の「スポーツ公園通り」となる市道までの間が公園として整備され、スポーツ公園通りの東側は臨時駐車場(熊谷臨時ヘリポート)のみが設置されていた。またスポーツ公園通りの東側には、遊園地を作る構想もあったが、実現の目途は一切立たなかった。

その後、2004年(平成16年)の国民体育大会(彩の国まごころ国体)や全国障害者スポーツ大会(彩の国まごころ大会)のメイン会場として整備することになり、スポーツ公園通りの東側の整備が実施された。当初駐車場であった土地のみならず、更にその東側の埼玉県道弥藤吾行田線までの土地(田んぼ牧場)を買収し、彩の国くまがやドームや陸上競技場始めとする、施設整備及び周辺道路整備が行われた。また、スポーツ公園通りを越えて、東西へ行き来できる陸橋も整備された。

日本国政府ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点に指定されている。

2020年東京オリンピックの聖火リレーでセレブレーション会場となり、さまざまなイベントが行われる、埼玉県の聖火ランナーは65人の公募に対し、1万4113人の応募があり、倍率は217倍であった[3]

施設編集

熊谷ラグビー場編集

 
メインスタジアム(Aグラウンド)

メインスタジアムとなるAグラウンドと隣接してB,Cグラウンドがある。主として全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会の埼玉県大会の会場として3グラウンドすべて使用される。2004年に開催された彩の国まごころ国体ラグビーフットボール競技ではこれら3グラウンドに同じ市内の荒川緑地ラグビー場を加えて開催した。このラグビー場により、熊谷市は「ラグビータウン熊谷」を名乗り、普及に力を入れている。2019年にはラグビーワールドカップ2019日本大会が開催された。

彩の国くまがやドーム編集

 
彩の国くまがやドーム

この名称は公募によって決定されたものである。一般的には「くまがやドーム」と略されて呼ばれることが多い。大きく体育館(メインアリーナ)、練習場(サブアリーナ)、並びに人工芝多目的グラウンドの3つからなる。

体育館は76m×43mで、各種屋内競技やコンサートに使用可能。人工芝グラウンドは80m×138mで、フットサルやテニスをメインとして使用する。

その他映画などの撮影などにも使われている。映画『20世紀少年』の撮影にも撮影された。

2014年2月15日、前日からの記録的な大雪(平成26年豪雪)の影響により、天井部分を覆うガラス繊維製の膜が100メートルにわたって複数箇所で壊れているのが見つかった[4][5]。設計の際には1平方メートルあたり積雪1センチ、重量2キロを想定していたが雪質に加え降雨により想定を上回る重量がかかったものと見られている[5]。くまがやドームはしばらくの間、使用を停止され[6]、同年11月17日より復旧工事を開始[7]、ドーム内の体育館が2015年4月に、多目的グラウンドは2016年4月にそれぞれ使用を再開した[7]

ソフトボール場フィールド編集

両翼は70mで延床面積は約2500m2。外野は天然芝。

陸上競技場編集

さくらオーバルフォート編集

2021年8月30日より、ラグビートップリーグチーム『埼玉パナソニックワイルドナイツ』が、本拠地を群馬県太田市から当地に移転。それを受け入れる為、埼玉県ラグビーフットボール協会によって、芝生広場(西)・旧公園管理棟の敷地を転用し、関連施設を設置した。
建設は、ワイルドナイツ運営母体であるパナソニック社のグループ企業であるパナソニック ホームズが担い[8]、費用は35億円。宿泊棟等は一般にも解放される(2021年9月11日開業)[9]
また、施設はパナソニック社企業スポーツセンターとパナソニック ホームズ不動産が、県・県ラグビー協会より、35年契約で賃貸する[10]
このエリア名は、公募して決定したもので、「さくら」は熊谷市の木である桜に重ねていたまけん・まがやし・グビーを掛け合わせ、「オーバル」は楕円でラグビーボールを表現しており、「フォート」は(野武士の)で本拠地を意味している[11]
  • さくらオーバルフォート管理棟
    • 埼玉パナソニックワイルドナイツ クラブハウス
    • カフェ トラットリア フォルテブル(1階)
      埼玉ワイルドナイツの練習風景を間近で見れることを売りにしている。
    • 一般社団法人 埼玉県ラグビーフットボール協会 事務局(2階)[12]
  • ラグビーグラウンド(ワイルドナイツ練習場)
    • ここのみ埼玉県管理で、ワイルドナイツのほか、女子7人制ラグビーチーム『アルカス熊谷』も練習場所として使用する計画[13]
  • 屋内運動場
  • 宿泊棟
    • KUMAGAYA SPORTS HOTEL PARK WING
      シングル9室、ツイン55室、スイート3室、ボックスベッドゾーン2室137台
      • ダイニング
      • スパ(日帰り利用可)
      • 多目的ホール2室
    • WILD KNIGHTS TEAM STORE SAKURA OVAL FORT by FOOTBALLMARK[14]
      埼玉ワイルドナイツ オフィシャルグッズを販売
    • アルカス熊谷 事務所[15]

そのほかの施設編集

 
「四季の丘」に咲くクマガイケンロクエンクマガイ(中央奥)
  • 補助陸上競技場
  • 投てき練習場
  • 多目的運動広場
  • インラインスケートリンク
    • 多目的広場のうち一つを改修し、2008年2月より稼動開始
  • 四季の丘
  • ピクニック広場
  • ジョギングコース 
  • 駐車場(第5駐車場は、熊谷臨時ヘリポートとしても運用)
  • 障害者用トイレ
  • セラピーガーデン

歴史編集

交通編集

  • 電車:東日本旅客鉄道秩父鉄道秩父本線熊谷駅から3km。
  • バス:園内に熊谷スポーツ文化公園(ラグビー場)停留所(第1・第2駐車場のロータリー内、さくらオーバルフォートの南側)・くまがやドーム停留所(ドーム前ロータリー内)が、公園に隣接してラグビー場入口停留所(西第1多目的広場・さくらオーバルフォートの北側)・スポーツ文化公園停留所(スポーツ公園通り、第5駐車場とソフトボール場の間)・彩華園停留所(東第1多目的広場南)、近隣に陸上競技場入口停留所(国際十王交通とゆうゆうバスで別の場所、陸上競技場南方)・赤城神社停留所(西第1多目的広場西方)が所在する。
    なお、彩の国まごころ国体・ラグビーワールドカップ2019開催時は開催規模が大きすぎて以下の手段では輸送困難な為、別途輸送計画が立てられた(参考:熊谷ラグビー場#ラグビーワールドカップ時のアクセス)。
    • (ラグビー場・さくらオーバルフォート方面)
      • 熊谷駅北口3番のりばより、国際十王バス「熊谷スポーツ文化公園(ラグビー場)」行き約10 - 15分・終点下車、徒歩2 - 3分(※定期ダイヤでは平日朝夕のみ運転。ラグビー試合開催時などに増発される)
      • 熊谷駅北口3番のりばより、国際十王バス「くまがやドーム」行き約10 - 15分「ラグビー場入口」停留所下車、徒歩約2 - 3分(※イベント開催時などに増発される)
      • 熊谷駅北口3番のりばより、国際十王バス「葛和田」「上中条」行き約10 - 15分「赤城神社」停留所下車、徒歩約10分
      • 熊谷市内循環 ゆうゆうバス・グライダー号「スポーツ文化公園」停留所下車、徒歩約3分
    • (くまがやドーム方面)
      • 熊谷駅北口3番のりばより、国際十王バス「くまがやドーム」行き約10 - 15分終点下車、すぐ(ドーム前まで乗り入れ。※イベント開催時・陸上競技場での大規模大会開催時などに増発される。陸上競技場での大会規模によっては直行便として運行)
      • 熊谷駅北口2番のりばより、国際十王バス「犬塚」行き約10 - 15分「彩華園」停留所下車、徒歩約3分
      • 熊谷市内循環 ゆうゆうバス・グライダー号「スポーツ文化公園」停留所、徒歩約3分
    • (陸上競技場方面)
      • 熊谷駅北口2番のりばより、国際十王バス「犬塚」行き約10 - 15分「陸上競技場入口」停留所下車、徒歩約3分
      • 熊谷駅北口3番のりばより、国際十王バス「くまがやドーム」行き約10 - 15分終点下車、徒歩約3分(※イベント・陸上競技開催時などに増発される。大会規模によっては直行便として運行)
      • 熊谷市内循環 ゆうゆうバス・グライダー号「陸上競技場入口」停留所下車、徒歩約5分
      • 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・ジャパンラグビートップリーグの試合開催時は、敷地内に乗り入れる臨時シャトルバス運行。
  • 自動車:東京都区部方面から:国道17号熊谷バイパス 肥塚交差点または熊谷スポーツ文化公園入口交差点(旧 上之(北)[16])から0.8km(公園中央を縦断する「スポーツ公園通り」)
    なお、ラグビーワールドカップ2019開催時は、自動車での来場は不可(混雑回避を優先に、アクセスを各地からのシャトルバスに限定し、駐車場閉鎖及び周辺道路を車両通行止めにした)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 指定管理者一覧
  2. ^ 埼玉県公園整備に関するデータ
  3. ^ “聖火リレー、公募に延べ53万件応募”. 日本経済新聞. (2019年9月27日). オリジナルの2019年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190927125733/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50278340X20C19A9CR0000/ 2021年6月19日閲覧。 
  4. ^ “体育施設屋根破れる 雪原因か 埼玉・熊谷”. NHKニュース. オリジナルの2014年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140215113021/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140215/k10015270351000.html 2014年2月15日閲覧。 
  5. ^ a b 「耐雪、崩れた想定 膜構造屋根崩壊くまがやドーム 融雪機能なく」 『朝日新聞』 2014年2月20日 埼玉13版 29面。 
  6. ^ 熊谷スポーツ文化公園 - トピックス - 2014.02.15 雪害のためご利用いただけません。”. 熊谷スポーツ文化公園管理事務所 (2014年2月15日). 2014年2月15日閲覧。
  7. ^ a b 熊谷スポーツ文化公園 - トピックス - 2014.11.15 【お知らせ】くまがやドーム復旧工事について”. 熊谷スポーツ文化公園管理事務所 (2014年11月15日). 2015年2月5日閲覧。
  8. ^ 埼玉県が管理する都市公園における民間施設整備「パナソニック ワイルドナイツ」の新本拠地施設を建設請負 - プレスリリース - パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 - Panasonic
  9. ^ 埼玉パナソニックワイルドナイツの本拠地移転について - 埼玉県
  10. ^ 総工費35億円の複合施設 パナソニックの熊谷移転が示す新たなチームの"在り方" | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト
  11. ^ 新・運動施設エリアの愛称が決まりました! - 埼玉県ラグビーフットボール協会
  12. ^ 事務局移転のお知らせ - 埼玉県ラグビーフットボール協会
  13. ^ 総工費35億円の複合施設 パナソニックの熊谷移転が示す新たなチームの"在り方" | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト - (2)
  14. ^ FOOTBALL MARK » ショップ移転のお知らせ
  15. ^ 埼玉パナソニック ワイルドナイツ、熊谷の新拠点「さくらオーバルフォート」を公開(J SPORTS) - Yahoo!ニュース
  16. ^ 国道17号熊谷バイパス 交差点名標識を『熊谷スポーツ文化公園入口』に変更します。  - ラグビーワールドカップの開催に向けて - | 記者発表 | 国土交通省 関東地方整備局

関連項目編集

外部リンク編集