メインメニューを開く

熊谷 在直(くまがい ありなお、応安3年(1370年) - 永享2年(1430年))は室町時代安芸武田氏の家臣。父は熊谷直明[1]。子に熊谷信直[1]。妻は厳島親詮の娘。官途は尾張守。通称は四郎次郎左衛門、尾張四郎[1]、二郎左衛門[1]、法号は古田(伝)一心[1]

1403年2月、在直は家督を相続。1407年には守護の安芸武田氏から安芸国矢賀村を預けられた。また山名時久より書状を頂くなどの活動が熊谷家文書に見える。

1430年に病死。跡を息子の熊谷信直が継いだ。

脚注編集

参考文献編集

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ

関連項目編集