メインメニューを開く

熊谷 直貞(くまがい なおさだ)は、安土桃山時代武士毛利氏の家臣。

 
熊谷直貞
時代 安土桃山時代
生誕 天正4年(1576年
死没 慶長元年5月2日1596年5月28日
別名 通称:小才次
主君 毛利輝元
氏族 桓武平氏国香流熊谷氏
父母 父:熊谷元直、母:佐波隆秀
兄弟 直貞、次郎兵衛、猪ノ助
穂井田元清
元貞
テンプレートを表示

生涯編集

天正4年(1576年)、安芸国国人熊谷氏の当主である熊谷元直の嫡男として誕生。

慶長元年(1596年5月2日、家督を継がないまま、父に先立ち病没。享年21。活動歴が短く、その詳細な活動は不明。

直貞の死後の慶長10年(1605年)、父・元直は萩城築城の遅れを名目に毛利輝元によって誅殺され、直貞の弟である次郎兵衛や猪ノ助らも処刑された。また、この事件に連座して、天野元明に嫁いだ叔母も処刑された。直貞の嫡男・元貞は母方の叔父にあたる毛利秀元の下に逃れ、後に赦免され熊谷氏を再興した。

系譜編集

参考文献編集