熱的低気圧(ねってきていきあつ、英語:thermal low、heat low)とは、主に域と地の温度差によって主に陸地に発生する低気圧

成因編集

地の表面が面よりも暖まりやすく冷めやすい、つまり陸のほうが比熱容量が小さいという物理的性質により、間は陸で上昇気流が発生して気流は上空に押し上げられ、地上付近は気圧が低下して低圧部となる。この低圧部に向かって海から風が吹き込んで、海陸風の原動力となる。夕方から勢力は弱まり始め、夜になると消滅する。このような低気圧は夏季の本州中央部などでよく発生するが、小規模なため天気図に表れることは滅多にない。

一方、大陸規模においては、熱的低気圧が長期間持続する。夏季にアラビア海チベット高原に発生する熱的低気圧は、勢力が非常に強く安定していて、ジェット気流暖湿流の流路をコントロールすることでモンスーンの発生に強く関連している。

地形性低気圧の一種とすることもある。

関連項目編集