メインメニューを開く

熱田町(あつたちょう)は、かつて愛知県愛知郡にあった。現在の名古屋市熱田区の一部に該当する。東海道宮宿(熱田宿)の宿場町、及び熱田神宮門前町として栄えた町である。また、名古屋市はこの熱田町の編入により、を得ることになった。

あつたちょう
熱田町
宮宿(歌川広重作『東海道五十三次(狂歌入東海道)宮』
廃止日 1907年6月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
愛知郡
総人口 26,034
(1903年)
熱田町役場
所在地 愛知県愛知郡熱田町
熱田町の位置(愛知県内)
熱田町
熱田町
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 江戸時代初期、宮宿などは尾張藩領、熱田村は熱田神宮領であった。
  • 1876年(明治9年) - 古渡村が東古渡村と西古渡村[注釈 1]に分立する。
  • 1878年(明治11年) -
    • 熱田村が東熱田村と西熱田村に分立する。
    • 西熱田村と熱田仁右衛門新田が合併し、西熱田村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 -
    • 熱田木ノ免町、熱田内田町、熱田須賀町、熱田市場町、熱田中瀬町、熱田新宮坂町、熱田富江町、熱田伝馬町、熱田神戸町、熱田大瀬子町、熱田白鳥町、熱田田中町、熱田旗屋町、熱田新尾頭町、熱田尾頭町、熱田羽城町、西熱田村が合併し、熱田町となる。
    • 東熱田村と東古渡村が合併し、古沢村となる。
  • 1898年(明治31年)8月22日 - 古沢村が分割され、旧・東熱田村は熱田町に、旧・東古渡村は名古屋市に編入される。
  • 1907年(明治40年)6月1日 - 名古屋市に編入される。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 名古屋市が区制実施。旧・熱田町は名古屋市南区の一部となる[注釈 2]
  • 1937年(昭和12年) - 南区から分離して熱田区の一部となる。

交通機関編集

1907年当時の鉄道は以下のとおりである[注釈 3]

神社・仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1889年に合併で八幡村
  2. ^ 名前は南区であるが、現在の南区域は含まれない。
  3. ^ 名古屋電気鉄道熱田線(後の名古屋市電熱田線)の開業は1908年、愛知電気鉄道神宮前駅開業は1913年である。

出典編集

参考文献編集

関連項目編集