メインメニューを開く

熊谷 徹(くまがい とおる、1959年-)は、日本のジャーナリスト

東京生まれ。1982年早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務中に、ベルリンの壁崩壊、米ソ首脳会談などを取材。1990年からはフリージャーナリストとしてドイツミュンヘン市に在住。過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。2007年『ドイツは過去とどう向き合ってきたか』で年度平和・協同ジャーナリズム奨励賞受賞[1]

著書編集

  • 『ドイツの憂鬱』丸善ライブラリー 1992
  • 『新生ドイツの挑戦』丸善ライブラリー 1993
  • 『住まなきゃわからないドイツ』絵と文 新潮社 1997、新潮文庫 2001
  • 『寄り道しなきゃわからないヨーロッパ』新潮社 2003
  • 『びっくり先進国ドイツ』絵と文 新潮社 2004、新潮文庫 2007
  • 『ドイツの教訓 変わりゆく自由化市場と原子力政策』日本電気協会新聞部「電気新聞ブックス 電力自由化シリーズ」 2005
  • 『ドイツ病に学べ』新潮選書 2006年
  • 『顔のない男 東ドイツ最強スパイの栄光と挫折』新潮社 2007
  • 『ドイツは過去とどう向き合ってきたか』高文研 2007
  • 『観光コースでないベルリン ヨーロッパ現代史の十字路』高文研 2009
  • 『あっぱれ技術大国ドイツ』新潮文庫 2011
  • 『脱原発を決めたドイツの挑戦 再生可能エネルギー大国への道』角川SSC新書 2012
  • 『なぜメルケルは「転向」したのか ドイツ原子力四〇年戦争の真実』日経BP社 2012
  • 『ドイツ中興の祖 ゲアハルト・シュレーダー』日経BP社 2014
  • 『ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか』青春出版社・青春新書 2015
  • 『日本とドイツ ふたつの「戦後」』集英社新書 2015
  • 『ドイツ人が見たフクシマ 脱原発を決めたドイツと原発を捨てられなかった日本』保険毎日新聞社 2016
  • 『偽りの帝国 緊急報告・フォルクスワーゲン排ガス不正の闇』文藝春秋 2016

脚注編集

外部リンク編集