メインメニューを開く

熊谷 彩春(くまがい いろは、2000年4月2日[1] - )は、日本女優

くまがい いろは
熊谷 彩春
本名 熊谷 彩春
生年月日 (2000-04-02) 2000年4月2日(19歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県佐倉市
身長 160cm
職業 女優
活動期間 2011年 -
事務所 東宝芸能
公式サイト プロフィール

千葉県佐倉市出身[2]東宝芸能所属。

目次

略歴編集

2歳から4歳まで父の転勤により過ごしたロンドンで、ミュージカルを観劇し、その魅力にとりつかれ、自宅のソファを舞台に歌って踊っていた。帰国後、バレエとピアノを習い始め、小学4年生からはミュージカルスクールに通い、将来はミュージカル俳優になりたいという夢をもつ[2][3]。小学5年生から子役として、2011年にジョイキッズ・ミュージカルの「冒険者たち〜この海の彼方へ」、2012年に劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」、2013年に「冒険者たち〜この海の彼方へ」再演(主演)に出演する[4]

中学に入学すると同時に、父の転勤によりマレーシアで2年間を過ごす。現地で歌唱を習った先生から「ミュージカル俳優になりたいなら、基礎となるクラシックを学びなさい」と助言され、帰国後に本格的に声楽を学ぶ[2]。2015年、第7回東京国際声楽コンクールのミュージカル・オペレッタ部門で、史上最年少の中学3年生で第1位となる[5]。2017年、高校1年生でEnglish Vocal ElectionのAdvanced部門(16〜22歳)最優秀賞を受賞する[6]

高校2年生(2017年)の夏に渡米し、バークリー音楽大学の夏期講習を受講する。そこで、クリスティ・アルトメア英語版が指導するワークショップに参加する機会を得て、俳優をやりたいという気持ちが高まる。帰国後、東宝芸能に所属するとともに、「レ・ミゼラブル」オーディションを受け、史上最年少でコゼット役に抜擢される[2][3][7]

出演編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ 公式サイト
  2. ^ a b c d ミュージカル『レ・ミゼラブル』のコゼット役で鮮烈なデビューを飾る!熊谷彩春さんインタビュー”. Sakulike. 佐倉市 (2018年9月19日). 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ a b “高校3年生の熊谷彩春さん(18) 帝劇の舞台「レ・ミゼラブル」コゼット役でデビュー”. 産経新聞 (東京: 産業経済新聞社). (2018年7月29日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180729/ent1807290004-n1.html 2018年12月16日閲覧。 
  4. ^ ヨコウチ会長 (2018年8月19日). “いざ、8度目の航海へ! JOYKIDS MUSICAL『冒険者たち~この海の彼方へ~』”. SPICE. イープラス. 2018年12月16日閲覧。
  5. ^ 第7回 東京国際声楽コンクール 審査結果”. 東京国際芸術協会. 東京国際芸術協会 (2015年10月16日). 2018年12月16日閲覧。
  6. ^ ユースシアタージャパン (2017年1月18日). “(PR)子どもの自信も育つ! ”英語ソング“を楽しむコンクールが初開催!”. ウーマンエキサイト. エキサイト. 2018年12月16日閲覧。
  7. ^ 「レ・ミゼラブル」2019年公演に佐藤隆紀、伊礼彼方、屋比久知奈、三浦宏規ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年4月17日). 2018年12月16日閲覧。
  8. ^ 音楽劇「君よ 生きて」出演キャスト・ミュージシャン発表!!”. 龍平カンパニー OFFICIAL BLOG. Amebaブログ (2016年12月9日). 2018年12月16日閲覧。
  9. ^ 「天保十二年のシェイクスピア」に唯月ふうか、辻萬長、樹里咲穂、土井ケイトら”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年5月24日). 2019年5月29日閲覧。


外部リンク編集