メインメニューを開く

熊谷レッドソックス(くまがいレッドソックス)、宇高レッドソックス(うたかレッドソックス)は、1947年から国民野球連盟に参入した日本プロ野球球団。

熊谷レッドソックス(旧:宇高レッドソックス)
創設 1947年
所属リーグ

国民野球連盟

歴代チーム名

宇高レッドソックス(1947年夏季)
→熊谷レッドソックス(1947年秋季)

本拠地
兵庫県尼崎市
永久欠番
獲得タイトル
タイトル

リーグ戦:0回

成績(タイトル以外)
球団組織
オーナー 宇高勲(宇高)→ 熊谷三太郎(熊谷)
運営母体 宇高産業熊谷組
監督 渡辺大陸水谷則一(1947夏季)

目次

球団の歴史編集

1947年、国民野球連盟の発足に伴ってグリーンバーグともに夏季リーグ開始前に全国で興行試合を開始した。同年夏季リーグ終了後、スポンサーであった宇高産業が追徴課税による経営難のためチームを過去に加盟申請して断られた熊谷組にチームを売却した。この際に熊谷組が設立準備をしていた熊谷ゴールデン・カイツから3人の選手を入団させている。同年、リーグ解散とともに職業野球からは撤退した。

一部の選手は大塚アスレチックス千葉ロッテマリーンズの前身のひとつ)に合流した。大塚アスレチックスは翌1948年1月、未加盟プロ球団の大映野球(千葉ロッテマリーンズの前身のひとつ)と共に九州巡業を行い、大映野球の他、ノンプロの星野組等と試合を行ったが、同年金星スターズと合併、金星に合流した選手にレッドソックス出身の選手はいなかった。

元オーナーの宇高勲は、就職口のなかった何人かの選手に宇高産業に就職させたが、野口渉を就職させたことが一つのきっかけとして、スカウトに転職[1]、国民リーグ解散後、1950年に発足した西日本パイレーツ(現・埼玉西武ライオンズの前身の一つ)のフロントに入り、鈴木忠捕手大塚)、田部輝男外野手結城)の2名の国民リーガーをパイレーツ入りさせた。

チーム成績・記録編集

  • 1947年夏季リーグ 16勝14敗 勝率.533 3位/4チーム
  • 1947年秋季リーグ 9勝10敗2分 勝率.474 3位/4チーム

スポンサー編集

所属選手・監督編集

脚注編集

  1. ^ 『別冊一億人の昭和史 日本プロ野球史』 毎日新聞社、1980年、p136

関連項目編集

外部リンク編集